画像,パラサイト 半地下の家族
5/5 (1)

第72回カンヌ国際映画祭
[最高賞] パルムドール賞受賞作!
100%予測不能エンターテインメント!!

イントロダクション

カンヌ国際映画祭では、審査員満場一致で[最高賞]パルムドールに輝いた『パラサイト 半地下の家族』。タランティーノ、ジャームッシュら名匠の話題作を抑え、韓国映画として初の同賞受賞という歴史的快挙を成し遂げた。その後も各国の映画祭を席巻。第92回アカデミー賞®国際長編映画賞韓国代表にも選出され、受賞が有力視されている。メガホンを取ったのは『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』など、世界がその才能を絶賛する若き巨匠ポン・ジュノ。
画像,パラサイト 半地下の家族
本作では、あらゆるジャンルを完璧に融合させながら、いま世界が直面している貧富格差への痛烈な批判をも内包した、超一級のエンターテインメントとして描き切った。韓国動員1,000万人突破、フランス動員150万人突破、香港・台湾では歴代パルムドール受賞作品において最多動員数を記録。さらには6か国で韓国映画の動員記録を塗り替えるなど、全世界で爆発的盛り上がりをみせる傑作が、いよいよ日本に上陸する。

あらすじ

過去に度々事業に失敗、計画性も仕事もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる、元ハンマー投げ選手の母チュンスク。大学受験に落ち続け、若さも能力も持て余している息子ギウ。美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない娘ギジョン…しがない内職で日々を繋ぐ彼らは、“半地下住宅”で暮らす貧しい4人家族だ。
画像,パラサイト 半地下の家族
画像,パラサイト 半地下の家族
“半地下”の家は、暮らしにくい。窓を開ければ、路上で散布される消毒剤が入ってくる。電波が悪い。Wi-Fiも弱い。水圧が低いからトイレが家の一番高い位置に鎮座している。家族全員、ただただ“普通の暮らし”がしたい。
ある時、受験を勝ち抜いた名門大学生の友人ミニョクが、ギウを訪ねてくる。「僕の代わりに家庭教師をしないか?」教え子の女子高生に気がある彼は、「お前なら信じられる」と、受験経験は豊富だが学歴のないギウに留学中の代打を頼む。
ギウが向かったのは、高台に佇むモダンな建築の大豪邸。IT企業の社長パク・ドンイクの自宅だ。昼下がり、家政婦に案内されて広々としたリビングを
進む。「初めての授業を見せていただけますか?」偽造した大学在学証明書にさほど目を通す様子もなく、若く美しい妻ヨンギョが娘ダへの部屋へと案内する。―束の間の授業を経て、“受験のプロ”のギウは母と娘の心をすっかり掴んでいた。
画像,パラサイト 半地下の家族
画像,パラサイト 半地下の家族
帰り際、落ち着きがないパク家の末っ子ダソンを見たギウは、「もう一人、紹介したい家庭教師がいるんです」思いついたように言う。そして後日、彼と共に豪邸を訪れたのは、妹のギジョンだった。
画像,パラサイト 半地下の家族
ダソンの美術家庭教師となったギジョン。「どの家庭教師も1か月も続かなかった」という母ヨンギョの言葉を覆し、恐るべき速さでダソンを手なずけ、2人は急速に一家の信用を得ていく。そして、ギジョンは次にある仕掛けをする…。
“半地下住宅”で暮らすキム一家と、“高台の豪邸”で暮らすパク一家。この相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく―。

■予告動画

■キャスト

ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン

■スタッフ

監督ポン・ジュノ(『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』)
撮影:ホン・ギョンピョ 音楽:チョン・ジェイル
提供:バップ、ビターズ・エンド、テレビ東京、巖本金属、クオラス、朝日新聞社、Filmarks/配給:ビターズ・エンド
©2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED /2019 年/韓国/132 分/PG-12/2.35:1/英題:PARASITE/原題:GISAENGCHUNG/ www.parasite-mv.jp
公式HP: www.parasite-mv.jp

2020 年1 月10日(金)、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

映画ログ会員の評価・レビュー・ネタバレ4.2全18件(2020/03/24更新)

・韓国での貧富の差。その境遇の中でも仲良く暮らす家族に千載一遇のチャンス。そこから家族の運命が狂いだす。話の展開も面白く引き込まれていく。韓国映画らしい家族の絆と救いがあるのかどうか切ないラスト。観た後には何とも言えないいたたまれない感触が残る。
・評判は聞いていたが、ここまで笑えて終盤には考えさせる中身。そりゃアカデミーにも評価されて当然だという面白さと風格がある。半地下の状況が韓国では当たり前であり、それを逆手にとって真逆の金持ち一家に寄生するという物語が秀逸であり、どう転んでも面白くなるだろうと思わせる展開。

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  2. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る