画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

泥まみれのヒーロー
<ジャンゴ>映画の記念すべき第1作!

イントロダクション

クエンティン・タランティーノが『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)の劇中「マカロニ・ウエスタンで2番目に偉大な監督」と紹介したセルジオ・コルブッチの最高傑作が『続・荒野の用心棒』だ。一般に「マカロニ・ウエスタンで1番偉大な監督」とされるセルジオ・レオーネが、常にアメリカ人スターを主役に据えてハリウッド映画を意識した西部劇を作り続けたのに対し、『続・荒野の用心棒』はイタリア人俳優がイタリア名で主人公を演じた最初のマカロニ・ウエスタンである。それまではジュリアーノ・ジェンマはモンゴメリー・ウッドと名を変え、フランコ・ネロは脇役であっても“フランク”・ネロ名義だった。低予算を逆手に取ったシンプルなストーリー、馬にも乗らず棺桶を引きずって登場する型破りの主人公、泥だらけの町、マシンガン(ガトリング砲)で敵をなぎ倒す爽快感、牧師を虐殺するアンチクライストな展開、両手をつぶされても単身6人の敵に立ち向かう反骨心と勇気……コルブッチが作品に盛り込んだすべての工夫とアイディアが、「お行儀のよいハリウッド映画」に飽き飽きしていた一般観客から、日々の生活に苦労し続ける農民・労働者、「社会変革を求める」学生たちにまで大歓迎されたのだ。しかし、そのあからさまな残酷描写によりイタリアでは成人映画指定を受け、イギリスでは上映禁止。日本では配給会社が同じというだけで『続・荒野の用心棒』と題され、アメリカでは1972年まで公開は見送られた。

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

一部の映画ファンにはマカロニ・ウエスタン最高作と称えられながらも、一般にはあまり知られていなかった『続・ 荒野の用心棒』が再注目されたのは、やはりクエンティン・タランティーノのおかげだろう。監督デビュー作『レザボア・ドッグス』(91)の耳切断シーンですでにコルブッチ愛を示していたタランティーノは、『ジャンゴ/繋がれざる者』(2012)で、フランコ・ネロを特別出演させただけにとどまらず、主題歌そのままにオープニング・クレジット場面を再現してみせた。そんな世界映画史上初・前代未聞のオマージュを捧げられた映画、それが『続・荒野の用心棒』なのだ。

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

いうまでもなく、マカロニ・ウエスタン(欧米ではスパゲッティ・ウエスタン)は、日本の時代劇映画『用心棒』(黒澤明監督・61)をセルジオ・レオーネが無許可で西部劇にリメイクした『荒野の用心棒』(64)の世界的大ヒットをきっかけに全世界で大ブームを巻き起こしたヨーロッパ製西部劇のこと。イタリア人スタッフを中心に主にスペインで撮影され、約10年間に400本以上の作品が生み出されたとされている。特徴は「何でもあり」の娯楽優先主義とイタリア映画のネオレアリズモ精神を受け継いだリアルな描写で、検閲とテレビの進出で勢いを失っていたアメリカ製西部劇にとって代わって世界中で受け入れられた。

セルジオ・レオーネの友人であり、イタリアの喜劇王トトの映画を何本も監督するなど、すでにイタリア映画界で確固たる地位を築いていたセルジオ・コルブッチは、レオーネの『荒野の用心棒』よりも先にウエスタン映画を作っていた。しかし、もちろん主演スターはすべてアメリカ人だった。『グランド・キャニオンの大虐殺〈TV〉』(64)はハリウッド・スター、ロバート・ミッチャムの息子ジェームズ・ミッチャム、『ミネソタ無頼』(64)はキャメロン・ミッチェル、『続・荒野の用心棒』直前まで撮っていた『リンゴ・キッド』(66)はマーク・ダモンだ。

