内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』
※この映画はまだ評価がありません。

あなたの子どもが人を殺したらどうしますか?
映画『許された子どもたち』

少年犯罪を映画化

1993年に山形県で発生した男子中学生の死亡事件である「山形マット死事件」や、2015年に神奈川県川崎市で中1の少年が殺害された「川崎市中 1 男子生徒殺害事件」など実際に起きた複数の少年事件に着想を得たオリジナル映画『許された子どもたち』。

『先生を流産させる会』『ライチ☆光クラブ』『ミスミソウ』など、その衝撃的な内容により作品が発表されるたび物議を醸す監督・内藤瑛亮が8年の歳月をかけて構想し、自主映画として完成させなくてはならなかった問題作。

内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』

内藤監督は衝撃的な内容の作品を制作するにあたり、10代の出演者を対象にワークショップを開催し、少年犯罪や贖罪の在り様について共に考えを巡らせた。撮影は2017年の夏から冬、そして2018年春と長期間実施。季節による風景の変化や役者の成長を取り込み、作品に豊かな広がりを加えていった。

いじめや少年事件という社会問題を通じて、現代に蔓延する生きづらさを鋭く切り取った本作は、観る者の価値観や倫理観を激しく揺さぶるに違いない。

加害者家族の視点

「あなたの子どもが人を殺したら、どうしますか?」キャッチコピーとなるこの言葉は、オーディションの参加者に内藤監督が投げかけ た質問。参加者の多くは困惑した反応を示したという。

内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』

つまり、自分の子どもが「被害者」になることを想像していても、「加害者」になることは想像していなかったのだ。いじめに関する事件を目にしたときに、自分の子どもがいじめられる不安を覚えたり、かつて自分がいじめられた経験を想起したり、多くの方は被害者の視点で受け止めていく。

しかし、いじめは一人に対して大人数が起こす事象なので、自分の子どもが「加害者」になる可能性の方が高いという。あるいは、自分自身はいじめと認識していなくても、かつて誰かをいじめていた可能性もある。

人間とは「被害者」になってしまうのではないかと不安を抱えながら、一方で「加害者」になる可能性について避けてしまうのである。本作はそんな矛盾を描いた受け入れ難い作品なのだ。

映画『許された子どもたち』あらすじ・ストーリー

中学一年生で不良少年グループのリーダー市川絆星(いちかわ・き ら)は、同級生の倉持樹(くらもち・いつき)を日常的にいじめていた。いじめはエスカレ ートしていき、絆星は樹を殺してしまう。

内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』

警察に犯行を自供する絆星だったが、息子の 無罪を信じる母親の真理(まり)の説得によって否認に転じる。そして少年審判は無罪 に相当する「不処分」を決定する。絆星は自由を得るが、決定に対し世間から激しい バッシングが巻き起こる。

そんな中、樹の家族は民事訴訟により、絆星ら不良少年グ ループの罪を問うことを決意する。

映画『許された子どもたち』予告動画

キャスト

上村 侑
黒岩よし
名倉雪乃
阿部匠晟
池田朱那
大嶋康太
清水 凌
住川龍珠
津田 茜
西川ゆず
野呈安見
春名柊夜
日野友和
美輪ひまり
茂木拓也
矢口凜華
山崎汐南
地曵 豪
門田麻衣子
三原哲郎
相馬絵美

監督・スタッフ

監督:内藤瑛亮
プロデューサー:内藤瑛亮、田坂公章、牛山拓二
脚本:内藤瑛亮、山形哲生

撮影監督:伊集守忠
照明:加藤大輝
山口峰寛
録音・整音:根本飛鳥
録音:小牧将人、南川 淳、黄 永昌、川口陽一
編集:冨永圭祐、内藤瑛亮
音楽:有田尚史
サウンドデザイン:浜田洋輔、劉 逸筠
助監督:中村洋介
制作:泉田圭舗、佐野真規、山形哲生

配給:SPACE SHOWER FILMS

公開情報

2020年6月1日(月)よりユーロスペース他にて全国順次公開

公式サイト
http://www.yurusaretakodomotachi.com/

©2020「許された子どもたち」製作委員会

※映画ログ非会員専用

友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
1 コメント者数
クリスタル 最近のコメント
新しい順 古い順
クリスタル
クリスタル

内藤瑛亮監督

少年吉良は、他の少年と一緒になって割りばしボウガンで遊んでいて同級生の首に割りばしを突き立てて殺してしまう。楽しく遊んでればよかったと思った。

警察が家に来て親をどけて殺したのかどうなのかを少年に聞いて詰め寄ったのには普通の刑事ドラマの取り調べと変わらないと感じた。少年相手に随分きついなと感じた。母親は、つらかったそれがよく分かった。胸が張り裂けそうな思いだっただろう。
少年の心の揺らめきを音楽で精一杯表していた。
罪は、罪として裁かれなければいけないと思った。少年法が甘いとも感じた。日本の法律は未成年を守ることを大切に思っているのだろう。

少年についた女性弁護士は、優しくて強いなと思った。
証拠不十分で無罪になっても被害者は知っている。加害者は、忘れている。辛いことだがやはり罪を犯した者は一生抱えていくことになる。少年たちが許されるのなら、私たちは、学校の道徳を学ぶ意味がないと感じた。

被害者の家に謝りに行っても被害者は、戻ってこないと思った。被害者の父親と母親は、つらかっただろう。
少年は、犯罪じゃなくて親孝行をすればよかったと思う。
いくつになっても親を悲しませることは、とんでもない悪いことだと思う。
少年は、もっと精神的に強ければよかったと感じた。そうすればこんな事件が起きなかっただろうと感じた。

名前を変えても罪は、消えないと思った。
一番つらいのは、父親であり母親である。それを忘れてはいけないのだと思った。

7/2まで川崎チネチッタで映画「許された子供たち」を上映しています。

1+

注目映画

  1. 宇宙でいちばんあかるい屋根,画像
    懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語 一番短くて大切だった夏― 映画『宇宙でいちばん…
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. スペシャルズ
    『最強のふたり』の監督が贈る〈最強を超えた〉実話に基づく感動作! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設…
  4. 事故物件,画像
    「恐すぎて部屋に入れない」読者が続出した ある芸人の実話を中田秀夫監督が衝撃の映画化 映画『事故…
  5. 僕の名はパリエルム・ペルマール,PARIYERUM PERUMAL
    ダリット(不可触民)出身監督が描く インド社会の暗部に迫る社会派ドラマ! 9月11日(金)よりキ…
  6. カウントダウン,画像
    残りの寿命がわかる。信じるか信じないかはアナタ次第! カウント0を見届けた者はいない、世界一正確な…
  7. 画像,Daughters, 三吉彩花, 大塚寧々, 大方斐紗子, 津田肇, 阿部純子, 鶴見辰吾, 黒谷友香
    同じ速度で歩んでいくと思っていた友人同士。 ひとりの妊娠によって訪れる、ふたりの人生の変化を、『一…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る