映画『愚行録』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
4 2

【作品紹介】
犯人が見つからないまま迷宮入りした一家殺害事件。理想的な家族は誰に殺されたのか?関係者たちの証言から浮かび上がる「人間の本性」とは? 観る者自身の生き方に突きつけられる戦慄の群像ミステリー。

■ 予告編

【監督】
石川 慶

【スタッフ】
監督:石川 慶
原作:貫井徳郎
脚本:向井康介
音楽:大間々 昂
撮影:ピオトル・ニエミイスキ
照明:宗 賢次郎
美術:尾関龍生
録音:久連石由文

【キャスト】
妻夫木 聡
満島ひかり
小出恵介
臼田あさ美
市川由衣
中村倫也
松本若菜
眞島秀和
濱田マリ
平田 満

【配給】
ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野

【コピーライト】
©2017『愚行録』製作委員会

【公式ホームページ】
http://gukoroku.jp/

【その他】
120分 カラー 日本語 | 2017年 日本




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・いやはや物凄い映画。しかも小出恵介のこの役はあまりにも、何とも言えない。この映画でもう彼は見れないのでしょうか。色んな作品を観ているので、いつか戻って来て欲しい気も、、、。妻夫木くん、満島さんの演技が凄すぎて、入り込んだー。鑑賞後気持ちがスッキリする映画ではないけど、見る価値は十分あります!おすすめはしないけど、オススメ!どっちやねん!

・最近、タイトルが「まんまやんけ!」と、使えもしない関西弁で心の中で突っ込む映画に出会っている。この作品もそう。
満島ひかりは、こういう役のオファーが多いのかな?何の役をやったかも思い出せないのに、デジャブ感あり。

・満島ひかりの病的な痩せかたが、はまってた。
3度の衝撃というキャッチフレーズだったけど、最後の衝撃は最初からそんな気がしてたんで衝撃受けなかったよ。
まあ、そうだろうなって感じだった。でも、最後まで飽きさせない作りになってた。
面白かった。

・見応えはあったが、救いのない、後味の悪い話だった。映画館だから最後まで集中して観れた。札幌シネマフロンティア。

・3、4年前に原作を読み、結構衝撃的で嫌な気分になりつつも、先が気になり入り込んでいた記憶がある。
今回、映画になるということでかなり期待していたけど、映像を通すと違うstoryを鑑賞している?という感じで少々退屈だった。

・何でかな、途中から終わりがよめた。
バス→バス
回想形式
別件で逮捕されてたんじゃないの?
『だから、ごめんね』…????
意味深で色々考えてしまう。
まぁ、面白くないとは思わなかったけど、面白いとも思わなかった。
ちなみに、3度の衝撃がどこにあったのか、分からなかった…
ん~~自分は原作のほうがよかったナ。。。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

Facebook

注目映画

  1. 画像,ティーンスピリット
    師との出会い、オーディションの強敵、恋… エル・ファニングが圧巻の歌声を披露する!! ■イントロ…
  2. 『フォードvsフェラーリ』(原題: Ford v. Ferrari)
    マット・デイモン×クリスチャン・ベイル二大スター共演!映画『フォードvsフェラーリ』 イントロダク…
  3. 画像,mellow
    街で一番オシャレな花屋と、廃業寸前のラーメン屋 を舞台に巻き起こる恋愛群像エンターテインメント! …
  4. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  5. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  6. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  7. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
ページ上部へ戻る