画像,シリアにて
メディフィット定期の商品概要はこちら
※この映画はまだ評価がありません。

2003年イラク開戦前夜、英米政府を揺るがせた衝撃の実話。
国家権力に立ち向かった英国女性諜報職員を 描いたポリティカル・サスペンス。

イントロダクション

2001 年 9 月 11 日、同時多発テロ事件が発生して以降、米国政 府はテロへの報復感情からフセイン大統領が大量破壊兵器を開発していると喧伝し、イラク戦争開戦に向けあらゆる手段を講じていた。米国と共同歩調を取る英国の諜報機関GCHQ(政府通信本部)で働くキャサリン・ガンはある日、米国の諜 報機関NSA(国家安全保障局)から、驚くべきメールを受け取る。イラク攻撃の支持を拡大するため国連安全保障理事会のメンバーを盗聴するよう求めるメールだった。キャサリンは大量破壊兵器の根拠も見つからないなかで、イ ラクを攻撃するための違法な工作活動に強い憤りを感じ、そのメールをマスコミにリークする。しかし、彼女の危険な賭けも虚しく、イラク戦争は開戦し、キャサリンは公務秘密法違反で起訴された。 ところが裁判の土壇場で、検察側は突然、キャサリンの起訴状を取り下げた。検察当局はなぜ起訴状を取り下げざるを得 なかったのか。そして、政府職員のキャサリンをリークに突き動かした感情は何だったのか?

画像,シリアにて「政府は変わる。私は国民に仕えている」政府職員だったキャサリンの言葉だ。政府はしばしば主張を変える。そんな国家権力に忖度するのが政府職員の職務なのか。本来、政府職員は国民の公僕であるべきではないのか。 メールのコピーを受け取った英国オブザーバー紙の記者。記事化することによって政府からあらゆる圧力を受けるのは必至だった。 キャサリンを弁護する人権法律事務所・リバティの弁護士。 不法な戦争という権力の誤った選択は許されるものではないと、政府内の取材に臨んでいた。 彼らは皆、根拠なき不法な戦争で多くの犠牲者を生み出す事 態を防ぎたいという自らの正義に従って戦った。同じ状況に 置かれた時、私たちは彼らと同じように行動できるだろうか。 ひとりの女性の告発が多くの勇気と行動を生み出した現象は、いまなお現代社会への警鐘となり続ける。

画像,シリアにて後にキャサリン・ガン事件として大きな政治問題となった実話を、ギャヴィン・フッド監督は、社会に置かれたそれぞれの立場から人間の本質を突き、心理描写はサスペンスタッチで心揺さぶる作品に仕上げた。時系列に組み立てたストーリーに、緊迫感と 高揚感を与えたギャヴィン・フッド監督の手腕。 キャサリン・ガンの勇気と誠実さを熱演した キーラ・ナイトレイ。キャサリン・ガンの記事を映画化するプロジェクトがギャヴィン・フッド監督の目に留まり、彼はこの物語に夢中になった。 『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(15)で、すでに、この手の作品には定評があるが、裁判まで年月を積み 上げたのに、結局裁判にはならなかった話をどうすればドラ マチックに伝えることができるのか、心を砕いた。この問題 に関わった人々へのリサーチを重ねることで、重要な事実を正確に語ることに執着した。 ユニークなキャラクターを再現するために、キャスティング作業も難航した。最初に出演が決まったキャサリン・ガン役 のキーラ・ナイトレイ。この事件当時 17 歳であった彼女は キャサリン・ガンを知らなかった。しかし、今までにない役どころに興味を持ち演じきった。表に出すべき真実であると、 彼女を突き動かしたのだ。また弁護士役の名優レイフ・ファインズも同じような動機から出演を快諾する。 本作にはイラク開戦当時のブッシュ大統領やブレア首相の ニュース映像もふんだんに使われている。政治家 1 人 1 人の発言が、まさに人々の生命に関わるという歴史の検証でもある映画だ。

画像,シリアにて

画像,シリアにて

『オフィシャル・シークレット』予告動画

あらすじ・ストーリー

2003 年のイラク戦争前。英米両政府は武力行使に向けた準備に入っていた。英国の諜報機関 GCHQ(政府通信本部)で働くキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)はある日、米 国の諜報機関 NSA(国家安全保障局)から送られたメールを 見て愕然とする。英米がイラク侵攻を強行するため、国連安全保障理事会のメンバーに対するスパイ活動を指示するものだった。その内容に憤りを感じたキャサリンは、元同僚の友人を訪ね、マスコミにリークしたいと相談する。

