映画『0.5ミリ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

【作品紹介】
ハードボイルド人情ドラマ

「おしかけヘルパー」山岸サワが巻きおこす、前代未聞のハードボイルド人情ドラマ、怒涛の196分!

■ 予告編



【監督】
安藤桃子

【スタッフ】
監督/脚本:安藤桃子
エグゼクティブ・プロデューサー:奥田瑛二
フードスタイリスト:安藤和津
プロデューサー:長澤佳也
撮影:灰原隆裕

【キャスト】
安藤サクラ
津川雅彦
柄本 明
坂田利夫
草笛光子

【配給】
㈱彩プロ

【コピーライト】
©2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS

【公式ホームページ】
http://www.05mm.ayapro.ne.jp/

【その他】
197分 カラー 日本語 | 2013年 日本





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・これからご覧になる方へ
とっても長いので時間の確保をお願いします。
僕は長い映画で自分の意志と関係なく、たびたび寝落ちをしてしまうのですが今回はスッキリ全編見る事ができました。

・安藤サクラの演技で3時間以上あるこの映画に飽きがないのはさすが。
元々ヘルパーだった女性が無一文となり、押しかけで転々としていく。
老人とのやり取りがおもしろく描かれている部分もあるけど、観ていくうちに現実的なリアルさだったり、物悲しさがだったり、愛情であったり感じられる。最後は切なさが漂う。

・介護ヘルパーのサワは、派遣先の家族から『亡くなる前におじいちゃんと寝てあげて』という依頼を受けるが、事件に巻き込まれヘルパーを解雇され、あげく無一文となり途方にくれていた。が、町で偶然見掛けた偏屈な老人を見つけては押し掛けヘルパーを始めていくのだが…。
安藤サクラ主演の作品を初めて鑑賞。なんとも不思議で多彩な顔を持つ女優さんでした。
平凡さ、地味さ、厳つさ、凛々しさ、無邪気さ、そして時には妖艶さ…今まで出会った事が無いタイプで新鮮・魅力に感じ、作中も演技に魅入ってしまいました。

・押しかけヘルパーとしてたくましく生きていく女性。
中々特殊な設定だが、主演の安藤サクラがとにかくはまりまくっている。
多分彼女以上に上手く演じることのできる女優はいないだろう。
その押しかけも含めて大きく4つのパートに分かれている。
彷徨い老人の家に押しかける安藤サクラに対して、また老人が見な実にうまく演じている。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. この世界の片隅に
    ■ストーリー 18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、…
  2. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  3. ■イントロダクション 監督:大友啓史×原作:川村元気お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観…
  4. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  5. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  6. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…
  7. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る