画像,野獣処刑人 ザ・ブロンソン

この男、必殺。
新たなる“デス・ウィッシュ”伝説が始まる…。
全世界が驚愕した衝撃のニュースター!
蘇ったブロンソン=ロバート・ブロンジー初主演作!!

■イントロダクション
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』、『さらば友よ』、そして『狼よさらば』から始まる“デス・ウィッシュ”シリーズなど、ワイルドな存在感とあふれる男気で、2003年に81歳で世を去った後も、根強い人気を誇り映画ファンに愛され続ける伝説のアクション・スター、チャールズ・ブロンソン。今、1本の映画によって、「ブロンソンが蘇った!」と全世界が沸いている。その映画こそ、あまりの激似ぶりに全世界が驚いたニュースター、ロバート・ブロンジーが映画初主演を果たした衝撃のバイオレンス・アクション『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』だ。
画像,ザ・ブロンソン
人身売買組織、麻薬密売人、武装ギャング…、どこからともなく現われ、非情の銃弾で街のダニどもを片っ端から容赦なく退治する謎の男“K”。彼が去った後には悪人たちの死体の山が築かれていく。ラジオのDJは、多発する凶悪犯罪に対応できない警察に怒りの声を上げ、極刑の必要性を訴える…。息もつかせぬ銃撃戦の連続で魅せるスーパー・エンタテインメント! 寡黙に、ただひたすら悪人たちを倒していく孤高のヒーローの大活躍は、まさに“デス・ウィッシュ”シリーズの主人公ポール・カージーが帰ってきたかのような痛快さ。今ここに、新たなる“デス・ウィッシュ”伝説が始まる…。
謎の男“K”を演じるのは、スペインの西部劇テーマパークに出演中に本作のレネ・ペレス監督と出会い彼の作品で映画デビュー、本作が初主演作となる全世界注目の俳優ロバート・ブロンジー。共演は凶悪犯罪撲滅の為に“処刑人”の登場を求めるDJダンに、『狼たちの街』『ヴァンパイア/最期の聖戦』のダニエル・ボールドウィン、極悪非道な麻薬組織のボス、タイレルに、『ブラックホーク・ダウン』『キンダーガートン・コップ』の個性派リチャード・タイソン、“K”が見守るシングル・マザーのアンにはアメリカ映画界期待のニューヒロイン、エヴァ・ハミルトン、アンの娘イサベルには監督の愛娘で、『エンドレス・ナイトメア』などペレス作品に数多く出演しているレイア・ペレス。
監督・脚本・撮影・編集、さらに自ら率いるロックバンド、<ザ・ダーケスト・マシーン>による音楽まで一手に手掛けるのは、『カウボーイ&ゾンビ』『バーニング・デッド』の鬼才レネ・ペレス。製作は『アックス・ジャイアント』『マンディ 呪われた人形』のジェフ・ミラー。VFXスーパーバイザーとして『スパイダーズ』『アックス・ジャイアント』などのゲイリー・ジョーンズが参加している。
画像,野獣処刑人 ザ・ブロンソン
■ストーリー
法は甘い、今こそ正義を! 悪人どもは全員処刑!
孤高の狼が情無用に悪を狩るノンストップ・ガンバトル!!

欲望と犯罪に満ちた大都会の夜。幼い少女を拉致、監禁して売春を強要していた人身売買組織が、銃を持った一人の男に襲われ、組織の人間と客が射殺された。さらに街の裏通りでは、麻薬の密売人が射殺され、空港では大量の麻薬を体内に隠し持っていた運び屋が強烈なパンチを受けて体内の袋が破裂、泡をふて絶命した。
地元のラジオの人気DJダン・フォーサイトは、自らの番組“正義を求めて”で、凶悪犯罪が蔓延する一方、警察の怠慢によって多くの市民が犠牲になっていることを嘆き、悪人を厳しく処罰すべきだと訴える。
車椅子生活を送る10歳の少女イサベルを育てるシングル・マザーのアナは郊外に一軒家を買い、引っ越してきた。イサベルは2年前、麻薬組織の銃撃戦に巻き込まれ、流れ弾に当たって車椅子の生活を強いられるようになっていた。ちょうどその頃から、多額の現金の入った差出人不明の封筒が毎月アナに宛てて届けられるようになっていた。アナは不審に思ったが、母子の苦しい生活にその現金は必要だった。アナはその金を元手に、犯罪の少ない郊外に家を買ったのだった。
画像,野獣処刑人 ザ・ブロンソン
ある日、アナは家の郵便受けに封筒を入れる男を発見し、声をかける。その男が金の送り主だと察知したアナは男の名を訪ねるが、男はイニシャルの“K”とだけ告げ、去って行った。
麻薬密売組織のボス、タイレルは敵対する組織や裏切り者に対し、容赦なく残忍かつ冷酷で恐れられていた。タイレルは組織の一員で、逮捕され裁判中だった息子を救うため、息子の不利になる証人の暗殺を殺し屋に依頼する。だが、その殺し屋は証人の殺害に失敗、息子には終身刑が言い渡された。タイレルは仕事を依頼した殺し屋を拉致し、拷問にかけていた。そこに“K”が現れ、正義の銃口が火を吹く。“K”はタイレルの右腕を打ち抜き、部下たちを次々と始末していくが、タイレルは逃げ、とどめを刺すことはできなかった。
謎の男“K”は、街にはびこる悪人どもを問答無用で始末する闇の処刑人。彼は今日もファスト・フード店に押し入った拳銃強盗を処刑した。彼は、数多くの情報源を持つDJダンから、タイレルの居場所を聞くと、その後を追う。
タイレルは人里離れた山林で、裏切り者に残虐な拷問を行っていた。その現場を“K”が急襲する。激しい銃撃戦の末、“K”はタイレルを捕え、木に縛りつけた。タイレルは、なぜ“K”が自分を追い続けるのか、その理由を聞いた。“K”は2人の死闘が生んだある悲劇を語り出す…。

■予告映像

■作品情報
公式サイト:http://www.eden-entertainment.jp/thebronson/
■キャスト
ロバート・ブロンジー
リチャード・タイソン
エヴァ・ハミルトン
レイア・ペレス
ダニエル・ボールドウィン
ストミー・マヤ
■スタッフ
監督・脚本・撮影:レネ・ペレス/製作:ジェフ・ミラー/製作総指揮:ジェフ・ミラー、ゲイリージョーンズ/音楽ザ・ダーケスト・マシーン/VFXスーパーバイザー:ゲイリー・ジョーンズ
<2018年・アメリカ映画/英語/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/88分/日本語版字幕:江戸木純>
原題:DEATH KISS 提供:ポニーキャニオン+エデン 配給:エデン
©2018 Action Film Partners LLC.All Rights Reserved

2019年12月20日(金)より、新宿武蔵野館にて衝撃のロードショー!

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  2. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  3. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  4. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  5. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…
  6. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  7. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る