7月5日公開 映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』

■作品紹介
前作『悲しみの忘れ方』から4年、乃木坂46 待望のドキュメンタリー第2弾。

エースの卒業をきっかけに少女たちは、自分探しの旅に出る――。

結成から7年目を迎えた2018年9月。
22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野七瀬の口から自身の卒業が明かされた。

いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、戸惑うメンバーたち。

今や自らの予想をはるかに超える人気を獲得し巨大化したアイドルグループ、乃木坂46。その“うねり”の中にいる自分は、はたして何者なのだろうか?

グループの活動と個人の活動との両立に満身創痍になりながらも、卒業の二文字を決して口に出そうとしない者。メンバーと過ごす居心地の良さだけが、卒業しない理由だと語る者。

過去から逃げるようにグループへ入り、そして今、再び過去の自分と向き合うことを決心する者……。
エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長をこれまでにない親密な距離感で、物語はつむがれていく。

口にするのは”本当の言葉、こぼれてしまった感情”
監督は、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手掛ける、いま注目を集めるクリエーター、岩下力。乃木坂46関連ではこれまで、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物。

だからこそ、先入観や遠慮や忖度などは一切なく、興味の赴くまま、停止線の向こう側へも立ち入り、知りたい質問をメンバーに投げかけ、監督の気がすむまで彼女たちの傍らに寄り添った。

そうして彼女たちの本音はもちろん、表情や息づかいの変化にいたるまで、余すことなくカメラに収めることに成功した。
これは、あなたがまだ知らない、大切な人が変わり行く物語。

■予告編

■キャスト
秋元真夏
生田絵梨花
伊藤かりん
伊藤純奈
伊藤理々杏

■スタッフ
監督:岩下力
企画:秋元康
配給:東宝映像事業部

■公開情報
2019年7月5日(金)ロードショー

■公式サイト
https://www.2019-nogizaka46.jp/

■コピーライト
©2019「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  2. 画像,グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    ■イントロダクション 原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッ…
  3. 画像,ひとくず
    ■イントロダクション 映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげてい…
  4. 画像,アリ・アスター,ミッドサマー,フローレンス・ピュー,ジャック・レイナー,ウィル・ポールター,ウィリアム・ジャクソン・ハーパー,ヴィルヘルム・ブロングレン,アーチ・マデクウィ,エローラ・トルキア,ビョルン・アンドレセン,スリラー,フェスティバル・スリラー
    祝祭がはじまる。 『ヘレディタリー/継承』アリ・アスター監督最新作 恐怖の歴史を覆す、"フェステ…
  5. 画像,FOLLOWERS
    ■作品情報 宝石箱のように煌びやかなものたちが詰め込まれ、万華鏡のように変化する街=TOKYO。人…
  6. 画像,デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆
    ■イントロダクション シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」 世界累計800万個以上…

Facebook

ページ上部へ戻る