映画『テイクオーバーゾーン』
※この映画はまだ評価がありません。

古都・奈良を舞台に、ひたすらに走り続けた沙里の日々!
ラスト2分22秒のワンカットクライマックスは必見!

映画『テイクオーバーゾーン』は、昨年の第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品された作品。監督はドラマ『山本周五郎人情時代劇』、映画『ヴァンパイアナイト』の山嵜晋平。山嵜監督が自身の出身地である古都・奈良を舞台に、ひたすらに走り続けた主人公の14歳沙里の日々をまるでドキュメンタリーを見せるかのように冴えた演出で追った。

新人・吉名莉瑠は東京国際映画祭・東京ジェムストーン賞を受賞!

主人公の沙里役にはオーディションで選ばれた新人・吉名莉瑠(よしなりる)。両親の離婚と大好きな弟との離別を経て、日々縺れていく少女の傷心を演じきった。本作で見事に東京国際映画祭・東京ジェムストーン賞を受賞。伊藤沙莉や佐久間由衣ら様々な作品で活躍している先輩女優と並んでの受賞は、本作の彼女の演技に対する驚きと賞賛の証。

テイクオーバーゾーン 第32回東京国際映画祭 吉名莉瑠

第32回東京国際映画祭クロージングセレモニーにて

沙里と同じ陸上部の部長・雪菜役に映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』の糸瀬七葉。沙里のボーイフレンド光星役にドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日テレ)の森山瑛。

さらに沙里の父親を映画『ローリング』の川瀬陽太、母親を映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』の内田慈、雪菜の父親をドラマ「水戸黄門」(TBS)の合田雅吏が演じ、今からのフレッシュな俳優たちの熱演をベテラン俳優が本作の骨組みを支えた。

あらすじ・ストーリー

離婚し弟を連れて暮らす母親の再婚相手はなんと同級生だった…

沙里が11歳のとき、両親は離婚し、母親は大好きな弟を連れて出て行った。それから3年。だらしのない父親と部費も払えないギリギリの生活を送るなか、陸上部エースながらも傍若無人に過ごしていた沙里は、久々にスーパーで弟と再会する。

映画『テイクオーバーゾーン』

しかし傍にいたのは沙里の母親と、沙里とは水と油のような関係の陸上部部長・雪菜……。

かたまる沙里に母は告げる。
「あの人から聞いてないの?再婚の話。雪菜ちゃんのお父さんと、って……」

映画『テイクオーバーゾーン』

行き場の失った少女はどこへ向かうのか、逃げ続けた少女の行方は……。

映画『テイクオーバーゾーン』

全てに牙剥く日々から新たに走り出すラスト 2 分 22 秒のワンカットは絶対にスクリーンで観るべき名シーン!

予告動画

出演キャスト

吉名 莉瑠 糸瀬 七葉 森山 瑛
合田 雅吏 / 川瀬陽太 / 内田 慈

スタッフ

脚本:岩島朋未 監督・編集:山嵜晋平

【関連記事】映画『テイクオーバーゾーン』内田慈さん&山嵜晋平監督【インタビュー】

上映時間:90分
宣伝・配給・制作プロダクション:キャンター
製作:ドラマデザイン社
©︎ドラマデザイン社

公式HP:https://toz-movie.com/

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  2. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  3. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  4. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  5. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  6. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  7. 決戦は日曜日
    事なかれ主義の議員秘書と政界に無知な熱意空回り候補者が 日本を変えるため、選挙落選を目指す!? 新…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る