生きちゃった
※この映画はまだ評価がありません。

石井裕也監督、渾身のオリジナル最新作にして原点回帰―
愛と衝動と魂だけで映画を作る

若くして日本映画界を牽引する石井裕也監督の待望の最新作が、観る者すべての魂を激しく震わせる。
商業映画デビュー作『川の底からこんにちは』で第 53 回ブルーリボン賞の監督賞を史上最年少で受賞。『舟を編む』では第 37 回日本アカデミー賞最優秀作品賞はじめ 6 部門制覇、そして第86 回アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品にやはり史上最年少で選出。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』では第 91 回キネマ旬報ベスト・テン第 1 位など、数多くの映画賞を席巻。他にも『ぼくたちの家族』『バンクーバーの朝日』『町田くんの世界』といった多彩な作品群を手掛け、国内外で突出した評価を得る。
生きちゃった

生きちゃった
こういった華麗な経歴も、『生きちゃった』の前では不要かもしれない。石井裕也は新たな場所に飛んだ。今回は自らプロデューサーも兼ね、瑞々しい初期衝動が全力で爆発する。“再デビュー作”とでも呼ぶにふさわしい勇猛果敢な挑戦だ。

忖度も制約も無し、完全なる自由の中で作った映画。

そもそも本作は企画の成り立ちから日本映画の枠組みを超えたものだ。2019 年 6 月、上海国際映画祭にて「B2B(Back to Basics)A Love Supreme」=「原点回帰、至上の愛」というまったく新しい試みのプロジェクトが発表された。香港国際映画祭(HKIFFS)と中国の Heaven Picturesが共同出資し、各映画製作者に同じ予算が割り当てられ、「至上の愛」をテーマに映画製作の「原点回帰」を探求するというコンセプトのもと、アジアの名だたる監督たちが各々映画作りを行う。
生きちゃった

生きちゃった
この斬新かつ先鋭的な映画制作プロジェクトに参加した監督は計 6 名。台湾の名匠ツァイ・ミンリャン監督(『愛情萬歳』『河』『西瓜』『楽日』)、韓国系中国人のチャン・リュル監督(『キムチを売る女』)、中国のヤン・ジン監督『ホメられないかも』)、マレーシアのタン・チュイムイ監督(『Love Conquers All』)、香港のフィリップ・ユン監督(『九龍猟奇殺人事件』)、そして日本の石井裕也監督。

こうして生誕した映画『生きちゃった』は「All the Things We Never Said」という英語タイトルで、中国及び香港、台湾、マカオなど、世界各国の劇場で公開予定。アジアや海外、グローバル化する世界の中で日本や日本人を見据え、石井裕也は自分たちにしか描けない人間賛歌をスタッフ&キャストと共に目指した。こうして紡がれた破格のエモーショナルな熱量が、衝撃のラストで最高潮に達する。

キャストには「本気」で戦う覚悟を持つ俳優だけが集まった。石井監督いわく「信頼できる仲間」のみ。

主演の厚久役を務めるのは、仲野太賀。
映画、舞台、テレビドラマなど出演オファーが相次ぎ、インディペンデントから大作にまで幅広く出演する現在最も引っ張りだこの役者。彼にとって石井裕也という監督は特別な存在だという。今回は『町田くんの世界』に続いての石井組。ある種、日本人の在り方を象徴する慎ましく不器用な夫にして、父親にして、息子でもある寡黙で純粋な男を演じ切った。その余りに純度の高い芝居は石井ワールドと独自の化学反応を起こし、これまで誰も見ることのなかった仲野太賀がスクリーンを埋める。自身も「生涯大切にしたい作品」とのコメントを出すほど、本作への想いは熱い。

共演の妻・奈津美役には、大島優子。
ご存じ元 AKB48 のトップアイドルにして、いまや連続テレビ小説『スカーレット』など最もその実力に期待が掛かる女優。今回は苦界を彷徨うヒロインの色香と情念、殺気、母としての強さなど、女性の宿業のすべてを芝居に凝縮するような凄みを見せる。鋭敏な感性と骨太な佇まいで臨んだ初の石井組。これは体当たりを超え、監督と女優の斬り合いを思わせる壮絶さだ。彼女自身も初めての経験だったというほど“裸”に剥かれた演技の生々しい迫真性には、誰もが圧倒されるに違いない。

そして親友・武田役には、若葉竜也。
唯一無二の存在感と比類なき演技力。『葛城事件』や『愛がなんだ』などで注目を集め、いま映画人から最も信頼される若き名優。仲野とは 2017 年の『南瓜とマヨネーズ』以来の共演となる。大島と同じく初めての石井組となった今回は、監督から「果たし状」をもらった気分だったと語る彼。厚久の共鳴者として苦悩や絶望に寄り添い、“受け”に徹しながらも、親友の胸の内に溜まった感情をぐいっと引き出そうとする。この難しい役を驚くべき繊細さと聡明さで演じ、作品の要としての重要な役割を果たした。

この三人をめぐり、毎熊克哉、嶋田久作、伊佐山ひろ子、原日出子らの実力派が脇を固める。また石井監督の盟友にして韓国の俊英監督、パク・ジョンボムが厚久の兄を演じるなど、国際的で多彩なキャストにも注目だ。
生きちゃった

