7月5日公開 映画『ラバーボーイ』

■イントロダクション
大ヒット作『ヘレディタリー/継承』『ウィッチ』『RED/レッド』『Pet Sematary(原題)』のビュー・フェリスが“どうしても作りたかった映画”として完成させたのがこの「ラバーボーイ」である。

インターネットを通じて誰もが出会ってしまうかもしれない[事件]を、鮮烈なビジュアルと一切の妥協を許さない演出、そして圧倒的な世界観で描いた本作は、「本物の恐怖と狂気」と評されるほど世界中で絶賛された!ありふれた生活のなかで突然遭遇する殺人鬼ラバーボーイ。

不気味な仮面をつけ、ノコギリやハンマーを振り回し、どこまでも、どこまでも追い回してくる。
凄まじい衝撃にあなたも現実の被害者となる!

■ストーリー
大学生のカイリーは、父親を亡くし学費を稼ぐためにポルノサイトで仕事を始める。

このサイトは、ある豪邸で過ごす映像をリアルタイムで配信するもので、女優たちがセクシーな姿を披露する。カイリーがカメラの前で初めてストリップショーを披露すると、彼女のライブチャットにハンドルネーム“ラバーボーイ”が現れる。

そして、“ラバーボーイ”はハッキング不可能なはずのサイトに進入し、自分の顔写真をカイリーに送りつけてきたのだ。

ある日、自分の送った写真がポルノ女優たちに笑われていることを知った“ラバーボーイ”は屋敷に侵入し、ライブ配信状態のまま殺戮ショーを開始する…。

『ラバーボーイ』は2019年7月5日(金)より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される特集上映「WCC ワンダーナイト・シネマカーニバル」で上映される。

■予告動画

■キャスト
アリ・コブリン
アダム・ディマルコ
スレイン、スレイカ・シルバー
キャムレン・ビコンドヴァ

■スタッフ
監督:トレバー・マシューズ「ファースト・キル」
製作:ビュー・フェリス「ヘレディタリー/継承」「ウィッチ」「RED/レッド」「Pet Sematary(原題)」
音楽:ケン・ロクスマンディ「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」
編集:クリス・ノーアー「フッテージ」
SFX:ベン・ベランガー「X-MEN: フューチャー&パスト」
VFX:マイケル・モーリー「クラウン」
配給:AMGエンタテインメント
提供:日活

■公開情報
2019年7月5日(金)

■公式サイト
http://wild-trauma-cinema.com/

■コピーライト
(C)2014. BROOKSTREET PICTURES CORP. ALL RIGHTS RESERVED.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  2. 画像,1917 命をかけた伝令
    英国アカデミー賞9部門 全米監督協会賞&全米撮影監督協会賞など 続々ノミネート中!! 早くも、…
  3. 映画『スキャンダル』
    世界騒然! 全米最大TV局を揺るがした衝撃スキャンダルの全貌 映画『スキャンダル』 シャーリー…
  4. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. 画像,グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    ■イントロダクション 原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッ…
  7. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…

Facebook

ページ上部へ戻る