映画『ロープ/戦場の生命線』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品
2016年ゴヤ賞 最優秀脚色賞受賞作品

【作品紹介】
1995年、内戦終結直後の旧ユーゴスラビア。ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際NGO“国境なき水と衛生管理団”は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。職員たちは、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯を、1本のロープを求めてさまようなか、内戦の悲劇と癒えることのないその深い傷跡を思い知らされることになる…。

いまも世界各地で続く内戦や紛争、そして巨大な自然災害。そうした地域で困難に陥り、命の危機にさらされながら援助を求めている多くの人々。国連はじめ、動きの鈍い巨大組織が手をこまねく中、いち早く現地に向かい、自らの危険を顧みず援助活動を続ける国際NGO(非営利組織)の活動家たち。これは、人々の“命”を守るために武器を持たずに戦う、知られざる真の英雄たちの愛と勇気の日常を、『トラフィック』『チェ 28歳の革命』『ボーダーライン』のベニチオ・デル・トロ。

『ショーシャンクの空に』『ミスティック・リバー』『グリーン・ランタン』のティム・ロビンス、『オブリビオン』のオルガ・キュリレンコと『ゼロの未来』のメラニー・ティエリーといった国際的な演技派オールスター・キャストで描いた感動のヒューマン・ドラマ。伝説の反戦ソング「花はどこへ行った」(マレーネ・ディートリヒ歌唱バージョン)が効果的に使われ、カンヌ国際映画祭での公式上映では、上映後10分間に及ぶスタンディング・オベーションとともに絶賛で迎えられた傑作です。

■ 予告編



■ 監督
フェルナンド・レオン・デ・アラノア

■ 出演
ベニチオ・デル・トロ
ティム・ロビンス
オルガ・キュリレンコ

原題:A PERFECT DAY/2015年/スペイン/カラー/英語・セルビア語・スペイン語・フランス語・ボスニア語

■ 上映場所
シネマスコープ

■ 上映時間
106分

■ 公式ホームページ
rope-movie.com

提供:レスペ、中央映画貿易
配給:レスペ

■ コピーライト
© 2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCIÓN S.L.U.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  2. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  3. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  4. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…
  5. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  6. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  7. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る