山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

【イントロダクション】
シリーズ3部作の総興収112億円を突破した『ALWAYS 三丁目の夕日』チームが再集結!
老若男女、全世代の日本人が涙した、あの感動と驚きを超える――――
日本が世界に誇る山崎貴監督の最新作にして最高傑作の誕生!

山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【ストーリー】
DESTINY=運命とは?

鎌倉に暮らすミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに嫁いだ年若い妻・亜紀子(高畑充希)はその生活に驚くばかり。
道を歩けば、魔物や幽霊、妖怪や仏様、死神(安藤サクラ)までも現れるのだ。
どうやらここ鎌倉は、人と人ならざるものたちが仲良く暮らす街らしい。

山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

本業の小説執筆に加え、鎌倉署の捜査にも協力する夫・正和は、その上、鉄道模型収集やら熱帯魚飼育やら多趣味でもあり忙しい。

そんな一色家には、実年齢130歳? の家政婦・キン(中村玉緒)、腐れ縁の編集担当・本田(堤真一)、果ては貧乏神(田中泯)が居座るなど個性豊かな面々が次々に現れ騒がしい日々。亜紀子の理想とはちょっと違うけれど、楽しい新婚生活が始まった。

山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

しかし、正和には亜紀子に隠していた秘密があった。
その秘密が原因で正和は結婚に疑問を感じて生きてきたようだ。
正和はなぜ亜紀子を見初めたのだろうか?

山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ある日、病に倒れた正和が目を覚ますと、亜紀子の姿が消えていた。
夫への愛にあふれた手紙を残して――。

山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

なんと亜紀子は不慮の事故で亡くなっており、黄泉の国(あの世)に旅立っていたのだった。
失って初めて気づく妻・亜紀子への愛。

山崎貴監督の最新作!映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

正和は亜紀子の命を取り戻すため、一人黄泉の国へ向かう決意をする。そこで彼を待っていたのは、亜紀子を黄泉に連れさった魔物たちとあの人の姿・・・・・・。一色夫婦の命をかけた運命が、今動き出す。

■ 予告編



【キャスト・スタッフ】
堺雅人
高畑充希
堤真一
安藤サクラ
田中泯
中村玉緒
市川実日子
ムロツヨシ
要潤
大倉孝二
神戸浩
國村隼
古田新太
鶴田真由
薬師丸ひろ子
吉行和子
橋爪功
三浦友和

監督・脚本・VFX:山崎貴
原作:西岸良平「鎌倉ものがたり」(双葉社「月刊まんがタウン」連載)

■ コピーライト
(C)2017「DESTINY鎌倉ものがたり」製作委員会

■ 公開日
2017年12月9日

■ 公開情報
全国東宝系にてロードショー

■ 公式サイト(上映情報はこちらから)
http://kamakura-movie.jp/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  2. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  3. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…
  4. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  5. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…
  6. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。…
  7. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る