新海誠監督最新作!
7月19日公開
映画『天気の子』

■イントロダクション
全世界待望 ― 新海誠監督 最新作
今や、世界的に注目されるアニメーション監督・新海誠。

叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出す“新海ワールド”は、国内外問わず多くの人々に支持され、生み出された作品は高く評価されてきた。
そして、前作『君の名は。』から3年 ― 待望の最新作が、ついに始動する。
これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。

東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。

声の出演として、主人公・帆高に醍醐虎汰朗、ヒロイン・陽菜に森七菜が決定。2000人を超えるオーディションの中から選ばれた2人の声に注目が集まる。

そして、「愛にできることはまだあるかい」ほか複数の主題歌を含む全ての音楽を担当するのはRADWIMPS。
その“詩(うた)”は、登場する人々の心に寄り添いながらも、時に観る者との架け橋となり、大きな感動をもたらす。
2019年夏、世界はアニメーション映画の新たな境地を目撃する。

■ストーリー
「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。
それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

■予告動画

■声の出演
醍醐虎汰朗
森七菜
本田翼
吉柳咲良
平泉成
梶裕貴
倍賞千恵子
小栗旬

■スタッフ
原作・脚本・監督:新海誠
音楽:RADWIMPS
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村篤
美術監督:滝口比呂志

■公開情報
2019年7月19日(金)全国東宝系にてロードショー

■公式サイト
https://www.tenkinoko.com/

■コピーライト
(C)2019「天気の子」製作委員会




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 4.4点(7月23日更新)
・ヒーローとヒロインが接近しつつ、すれ違いを繰り返すことで、どきどき感を出していた『君の名は。』。ヒーローがヒロインを救い、彼女と再会するため突っ走ることで、はらはら感を出していた本作『天気の子』。キャッチーなボーカル入りの劇伴を上手に使って話を端折り、クライマックスでは逆に、ボーカル入りの劇伴で、場面の盛り上げを図る。そうしたあたり、共通していた気がします。
・ネガティブな意見が多い前評判はさておき、ファンタジーだと割り切って見るならそれほどひどいものではない。むしろ過度な冒険はせず、無難にまとめた印象。前作の登場人物も所々出て来ているので、それを探すのもいいかも。
・ファンタジックなオープニングから一転して細かく描写される雑然とした東京の風景はサイバーパンク作品のような錯覚すら受ける。
・陽菜が晴れを呼んだ花火大会のシーンで感じたちょっとした切なさが、後半の大きな感動に繋がっているような気がした。
・雨と音楽の使い方は、新海監督ホントに神です!鳥肌もんです。話自体は完全にファンタジーなので、完全にハッピーエンドにしても良かったのかも。大勢の幸せの為には多少の犠牲は仕方ないのか、という答えの出ない問いを突きつけられた気がする。須賀さんがものすごくかっこいい。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  2. 8月16日公開 映画『命みじかし、恋せよ乙女』 ■イントロダクション ドイツ人監督ドーリス・デリ…
  3. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  4. 二ノ国
    8月23日公開 映画『二ノ国』 ■作品紹介 現実と隣り合わせなのに全く違う“もう1つの世界”…
  5. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  6. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る