セノーテ,画像
※この映画はまだ評価がありません。

泉は天上の世界とつながっている
映画『セノーテ』

『サタンタンゴ』『ニーチェの馬』で知られるタル・ベーラ監督が後進の育成のために設立した映画学校【film.factory】で3年間学び、タル・ベーラ監督監修のもと製作した『鉱 ARAGANE』が鮮烈な印象を残した小田香。
その最新作『セノーテ』が6月に新宿K’s cinemaにて劇場公開されることが決定。本作の公開に合わせて小田監督の過去作品・短編作品の上映も予定されている。
小田監督は、いまもこの地に住む人々にも取材し、集団的記憶や原風景を映像として立ち上げようと試みた。
セノーテ,画像
セノーテ,画像
小田監督はセノーテの水中撮影のため、自らダイビングを学んで8mmフィルムカメラ、iphoneなどを駆使し、これまで誰も見たことのない世界を写し取った。
セノーテ,画像
セノーテ,画像
セノーテ,画像
前作『鉱 ARAGANE』(2015年 タル・ベーラ監修)で、ボスニア・ヘルツェゴビナのブレザ炭鉱に赴き、坑夫たちを密着取材して、暗闇の中で行われる過酷な労働とその環境を、静謐な映像で記録し注目を集めた小田香待望の新作がいま、姿を現す。

あらすじ・ストーリー

メキシコ、ユカタン半島北部に点在する、セノーテと呼ばれる洞窟内の泉。かつてマヤ文明の時代、セノーテは唯一の水源であり雨乞いの儀式のために生け贄が捧げられた場所でもあった。現在もマヤにルーツを持つ人々がこの泉の近辺に暮らしている。
セノーテ,画像
現世と黄泉の世界を結ぶと信じられていたセノーテをめぐって交錯する、人々の過去と現在の記憶。そこに現地の人たちの語りで流れる「精霊の声」、「マヤ演劇のセリフテキスト」など、マヤの人たちにより伝えられてきた言葉の数々。
セノーテ,画像
カメラは水中と地上を浮遊し、光と闇の魅惑の映像に遠い記憶がこだまする。
セノーテ,画像

予告動画

公式HP

aragane-film.info/cenote

作品情報

監督・撮影・編集:小田香
小田香 プロフィール
2011年、ホリンズ大学(米国)教養学部映画コースを修了。卒業制作である中編作品『ノイズが言うには』が「なら国際映画祭2011」NARA-wave部門で観客賞を受賞。2013年、映画監督のタル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factory(3年間の映画制作博士課程)に第1期生として招聘(2016年、同プログラムを修了)。2014年度ポーラ美術振興財団在外研究員。2015年に完成させた『鉱 ARAGANE』(タル・ベーラ監修)が「山形国際ドキュメンタリー映画祭2015」アジア千波万波部門にて特別賞を受賞。

企画:愛知芸術文化センター、シネ・ヴェンダバル、フィールドレイン
制作:愛知美術館 エグゼクティブ・プロデューサー:越後谷卓司 プロデューサー:マルタ・エルナイズ・ピダル、ホルヘ・ホルヘ・ボラド、小田香 現場録音:アウグスト・カスティーリョ・アンコナ 整音:長崎隼人
ナレーション:アラセリ・デル・ロサリオ・チュリム・トゥム、フォアン・デ・ラ・ロサ・ミンバイ
日本、メキシコ/2019年/マヤ語、スペイン語/75分/デジタル/原題:TS’ONOT /英題:Cenote
配給・宣伝:スリーピン
©Oda Kaori

2020年6月、新宿K‘s cinemaにてロードショー、全国順次公開
セノーテ,画像

 

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. 画像,本気のしるし,森崎ウィン,土村芳
    その女、出会ったことが事故だった-- 深田晃司監督が描く、弱く不器用な男女の転落劇 映画『…
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. 画像,ウェン・ムーイエ(文牧野),ニン・ハオ(寧浩),シュー・ジェン(徐崢),ワン・チュエンジュン(王伝君),ジョウ・イーウェイ (周一囲),薬の神じゃない!,映画,中国,金馬奨,主演男優賞
    中国で500億円もの記録的大ヒットを記録! 金馬奨・主演男優賞等の映画賞を受賞! 映画『薬の神じ…
  6. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…
  7. 映画『アイヌモシリ』
    ―この世界を、生きる。生きていく 現代を生きる「アイヌ」を映し出した、新しい日本映画が誕生 近年…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る