画像,シリアにて2 週間後、メールの内容が英国「オブザーバー」紙の一面を飾った。マーティン・ブライト記者(マット・スミス)の勇 気ある告発記事だった。

画像,シリアにて英国の諜報機関 GCHQ では、リークした犯人探しが始まり、職員一人一人への執拗な取り調べが繰り返された。キャサリンは、自分の仕事仲間にまで尋問が及ぶ状況に耐えきれず、 自ら「リークしたのは自分だ」と名乗り出る。 しかし、キャサリンの告発も虚しく、イラク侵攻は開始され、 キャサリンは起訴される。 キャサリンを救おうと人権派弁護士ベン・エマーソン(レイ フ・ファインズ)らが立ち上がった。政府内の取材をするな かで、キャサリンの無実を確信していくが、相手は政府、簡単に勝てる相手ではない。

画像,シリアにて2004 年 2 月 25 日、裁判が始まった。果たして、キャサリン は有罪か、それとも無罪か。しかし、驚きの結末が待っていた。

画像,シリアにて

画像,シリアにて

映画『オフィシャル・シークレット』作品情報

公式サイト:http://officialsecret-movie.com/
キャスト:
キーラ・ナイトレイ,マット・スミス,マシュー・グード,リス・エヴァンス,アダム・バクリ,レイフ・ファインズ,コンリース・ヒル,インディラ・ヴァルマ,ジェレミー・ノーサム,ジョン・ヘファーナン,マイアンナ・バーリング,ハティ・モラハン,キャサリン・ガン,マーティン・ブライト,ピーター・ボーモント,エド・ブリアミー,ヤシャル・ガン,ベン・エマーソン,ロジャー・アルトン,シャミ・チャクラバティ,ケン・マクドナルド,ジェームス・ウェルチ,ジャスミン,イボンヌ・リドリー
スタッフ:
監督:ギャヴィン・フッド 脚本:サラ・バースタイン、グレゴリー・バーンスタイン ギャヴィン・フッド 製作:ゲド・ドハティ、エリザベス・フォウラー、メリッサ・シュ・ツオ 製作総指揮:マーク・ゴードン、マット・ジャクソン、サラ・スミス ギャヴィン・フッド 、クロ―ディア・ブリュームフーバー アン・シーアン、ヒューゴ・ヘッペル 撮影:フロリアン・ホーフマイスター
編集:ミーガン・ギル
音楽:ポール・ヘプカー、マーク・キリアン プロダクションデザイン:サイモン・ロジャース キャスティング:ケイト・ダウド

配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
© 2013 Free Range Films Limited/ The British Film Institute / Curzon Film Rights 2 and Channel Four
© Official Secrets Holdings, LLC
© 2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALLRIGHTS RESERVED

8月28日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

 

※映画ログ非会員専用

友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
1 コメント者数
yuji 最近のコメント
新しい順 古い順
yuji
yuji

 8月31日。京都シネマで『オフィシャル・シークレット』を鑑賞。初めて知った英国の「キャサリン・ガン事件」を映画化した作品だ。

 2003年の初め。「大量破壊兵器の存在」「アルカイダとの関係」等を理由に米国のブッシュ大統領がイラク侵略戦争を始めようとしていた頃。
 英国の情報機関GCHQに勤務するキャサリン・ガンが極秘メールを(印刷して)持ち出し報道機関にリークした事件だ。彼女は、米・英が国連安保理でイラク軍事制裁の決議を可決するために非常任理事国代表の通信を不正に傍受しようとした事を告発した。

 キャサリン・ガンは1974年イギリス生まれ。 台湾で育ち、日本への留学経験がある。広島で英語を教え原爆についても学んだ。GCHQ「英政府通信本部」の新聞広告を見て応募・採用され、翻訳分析官の勤務について2年目。

 母国が「大義なき戦争」に加担しようとすることに疑問を抱いたキャサリン。職場の上司から回されてきた米国NSA(国家安全保障局)からのメール。母国が国連で不当な工作に協力することを知り、戦争を止めたい一心でリークを決意。

