『ポルトガル、夏の終わり』
メディフィット定期の商品概要はこちら
4 1件

イザベル・ユペール主演で贈る、儚くも美しい人生の物語
映画『ポルトガル、夏の終わり』

映画史に残る、繊細で美しい結末に胸が震える――

第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された映画『ポルトガル、夏の終わり』(原題:FRANKIE)は、アイラ・サックス監督の『人生は小説よりも奇なり』(14)に惚れ込んだ本作主演のイザベル・ユペールがラブコールを送り、それを受けた監督がユペールのために書き下ろした作品。

『ポルトガル、夏の終わり』

脇を固めたのは、ブレンダン・グリーソン、マリサ・トメイ、ジェレミー・レニエ、グレッグ・キニアら豪華実力派俳優陣。彼らが演じる、フランキーのワケありな親族や友人が繰り広げるドラマも見どころの一つだ。

群像劇かのように見えていた物語の断片が、次第にパズルのように組み合わさり、やがて登場人物全員が初めて一堂に会して迎えるエンディング、私たちはその思わぬ感動に胸を打たれる。

あらすじ・ストーリー

女優フランキーは、夏の終わりのバケーションと称し、“この世のエデン”と呼ばれるポルトガルの世界遺産の町シントラに一族と親友を呼び寄せる。自らの死期を悟った彼女は、亡きあとも愛する者たちが問題なく暮らしていけるよう、すべての段取りを整えようとしたのだ。しかし、それぞれに問題を抱えた家族たちの選択は、次第にフランキーの思い描いていた筋書きから大きく外れていき―。

『ポルトガル、夏の終わり』

眼下に海を臨む神聖なペニーニャの山。夕刻に山頂に集まるようフランキーから言われていた家族や友人が、初めて一堂に会すると、燃えるような夕陽に照らされる、ユーラシア大陸の西の果ての広大な海を全員で眺めながら、やがてフランキーはあることに気付くが―。

『ポルトガル、夏の終わり』予告動画

イザベル・ユペール演じる美しき女優フランキーが、最後に目にしたものとは?そして、彼女は何を語ったのか?映画史の残る美しいエンディングを是非、スクリーンで目に焼き付けてほしい!

映画『ポルトガル、夏の終わり』は、8月14日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!

スタッフ・出演キャスト

監督・脚本:アイラ・サックス『人生は小説よりも奇なり』
出演:イザベル・ユペール『エル ELLE』、ブレンダン・グリーソン『ロンドン、人生はじめます』、マリサ・トメイ『人生は小説よりも奇なり』、ジェレミー・レニエ『2重螺旋の恋人』

(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA
(C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions

配給:ギャガ

原題:FRANKIE/2019/フランス・ポルトガル/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1chデジタル/100分/字幕翻訳:松岡葉子

『ポルトガル、夏の終わり』

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…
  2. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  3. 『家なき子 希望の歌声』画像
    3 度のアニメ化で愛されてきた児童⽂学の⾦字塔が感動の映画化︕ どんな困難にもまけず進み続ける少年…
  4. ホテルローヤル,画像
    孤独を抱える人々は 「非日常」を求め、扉を開く― 映画『ホテルローヤル』 原作は、2013年に…
  5. アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌、画像
    史上もっとも売れたクリスチャン・ソングが生まれた理由、その感動の実話がいま明かされる 亡き父への想…
  6. アンダードッグ,画像
    「全裸監督」の武正晴監督が、『百円の恋』製作チームと 再びタッグを組んだ新たな感動の物語! 映画…
  7. 水上のフライト,画像
    ”実話”から着想を得た感動の物語 映画『水上のフライト』 11/13より公開する『水上のフライト…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る