『砂上の法廷』映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

この結末、他言無用。

真実のみが語られるはずの法廷に散りばめられた嘘の証言。
被告人は有罪か?冤罪か?それとも――。
全てが覆る衝撃のラスト11分、法廷の禁忌(ルビ:タブー)が破られる。

『砂上の法廷』映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【イントロダクション】
主演はアクションからドラマまで幅広い作品で活躍するハリウッドスター、キアヌ・リーヴス。共演は、『コールド マウンテン』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したレニー・ゼルウィガー。監督は、08年のサンダンス映画祭でグランプリを受賞し、アカデミー賞にノミネートされた『フローズン・リバー』のコートニー・ハント。

『砂上の法廷』映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

その斬新さと完成度の高さでクエンティン・タランティーノを唸らせた前作に続き、新たな衝撃作を生み出した。法廷の常識を覆す驚愕の結末、あなたに見破れるか-?

【ストーリー】
巨額の資産を持つ大物弁護士が自宅で殺害された。容疑者として逮捕されたのは、17歳の息子。拘留後、完全黙秘を続ける少年の弁護を引き受けたのは、敏腕弁護士ラムゼイ。何も語ろうとしない被告人をよそに開廷された裁判では、全ての証人が少年の有罪を裏付ける証言をする。

『砂上の法廷』映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

その証言のわずかなほころびから、「嘘」を見破るラムゼイ。有罪確定に見えた裁判の流れが変わり始めた矢先、被告人が沈黙を破り、衝撃の告白をはじめる。彼が語る言葉は、果たして真実なのか?そして、事件の真犯人は別に存在するのか-?

■ 予告編



監督:コートニー・ハント『フローズン・リバー』
製作総指揮・原案:ニコラス・カザン『悪魔を憐れむ歌』

■ 出演
キアヌ・リーブス 『マトリックス』シリーズ 
レニー・ゼルウィガー『コールド・マウンテン』 
ググ・ンバータ=ロー『幸せの教室』 
ガブリエル・バッソ『SUPER 8/スーパーエイト』

配給:ギャガ
原題:THE WHOLE TRUTH/2015年/アメリカ映画/94分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
翻訳:岡田理枝

■ コピーライト
© 2015 WHOLE TRUTH PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

■ 公式ホームページ
gaga.ne.jp/sajou

■ 公開情報
3月 TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・キアヌ・リーヴスもレニー・ゼルヴィガーも、本当に年をとった。
『スピード』や『ザ・エージェント』を観たのは学生時代だった。

・なるほど、そういう展開なんだ。
ストーリーの展開がよく、面白かったです。

・うわー。ホントに騙されたー(´-д-)-3
久し振りにキアヌの映画観ましたが、ハマってました。

・感想川柳「裁判は 舞台のように 演じるもの」
レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)
弁護士の父親を息子が刺殺したという事件の裁判で、家族の顧問弁護士のラムゼイは証拠も揃っていてほぼ有罪の息子の弁護をする…というお話。

・TSUTAYAでパッケージ借りでしたが、結構面白かった!
キアヌの演技がビミョーに一本調子で感情移入しにくかったり、人の嘘が見抜ける美形の黒人弁護士の折角の能力が中途半端だったりと残念な点は多々有りますが…テンポ良く進んでいくのでそこそこ楽しめます^^;
ラストも大ドンデン返しではありませんが良いと思います^ ^

・映画館)2016年10本目の鑑賞。(TOHOシネマズシャンテにて。) キアヌリーブス主演の法廷を舞台にしたサスペンス。久しぶりにこざっぱりとしたキアヌが見られる。キアヌリーブスのイメージは、やっぱりこうあって欲しいなと思う。ただ映画の結末はすっきりした終わり方ではない。そういう意味で評価は「普通」。感想はこんなところです。

・法廷のタブーが破られるほどスゴい結末ではない.
証人の嘘の羅列の後でっかい嘘でおぉ(゚д゚)!ってなる程度.
でも過度の期待さえしなければ,
テンポもいいし,キアヌはかっこいいし,
ジム・ベルーシはいい味だしてるから,普通に楽しめる.

・キアヌ・リーブスが普通の人間の役を演るようなので、観たかったのです。そういう意味で満足でした。今まで観た映画は、ヒーローか宇宙人かエクソシストか、あまり人間的では無い役を演じていたので。この映画では彼は超人ではありません。でもキアヌの今までのキャリアやイメージがあってこその映画でした。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

『砂上の法廷』映画予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  2. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  3. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  4. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  5. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  6. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  7. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る