 リークが明らかになれば「公務秘密法」違反で逮捕されること、クルド系トルコ人のムスリムで難民申請を却下され続けている夫もいた。

 2週間後、ついに英国の日曜紙オブザーバーが報道。すぐにGCHQ内で犯人探しが始まる。職員一人一人が執拗に取り調べられる。キャサリンは自分の行為が同僚に与えた苦痛に耐えきれず、自ら名乗り出て逮捕される。

 この映画で感じたことをいくつか挙げる。
①「私は政府ではなく国民に仕えている」というキャサリンの言葉。「僕の雇い主は国民です」という故・赤木俊夫さん(「森友」公文書改ざんを命じられ、後に自死した近畿財務局職員)と同じだ。
 国民の利益のため公務員が職務上知りえた秘密を守ることは当然。しかし秘密裏に行われる自治体や政府の不正は、職務上知りえた者にしか不正を暴き告発することができない。だから告発は国民に対しての義務だとも思う。だが法律による処罰や個人的な不利益を覚悟して、自分の良心に忠実に行動できるかどうか。

②法律(「公務秘密法」)には「他人への公務秘密法に反する行為の要求、扇動、ほう助、教唆、またはあらゆる予備行為についても同刑」とあるそうだ。罪に問われるのはリークした本人だけではない。その情報をもとに記事を書こうとする記者、逮捕された告発者を弁護する弁護士がその情報を聞くこと自体が罪になるという仕組み。強行採決され2014年に施行された日本の「秘密保護法」も同じ仕組みを持つだろう。恐ろしいことである。

③もう一つ。英国では法務長官が「やってもよい戦争」か「やってはいけない戦争」かを判断する仕組みがあるようだ。映画でも被告人弁護のポイントになっていた。
 英国も米国も戦争をやり続けている国家(かつては日本もそうだったが)。この時は安保理決議を得られないまま(イラクの大量破壊兵器による攻撃の危険回避のための)「先制的自衛権の行使」という理屈で「やってもよい戦争」と判断された。恐ろしい国である。
 しかし今まさにわが母国でも「敵基地攻撃論」として「先制的自衛権の行使」が可能であるかのような世論誘導が始まろうとしている。「憲法9条」を持つわが母国で。恐ろしい政権である。

④米国の武力行使を積極支持して参戦した英国ブレア政権では閣僚が相次いで辞任を表明し政府の方針に反対した。
 また2016年、英国政府の独立調査委員会は7年間の調査に基づき報告を行った。「2003年3月の時点では、フセイン大統領からの『切迫した脅威』はなく、国連安保理の大多数が支持した封じ込め政策の継続は可能だった」「政府が得ていた機密情報は武力行使の正当な根拠となるには不十分で、外交手段を尽くしていなかった」。
 一方日本政府は開戦前、米英が通信傍受しようとした(態度不明確の)6つの非常任理事国に、理事国でもないのに決議賛成の根回しを行っていた。
 開戦後すぐに小泉純一郎首相が「アメリカの武力行使を理解し、支持いたします」と記者会見で表明。2003年12月~2009年2月まで陸・海・空自衛隊をイラクに派兵した。
 国際法上許されない侵略戦争だったイラク戦争に対して、日本政府は英国のような検討を行うこともなく、国会で問われても「当時の日本政府の判断は、今日振り返っても妥当性を失うものではなく、政府として改めて当該判断について検証を行う考えはない」としか答えていない。

1+

注目映画

  1. ホテルローヤル,画像
    孤独を抱える人々は 「非日常」を求め、扉を開く― 映画『ホテルローヤル』 原作は、2013年に…
  2. 彼女はひとり,画像
    彼女の孤独が復習を始める 映画『彼女はひとり』 『そのまま死んじゃえばよかったのに』 本作品は…
  3. 今最も旬な俳優・藤原季節主演✖業界大注目の新鋭・内山拓也監督による20年代の青春映画 誰の心の中に…
  4. PLAY 25年分のラストシーン,画像
    過ぎた日の輝きと影。 今一度、自分の人生を「再生」する。 膨大な映像からやっと見つけた 〈本当…
  5. 『家なき子 希望の歌声』画像
    3 度のアニメ化で愛されてきた児童⽂学の⾦字塔が感動の映画化︕ どんな困難にもまけず進み続ける少年…
  6. アンダードッグ,画像
    「全裸監督」の武正晴監督が、『百円の恋』製作チームと 再びタッグを組んだ新たな感動の物語! 映画…
  7. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る