画像,カツベン!,成田凌,黒島結菜,周防正行
5/5 (1)

周防正行監督、5年ぶり待望の最新作!
今回のテーマはしゃべりのスーパースター“活動弁士”
映画『カツベン!』

イントロダクション

『シコふんじゃった。』(92)、『Shall we ダンス?』(96)、『それでもボクはやってない』(07)、『終の信託』(12)、『舞妓はレディ』(14)と、日本映画の歴史にその名を刻んできた映画監督・周防正行。学生相撲の世界や社交ダンスに出会った中年サラリーマンの青春、刑事裁判の内実、終末医療問題、京舞妓を目指す女の子の夢など、そのユニークな発想と信念で描かれる物語は、あらゆる世代から大喝采を浴びた。周防監督の5年ぶりの最新作は、“日本映画のはじまり”を描く、映画愛に溢れた最高傑作となった!
今からおよそ100年前の日本。当時、輸入されはじめた映画=活動写真は、モノクロ(白黒)であり、サイレント(無声)だった。活動写真はたちまち巷で大評判となった。同時に、活動写真をより楽しめるように、楽士の奏でる音楽に合わせ、自らの語りや説明で彩ったのが活動弁士(通称“カツベン”)である。個性豊かなその語りは観客を魅了し、俳優よりも人気があった。活動弁士は活動写真を瞬く間に娯楽の王様に押し上げた。
本作は、<活動弁士>を夢見る一人の若き青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々の群像を描いた物語である。
活動弁士を志す青年・染谷俊太郎を演じるのは、昨年度第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、若手最注目俳優の成田凌。本作にて映画初主演となる。女優になることを夢見るヒロイン・栗原梅子を演じるのは若手実力派女優の黒島結菜。活動弁士の行く末を見守るかつての人気活動弁士・山岡秋聲役を永瀬正敏。自信家で傲慢な活動弁士・茂木貴之役に高良健吾。俊太郎に恨みを持つ泥棒一味・安田虎夫役を音尾琢真が演じる。
また、日本映画の父と呼ばれる実在の映画監督・牧野省三役に山本耕史。また、同じく実在した映画監督・二川文太郎役に池松壮亮。一帯を仕切るヤクザの娘・橘琴江役に井上真央。俊太郎も恐れる刑事・木村忠義役に竹野内豊と、主役級の超実力派俳優が周防組初参加!
また成河、森田甘路、酒井美紀ら他にも初参加となるキャストに加え、周防作品でお馴染みのキャストも集結。活動写真小屋の青木館で館主をつとめる青木富夫役に竹中直人。富夫の妻・青木豊子役に渡辺えり。青木館のライバルでヤクザとして暗躍する橘重蔵役に小日向文世。また徳井優、田口浩正、正名僕蔵らも登場し、映画に花を添える。製作陣には、『八日目の蟬』(11)で日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞し周防監督と初タッグとなる撮影の藤澤順一、『それでもボクはやってない』(07)で日本アカデミー賞最優秀照明賞を受賞し、これまでのすべての周防作品で照明をつとめる長田達也、『のぼうの城』(12)で日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞し、周防作品では『終の信託』(12)、『舞妓はレディ』(14)で美術を担当してきた磯田典宏など、日本映画を代表する豪華製作陣が集結。撮影は、活動弁士の黄金期だった大正時代の活気ある映画館や街並みを再現させるため、関東はじめ、京都、滋賀、岐阜、福島など、日本全国を回る大ロケーションを敢行。まさにエンタテインメント大作にふさわしい仕上がりとなった!
曲者揃いの映画館で、命を狙う泥棒やニセ活動弁士を探す刑事にも追われ、夢を叶えるどころか命も危うい状況の俊太郎!そんな人生最大のピンチに再会を果たすのは初恋相手の幼なじみ!?周防ワールドによって生み出された個性的なキャラクターが織りなす、アクションあり、笑いあり、涙ありの、極上エンタテインメントの幕が開く!

あらすじ・ストーリー

俊太郎の活弁が響き渡るとき、世紀のエンタテイナーの物語がはじまる。
子どもの頃、活動写真小屋で観た活動弁士に憧れていた染谷俊太郎は、“心を揺さぶる活弁で観客を魅了したい”という夢を抱いていたが、今では、ニセ弁士として泥棒一味の片棒を担いでいた。そんなインチキに嫌気がさした俊太郎は、泥棒一味から逃亡し、とある小さな町の映画館<青木館>に流れつく。そこは隣町のライバル映画館に客も人手も引き抜かれ、閑古鳥が鳴いていた。そんな青木館で働くことになった俊太郎は、“ついにホンモノの活動弁士になることができる!”と期待で胸が膨らむ。
画像,カツベン!,成田凌,黒島結菜,周防正行画像,カツベン!,成田凌,黒島結菜,周防正行しかし、そこで待っていたのは、<人使いの荒い館主夫婦>、<酔っぱらいの活動弁士>、<傲慢で自信過剰な活動弁士>、<気難しい職人気質な映写技師>とまさかの曲者のオンパレード。そのうえ、泥棒一味から奪った謎の大金をめぐって俊太郎を狙う<凶悪泥棒>、それを追う<熱血刑事>にも目をつけられ追われる羽目に。
画像,カツベン!,成田凌,黒島結菜,周防正行夢を叶えるどころか人生最大のピンチに!そんな中で再会を果たしたのは、子どもの頃に夢を語り合った幼なじみの初恋相手!?
はたして、俊太郎の夢、恋の運命やいかに・・・!?
画像,カツベン!,成田凌,黒島結菜,周防正行

予告映像

作品情報

公式サイト:https://www.katsuben.jp/
監督:周防正行
【キャスト】
成田凌 黒島結菜
永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊
配給:東映
©2019「カツベン!」製作委員会

画像,カツベン!,成田凌,黒島結菜,周防正行

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  7. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る