映画『スキャンダル』

世界騒然!
全米最大TV局を揺るがした衝撃スキャンダルの全貌
映画『スキャンダル』

シャーリーズ・セロン×ニコール・キッドマン×マーゴット・ロビー豪華競演!
世界を震撼させた驚愕のスキャンダルの真実が今、暴かれる――。

映画『スキャンダル』

イントロダクション

実際に起きたスキャンダルを描いた本作、この事件を葬ってはならないと決意した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアカデミー賞受賞脚本家がシナリオを書き上げ、映画化が実現!早くもアメリカでは本年度アカデミー賞最有力の声があがり話題を呼んでいる。

売れっ子キャスターのメーガンには、アカデミー賞に輝いた『モンスター』を超える演技と絶賛されるシャーリーズ・セロン。本作ではプロデューサーにも志願。CEOを告発したベテランキャスターのグレッチェンには、アカデミー賞女優のニコール・キッドマン。さらに、メインキャスターの座を狙うケイラには、アカデミー賞にノミネートされた最旬女優のマーゴット・ロビー。「全米が2度見した」と話題となったその驚異の再現度を実現させたのは、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞した辻一弘(Kazu Hiro)氏。

今のハリウッドを背負う3大女優が、それぞれ立場も年代も違う女たちの、華麗なる戦いと逆転劇を鮮やかに体現した、本年度必見の傑作が2月21日より遂に日本公開!!

あらすじ・ストーリー

密やかな爆弾は、彼女の「告白」で着火した――

2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った!

映画『スキャンダル』クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められる同社CEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。

映画『スキャンダル』一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーに直談判するための機会を得て――。

映画『スキャンダル』

予告動画

2月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

映画『スキャンダル』作品情報

映画『スキャンダル』

■タイトル:
スキャンダル(原題:BOMBSHELL)

■監督:
ジェイ・ローチ 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
■脚本:
チャールズ・ランドルフ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アカデミー賞脚色賞受賞)
■出演:
シャーリーズ・セロン 『モンスター』(アカデミー賞主演女優賞受賞)
ニコール・キッドマン 『めぐりあう時間たち』(アカデミー賞主演女優賞受賞)
マーゴット・ロビー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(アカデミー賞主演女優賞ノミネート)
ジョン・リスゴー 『愛と追憶の日々』(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)
配給:ギャガ
©Lions Gate Entertainment Inc.

公式HP:https://gaga.ne.jp/scandal/

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


SNSでも多数の大満足口コミ!

週末動員ランキング堂々第1位!

映画「一度死んでみた」
オリジナル・サウンドトラック

注目映画

  1. 画像,ひとくず
    ■イントロダクション 映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげてい…
  2. 画像,もみの家
    ■イントロダクション 本作は、昨年ブルーリボン賞、報知映画賞などで新人賞を多数受賞した注目の若手実…
  3. ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
    映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』 希望で魂を満たす奇跡の感動! 息を吞む…
  4. 画像,いざなぎ暮れた。
    ■イントロダクション 2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で上映するため製作された…
  5. 画像,一度死んでみた
    ■ストーリー 父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。売れない…
  6. 画像,攻殻機動隊
    2020年4月全世界独占配信! 新たな「攻殻機動隊」 シリーズ始動! Netflixオリジナル…
  7. 映画『ジュディ 虹の彼方に』JUDY
    伝説のミュージカル女優・ジュディ・ガーランド、最後の奇跡! レネー・ゼルウィガー主演で贈る感動の実…

Facebook

ページ上部へ戻る