『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』(65)『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(66)と、作品ごとに予算とスケールが倍増していったセルジオ・レオーネとは対照的に、コルブッチは西部劇4作目でそれまでよりも低予算の『続・荒野の用心棒』を選んだ。依頼してきたプロデューサーはフェリーニやパゾリーニ作品を担当していたマノロ・ボロニーニ。映画監督マウロ・ボロニーニの弟で、製作した芸術映画の赤字を補填しようとマカロニ・ウエスタンに救いの手を求めていた。予算は少なく、製作期間も短い。しかし、コルブッチは「逆に何か面白いことができるに違いない」と考えた。レオーネ作品はじめマカロニ・ウエスタンの定番となっていた「テクニカラー・テクニスコープ」方式ではなく、ヨーロッパ映画の標準だった「イーストマンカラー・ヨーロピアンビスタサイズ」を採用したのも何か意図があってのことだろう。

主演にはガソリンスタンドで働きながら演劇を学んでいた23歳の青年フランコ・ネロが選ばれた。実はネロはすでにハリウッド映画『天地創造』(66)に出演(撮影は64年)し、ハリウッドの大作ミュージカル『キャメロット』(67)の準主役に抜擢される寸前の実力派俳優だった。ネロは“フランク”ではなく“フランコ”名義での出演を求めた。そして、レオーネ作品を芸術品にまで高めた陰の功労者である美術のカルロ・シーミ(コルブッチとの仕事も多い)は、撮影所のオープンセットを改造して泥だらけのゴーストタウンのような荒れ果てた西部の町を創り上げた。のちに『イル・ポスティーノ』(94)でアカデミー賞を受賞するアルゼンチン出身の作曲家ルイス・エンリケス・バカロフによるカンツォーネ演歌とでも呼ぶべきドスの効いた印象的な主題歌「さすらいのジャンゴ」はタランティーノならずとも心揺さぶられる。映画では英語版だが、イタリア語のみならず世界各国でカバーされ、北島三郎も日本語で歌っている(「ジャンゴ ~さすらい~」)。

セルジオ・コルブッチと弟のブルーノ・コルブッチが原案を考えた『続・荒野の用心棒』は、実はもうひとつの“黒澤の『用心棒』非公式リメイク”でもある。荒野を行く主人公の後ろ姿を映し出すオープニング。それは黒澤の『用心棒』そのままだ。ただし、懐手の用心棒(三船敏郎)と違って、ジャンゴは棺桶を引きずっているが……。そして、2つの悪人グループを争わせて漁夫の利を得ようとするストーリーも、途中で発覚して痛めつけられるのも、ほとんど同じだ。日本では『荒野の用心棒』と同じ東和が配給したために、無関係なのに“続”の称号がついたわけだが、逆にそのおかげで、あらためて「『用心棒』のいただき」と非難されることもなく、それどころか、そのあまりに衝撃的な作風もあって『用心棒』そっくりのストーリーなど誰も気にしなかった。主人公ジャンゴの異様かつカッコよすぎるいで立ち、コルブッチの激烈にしてスタイリッシュな演出、手持ちカメラやズームレンズが躍動する若々しいカメラワーク、心に染み入る主題歌、ガトリング砲を手持ちでぶっ放す派手なアクション、戦争映画なみの死体の数など……これぞコルブッチのマカロニ・マエストロたる腕前が炸裂する。そして、孤独なガンマン、復讐、残酷描写、派手なガンアクション、印象的な主題歌などは、まさにマカロニ・ウエスタンの定番となった。

「ジャンゴ」の名は、ロマ人(ジプシー)のジャズ・ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトから採られている。火事で左手の指が変形してしまったにもかかわらずギターの名手となった天才ギタリストだ。コルブッチが、両手を潰される主人公の運命にちなんで半分ジョークで名付けたその名は、マカロニ・ウエスタンの象徴となった。それまではジョー(『荒野の用心棒』)やリンゴ(『続・荒野の1ドル銀貨』)が主人公の名前だった。どちらもアメリカの西部劇によく出てくる名だが、「ジャンゴ」は違った。力強く、独特で、ヨーロッパ文化の香りさえする。特にドイツ人は、「ジャンゴ」に熱狂した。フランコ・ネロ主演作はすべて「ジャンゴ」映画となり(例えば79年の『シャーク・ハンター』のドイツ題名は『ジャングル・ジャンゴ』!)、他のマカロニ・ウエスタンもことごとく「ジャンゴ」映画となった(現在までに55本が確認されている)。これぞマカロニ精神(スピリット)。面白ければ何でもいい、金さえ儲かれば何でもいいのだ。一方、「ジャンゴ」の反骨心、独立心、虚無感、絶対に諦めない粘り強さは、体制に立ちむかう世界中の若者の心の糧となった。レゲエ映画『ハーダー・ゼイ・カム』(72)には、映画館でジャンゴの活躍に熱狂し白人支配層に反逆するジャマイカの若者が描かれていた。そして、コルブッチの何度見てもすさまじく、爽快ですらあるパンク&アンチクライストな演出は、60年代からパンク世代、そして21世紀の若者まで、あらゆる世代の心に響き渡り続ける。

