映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

【イントロダクション】
『空の境界』『魔法少女まどか☆マギカ』『Fate/stay night』などの人気アニメや、NHK総合テレビ「みんなのうた」、NHK歴史情報番組『歴史秘話ヒストリア』にも主題歌として楽曲が起用され、幅広い世代の多くのファンを魅了し続ける3人組ヴォーカルユニットKalafina(カラフィナ)。デビュー10周年という節目に初ドキュメンタリー映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』が、2018年3月30日(金)より2週間限定公開。

映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【作品紹介】
澄んだ高音域を担当するWakana、低音でコーラスワークのボトムを支える役割を担うKeiko、広い音域を持ち、高音域から中音域を担当するHikaru。日本屈指の実力派3人から成るヴォーカルユニットKalafina。2017年、世界遺産である日光東照宮や奈良興福寺で行ったライブ、全国12都市15公演をアコースティック形式で巡る秋冬ツアーなど2017年の精力的な活動を中心に2018年のデビュー10周年に行う日本武道館(2018年1月23日)記念ライブまでの約半年間に密着。本作はKalafinaの10年間の歩みを振り返りつつ、進むべき未来を描き出すドキュメンタリー作品です。

映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【舞台挨拶】
3月29日(木)にオープンとなる日比谷の新名所、都内最大級のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ 日比谷」にて、公開初日の3月30日(金)Kalafinaの舞台挨拶が決定いたしました!

※舞台挨拶は18:30の回上映前に行われる。
※チケットぴあでは2月28日11:00から3月11日23:59までチケットの先行抽選販売受付を実施する。

■ 予告編

監督:河東茂
製作:東宝、スペースクラフトプロデュース、ソニー・ミュージックレーベルズ
配給:東宝映像事業部

映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

■ 公開表記
2018年3月30日(金)~4月12日(木)2週間限定ロードショー

■ コピーライト
©2018「Kalafina 10th Anniversary Film」製作委員会

■ 公式サイト
http://www.spacecraft.co.jp/kalafina_10th_film/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を救…
  2. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  3. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  4. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  5. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  6. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  7. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る