生きちゃった

生きちゃった

自分の気持ちを素直に余すことなく、愛する人に伝えることができたら。

幼馴染の厚久と武田。そして奈津美。学生時代から 3 人はいつも一緒に過ごしてきた。そして、ふたりの男はひとりの女性を愛した。30 歳になった今、厚久と奈津美は結婚し、5 歳の娘がいる。ささやかな暮らし、それなりの生活。だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、奈津美が見知らぬ男と肌を重ねていた。その日を境に厚久と奈津美、武田の歪んでいた関係が動き出す。そして待ち構えていたのは壮絶な運命だった。

映画『生きちゃった』予告映像

あらすじ

太陽が照りつける真夏の田園地帯。ギターケースを背負った高校生の男子二人と、女子一人。仲睦まじい様子の三人はまだ波乱の未来を知る由もなく、あぜ道を歩いていた――。
2019 年、東京近郊の工業地帯。30 歳になった山田厚久(仲野太賀)と武田泰(若葉竜也)は幼馴染み。湿度の高い夏の夜、ふたりは共にビジネスを立ち上げることを夢見て、中国語と英語を習いに通っている。
アパートに戻ると、そこには同じく幼馴染みの奈津美(大島優子)がいる。厚久と奈津美は結婚しており、5 歳の娘・鈴(太田結乃)をもうけていた。

鈴がすやすや眠ったあとも、三人はソファにもたれて酒を飲んでいる。奈津美は日々の子育てに疲れているようだ。
「ストレスでどんどん太っていくのが私の現実。あなたたちは楽しそうに夢を見続けている。不公平だと思わない?」
お盆。北関東の田舎にある厚久の実家に帰省する。奈津美は「壊れちゃってるよね、あっちゃんの家族は」と少し吐き捨てるように呟く。厚久の父・十郎(嶋田久作)と母・花子(伊佐山ひろ子)は幼い孫にも特に愛想もなく、兄・透(パク・ジョンボム)は引きこもり生活が長い。
また、ある日。厚久は勤務先であるインターネットの古本販売会社の巨大な書庫にいた。しかし仕事中にふと、急なめまいと耳鳴りに襲われる。

会社を早退した厚久が家に帰ると、汗だくの奈津美が見知らぬ男(毎熊克哉)と肌を重ねていた。
洋介という名のその若い男は慌てて下着を履き、厚久は堪らず家から駆け出て行く。
この件以来、奈津美は何か憑きものが取れたような顔で、厚久に接するようになった。実は鈴がお腹の中にいる頃、厚久がかつて婚約していた飯村早智子が家に訪ねてきたこと――それが奈津美の心にずっと引っ掛かっていたのだ。
二人は離婚。鈴は奈津美が引き取り、厚久が出て行った同じアパートの部屋で暮らし続ける。やがて冬。そのアパートには、奈津美や鈴と共に暮らす洋介の姿があった。

ある夜。武田は厚久と酒を飲みながら、奈津美と別れたことについて問いただす。寂しくないのか。ムカつかないのか。娘には会いたくないのか。
しかし厚久は溢れそうな感情に蓋をするばかり。
「言えない。言おうと思っても、なんでだろう。声が出ないんだ。日本人だからかな」

半年後――また暑い夏。シングルマザーとして鈴を育てる奈津美だが、スーパーマーケットのバイト収入では生活が苦しい。同棲中の洋介は昼間から寝ている始末。しかも筋の悪い男たちと付き合っているようで、当てに出来そうもない。奈津美は電話で厚久に振り込みを頼む。気丈に振る舞う彼女だが、内心は過酷な現実に押し潰されそうになっていた。
まもなく取り返しのつかぬ事件が起こる。厚久の離婚を遅れて知った兄の透は、衝動的に東京へ。
そのまま奈津美たちが住むアパートに向かい、夜道で洋介を待ち伏せして揉み合いに。透は弟への想いから夢中で殴り続けるうちに、洋介の頭をレンガで割って殺害してしまった。

この悲劇の後、さらに半年の時間が流れる。刑務所で透と面会した厚久と両親は、三人で記念写真を撮る。皮肉にもこの事件がきっかけで、どん底の悲しみを共に経験した彼ら一家の絆は幾らか修復されたようにも見えた。

一方で奈津美は八方塞がりの窮地に陥っていた。亡くなった洋介には借金があり、借用書の連帯保証人の欄には奈津美の名前が書いてあった。仕方なくアパートを離れ、鈴を連れて実家に戻る。そして母・美幸(原日出子)に鈴を預け、内緒でデリヘルの仕事に向かった。
止まらない負の連鎖。危険な道を歩き始めた奈津美。激しい屈託を抱えながら、動き出すことのできない厚久。そんな彼らを見守ってきた武田の想いは? 三人のこんがらがった運命は予想もつかぬ展開へとなだれ込んでいく――。

キャスト

仲野太賀 大島優子
パク・ジョンボム 毎熊克哉 太田結乃

柳生みゆ レ・ロマネスク 芹澤興人
北村有起哉 原日出子 鶴見辰吾
伊佐山ひろ子 嶋田久作 若葉竜也

脚本・監督・プロデューサー

石井裕也

主題歌

「夏の花」(作詞・作曲:河野丈洋 歌:仲野太賀・若葉竜也)

配給:フィルムランド
公式HP:http://ikichatta.com/

10月3日(土)より、ユーロスペースにて公開

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 護られなかった者たちへ,画像,佐藤健
    日本中を衝撃と感動で包み込む ヒューマン・ミステリー 「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  4. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  5. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  7. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る