ザ。デクライン、画像
※この映画はまだ評価がありません。

LAパンクの猛者ともいえるバンドたちの暴力と堕落と怒り渦巻くライヴを映像におさめた唯一無二の作品
UNDERDOCS(アンダードックス)
映画『ザ・デクライン』

商業主義の真逆を突き進む、大裏街道映画フェスティバル
地下にうごめくロック・ドキュメンタリー映画の新作/旧作を連続上映
メジャーで大衆的な音楽映画が劇場で注目を集める中、シネマート新宿が放つ真逆の新企画、まだ日本で紹介されていない新作、長年上映されていない旧作など、地下にうごめく数々の<アンダーグラウンドなロック・ドキュメンタリー映画>にスポットライトをあてる期間限定の特集上映、UNDERDOCS(アンダードックス)の開催初日が9月11日(金)に決定、さらに上映される各作品の上映日程が解禁となった。
また、地下ロック・ドキュメンタリー映画祭にもかかわらず、ロックであり、アンダーグラウンド感満載であることから、堕落と破滅のアメリカン・パンク、ジャームス、ドラマー自然発火、英国の誇りスパイナル・タップ、フィンランドから直腸陥没、インペイルド・レクタム の 3 バンドを描く劇映画『ジャームス/狂気の秘密』、『スパイナル・タップ』、『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』の3作品もアンダードックスに参戦決定!UNDERDOCS では、これで全25作品を上映することとなる。
※入場料については、たくさんの作品をご鑑賞いただきたく、“リピーター割引”を実施!UNDERDOCS で上映の作品の半券提示で UNDERDOCS の他作品が当日 1,500 円でご鑑賞いただけます!!(※当日一般 1,900 円の処)
※各作品のスケジュールは下記公式HPにてご確認ください。

あらすじ・ストーリー

ロンドン、ニューヨークで先行していたパンクロックの波が70年代末、カリフォルニアに到達、以後全米の地下世界に爆発的に吹き荒れたアメリカン・ハードコア/パンクのムーブメントの発火点となったロサンゼルスの、その瞬間を切り取った衝撃の記録。監督のペネロープ・スフィーリスは何かが弾けようとしていた異様な現場を活写した。アメリカン・ハードコアの巨人BLACK FLAGが怪物と化す前の様子、破滅と退廃の象徴GERMSのダービー・クラッシュが自殺を図る直前(1980年12月7日、自殺)の姿。若者たちはメインストリームに中指を立て、警察を憎み、趣くままの服装とヘアスタイルで、異質・異端であることを恐れず、マイノリティであることを自覚しながら、おさまりきらない孤独とストレスとアグレッションをライヴで発散させ、ロックスターはくだらないと蔑視する。LAパンクの猛者ともいえるバンドたちの暴力と堕落と怒り渦巻くライヴを映像におさめた唯一無二の作品。
ザ。デクライン、画像

『ザ・デクライン』予告動画

公式HP

underdocs.jp

キャスト

BLACK FLAG、GERMS、FEAR、ALICE BAG BAND、CATHOLIC DISCIPLINE、CIRCLE JERKS、X

映画『ザ・デクライン』作品情報

製作・監督:ペネロープ・スフィーリス
1981年|アメリカ映画|100分|原題:THE DECLINE OF WESTERN CIVILIZATION
© 1981 Spheeris Films Inc. All Rights Reserved.

2020年9月11日(金)よりUNDERDOCS(アンダードックス)開催!!
UNDERDOCS,画像

 

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…
  4. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…
  5. 星の子、画像
    芦田愛菜、6年ぶりの実写映画主演! 『日日是好日』の監督・スタッフがこの秋に贈る、圧倒的な感動作 …

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る