EUREKA(ユリイカ)映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【作品紹介】
九州の田舎町、バスジャック事件。生き残った運転手の沢井と直樹・梢の兄妹は、心に大きな傷を負う。2年後、沢井たちは、町でともに暮らし始めるが、その町でまたも殺人事件が発生するのだった。

■ 予告編



【監督】
青山真治

【キャスト】
役所広司
宮﨑あおい
宮﨑 将

【配給】
東京テアトル

【コピーライト】
© 2001 J‐WORKS FILM INITIATIVE (電通+IMAGICA+WOWOW+東京テアトル)

【公式ホームページ】

【その他】
217分  日本語 | 2000年 日本





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・映画が長尺になるのは、ちゃんとした理由があると思う。3時間半を超すこの作品もそうだ。大量殺人を目撃した人々の心の傷は、なまじの時間じゃ救済されないのだ。バスジャックで生き残った中学生と小学生の兄妹。それに運転手がこの映画の主人公だ。この事件の2年後、兄妹は、家族と言葉と命の感覚を失っている。
周囲の好奇の目にさらされ、二人でひっそりと暮らしている。そこへ運転手が現われて同居を始める。さらに兄妹の従兄も加わる。その頃、街では連続殺人事件が起こっている。そうした中、四人は小さなバスで旅に出る。冒頭のバスジャック以外は、四人の日常が静かに積み上げられるのみ。周囲の好奇の目も連続殺人も直接には描かれない。しかもモノクロ画面。

・長い!2回に分けて観てしまったが、なかなかの見応えで納得しました。

・バスジャックに巻き込まれ一命を取り留めた運転手と兄妹。
ショックによって声が出なくなった兄弟と、運命が変わった運転手。
そんな3人がふとしたことで一軒家に住むことになる。
実に淡々と進んでいくので、ふと事件の影響を忘れそうなほど。
特別驚くような演出はない。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  2. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  3. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  4. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  5. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…
  6. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  7. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る