映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』 4/5 (1)

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

【作品紹介】
ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。

一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。

■ 予告編



■ 原題・英題
MISS PEREGRINE’S HOME FOR PECULIAR CHILDREN

【スタッフ】
監督:ティム・バートン

【キャスト】
エヴァ・グリーン
エイサ・バターフィールド
サミュエル・L.ジャクソン
エラ・パーネル
ジュディ・デンチ
テレンス・スタンプ

■ コピーライト
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

■ 公開日
2017年2月3日

■ 公開情報
2017年2月3日(金) TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー






※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・原作を読んでから。映画は原作に忠実かと思ったけれど、少しずつ変わっていき、話も最終的には原作に着地したけれど、映画的な演出はまあ、仕方が無いのかな? 特殊能力を持つ子どもたちが戦うのは、面白いけれど、無理があると思う。映像は美しかったし、こっちの終わり方のほうがハッピーエンドでジェイクの成長がわかるけれど、個人的には旅立つ感じの原作の方が好み。

・原作の大筋をなぞっていますが、全然違うお話でした。これはアナザーストーリーとして見ることができれば面白いのかも。終始その違いを驚いているうちに映画が終了…えー!という感想しか出ませんでした。ティム・バートンがちらっと出演しているセンテンスあたりは楽しいです。

・微妙な邦題!?にイマイチ手が伸びなかったのですが、お勧めコーナーにあったので何となくレンタル鑑賞です(・_・)
奇妙な子供達!が物凄く生き生きとしていて可愛過ぎます!一人一人に結構感情移入してしまいます^^;
そしてエヴァ・グリーンの目力は相変わらずで、作品をグッと引き締めています(^.^)
時間軸や場所が結構変わりますが、混乱することなくストーリにのめり込めました!

・ティムバートン作品ってダークファンタジーな世界観な割に物語が平坦でいまいち。しかも世界観が暗すぎて嫌な気持ちになることが多くてあんまり好きじゃなかったんだけど期待せずに見たせいかとても面白かった。

・ペレグリンさん途中から全然出ませんね。
カッコよく成長したエイサ君が主役でした。
ヒロインはどんどん可愛く見えました。そして『サカサマのパテマ』を思い出しました。
最後は時と場所を超えた愛。最近特にこの手のラブストーリー多かったですが、本作でこの要素があるとは予想外で単純によかったです。

・ティム・バートンは変わったかと聞かれると、変わってないような、いや相当に変わったような、むしろ初期作品にもどったような・・・とぐるぐる思考の回る作品でした。最後のエピソードいいな。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  2. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  3. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  4. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  5. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  6. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  7. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る