10月4日公開 映画『エンテベ空港の7日間』

■作品情報
1976年、実際に起きたハイジャック事件。
人質救出までの7日間――極限の状況下で何が起きていたのか?
知られざる真実を描く珠玉のポリティカル・ヒューマン・サスペンス!
実際に起きたハイジャック事件とイスラエル国防軍による“奇跡の救出劇”「エンテベ空港奇襲作戦」(=サンダーボルト作戦)を再検証、可能な限り正確に史実を再現した本作。
ハイジャック犯を演じるのは、『荒野の誓い』『プライベート・ウォー』と公開作の相次ぐロザムンド・パイクと、『ラッシュ/プライドと友情』などの実力派俳優ダニエル・ブリュール。
ベルリン映画祭金熊賞受賞の『エリート・スクワッド』や、リメイク版『ロボコップ』、Netflix
『ナルコス』などで知られる社会派監督ジョゼ・パジーリャが映画化した。
元イスラエル国防軍のメンバーが技術的な軍事顧問として協力。また生き残った人質の何人かに連絡をとり取材、真実を目指し、できるだけ現実の出来事に近付こうとしたという。
事件の生々しさと鼓動高鳴るサスペンス、複雑な人間模様を融合させた骨太エンターテインメントである。

■ストーリー
1976年、イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機が乗っ取られ、ウガンダのエンテベ空港に着陸。
ハイジャック犯は500万ドルと50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求する。多数の自国民を人質にとられたイスラエル首相は、交渉の道を探りつつも態度を保留。
テロリストとの交渉に反対する国防大臣は、士官らと秘密裏に人質奪還計画を練っていく……

■予告動画

■キャスト
ロザムンド・パイク
ダニエル・ブリュール
エディ・マーサン
リオル・アシュケナージ
ドゥニ・メノーシェほか

■スタッフ
監督:ジョゼ・パジーリャ 「エリート・スクワッド」「ロボコップ」
脚本:グレゴリー・バーク
配給:キノフィルムズ

■公開情報
2019年10/4(金)より TOHO シネマズ シャンテほか全国順次公開!

■公式サイト
http://entebbe.jp/

■コピーライト
© 2017 STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC. All Rights Reserved.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 横須賀奇譚,画像
    生き延びたのなら変わろうと思った。変わらなくては、 映画『横須賀綺譚』 2011年3月11日――…
  2. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  3. レイニーデイ・イン・ニューヨーク,画像
    すれ違いの恋模様の行方はいかに!? 映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 ティモシー・シャラ…
  4. 画像,ホワイト・クロウ
    おすすめ映画!バレエ編 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 『ボリショイ・バレエ 2人のスワン…
  5. SKIN,画像
    白人至上主義者として生きてきた男の、過去との決別。 人は、生まれ変わることができるのか。 映画『…
  6. WAVES/ウェイブス,画像
    傷ついた今日も、癒えない傷も、愛の波が洗い流すー 映画『WAVES/ウェイブス』 ある夜を境に、…
  7. MOTHER マザー,画像
    母と息子。ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作 映画『MOTHER マザー』 長…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

ページ上部へ戻る