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

 

あらすじ・ストーリー

鞍を背負い、棺桶を引きずり歩く流れ者ジャンゴ(フランコ・ネロ)は、底なし沼の前で男たちに鞭打たれている女マリア(ロレダナ・ヌシアック)を、得意の早撃ちで彼女を救う。

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

二人はマリアが逃げ出した村へやってくるが、村はジャクソン少佐(エドゥアルド・ファヤルド)率いる元南軍兵士と、ウーゴ将軍(ホセ・ボダロ)率いるメキシコ革命軍との抗争によりゴーストタウンと化していた。

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

両軍から裏切り者とされたマリアは村の厄介者だ。ジャンゴは、彼女を取り戻しにやってきたジャクソン少佐を一掃すると、ウーゴ将軍相手に、メキシコ政府軍の駐屯地から黄金を奪おうと持ちかける…。

画像,DJANGO,ジャンゴ,続・荒野の用心棒,荒野の用心棒,ウエスタン

予告映像

作品情報

公式サイト:http://django-2020.com/

【キャスト】
役名|出演者
ジャンゴ Django|フランコ・ネロ Franco Nero
マリア Maria|ロレダナ・ヌシアク Loredana Nusciak(1942~2006)
ジャクソン少佐 Major Jackson|エドゥアルド・ファヤルド Eduarudo Fajardo(1924~2019)
ウーゴ将軍 General Hugo Rodriguez|ホセ・ボダロ JosE BOdalo(1916~1985)
ジョナサン神父 Brother Jonathan|ジミー・ダグラス Jimmy Douglas(1927~1997)
ナタニエレ/バーテン Nathaniel the Bartender|アンヘル・アルヴァレス Angel Alvarez (1906~1983)

【スタッフ】
監督・原案・脚本|セルジオ・コルブッチ  Sergio Corbucci
製作|マノロ・ボロニーニ  Manolo Bolognini(1925~2017)
原案・脚本|ブルーノ・コルブッチ  Bruno Corbucci(1931~1996)
撮影|エンツォ・バルボーニ (別名 E・B・クラッチャー)  Enzo Barboni/E. B. Clucher(1922~2002)
美術・衣装|カルロ・シーミ  Carlo Simi(1924~2000)
音楽|ルイス・エンリケス・バカロフ Luis Enriquez Bacalov(1933~2017)
主題歌|ロッキー・ロバーツ Rocky Roberts(1941~2005)

1966年/イタリア・スペイン/93分/カラー/ビスタサイズ
配給|コピアポア・フィルム
© 1966 – B.R.C. Produzione Film (Roma-Italia) Surf Film All Rights Reserved.

2020年1月31日(金) より シネマート新宿ほか全国順次公開!!

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,mellow
    街で一番オシャレな花屋と、廃業寸前のラーメン屋 を舞台に巻き起こる恋愛群像エンターテインメント! …
  2. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  3. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
  4. 『フォードvsフェラーリ』(原題: Ford v. Ferrari)
    マット・デイモン×クリスチャン・ベイル二大スター共演!映画『フォードvsフェラーリ』 イントロダク…
  5. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  6. 画像,ティーンスピリット
    師との出会い、オーディションの強敵、恋… エル・ファニングが圧巻の歌声を披露する!! ■イントロ…
  7. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
ページ上部へ戻る