鬼ガール!!
※この映画はまだ評価がありません。

恋×映画×⻤!? 笑って泣いてアツくなる、
2020年代をまっ先に駆け抜ける⻘春鬼ロックムービー、誕生!

今も鬼伝説が残る大阪の秘境・奥河内を舞台に、サイコーに鬼ってる青春エンターテイメントが誕生!
原作は、鬼族の末裔である主人公と、物づくりに打ち込む若者たちを軽やかに描いた、人気作家・中村航の青春小説「鬼ガール!!」(角川つばさ文庫より刊行予定)。高校生の鬼瓦ももかは、鬼の血が流れる自分にコンプレックスを持ち、本当の自分を隠す毎日。そんな彼女が仲間たちと「映画作り」にかけた日々を、恋と友情、笑いと涙、青春のすべてを鬼盛りで描く。
鬼ガール!!

鬼ガール!!

鬼ガール!!
鬼瓦ももかを演じるのは、第13回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し、ドラマなどで活躍中の井頭愛海が映画初主演!ももかの幼なじみ・蒼月蓮役には『映像研には手を出すな!』の出演で勢いに乗る板垣瑞生。さらにはネクストブレイク上村海生、桜田ひより、吉田美月喜など、個性豊かな若手が集結。また、山口智充が熱く優しくももかの父親を演じ、作品に深みを加える。

鬼ガール!!

鬼ガール!!

鬼ガール!!
監督は、奥河内出身の瀧川元気。地元の魅力を届けたいという熱い想いから本作を企画し、初メガホンを取る。挿入歌は、伝説のロックバンドTHE BLUE HEARTSの「TRAIN-TRAIN」。元THE BLUE HEARTSドラマーの梶原徹也も地元出身という縁から音楽プロデューサーとして参加、本編にも出演している。
この秋、“鬼ガール!!”が世界中の心を熱く震わせる!
鬼ガール!!

鬼ガール!!

鬼ガール!!

『鬼ガール!!』予告動画

あらすじ

鬼だって、キラキラした恋したいんやっ!!
⻤瓦ももかは、ステキな恋、キラキラした青春にあこがれる、新高校1年生。でも彼女には、ゼッタイにバレてはならない秘密があった。それは、自分が鬼族の血をひく“鬼”であること。鬼のような天パーをストレートにし、鬼のような怪力をセーブし、興奮すると頭に生える“ツノ”もかくして生きてきた。これがもし見つかったら、彼氏も友だちもできっこない…。

高校生活は、初日からドキドキの連続!にっくき幼なじみのせいで鬼のことがバレそうになったり、映画部の岬先輩からヒロインにスカウトされたり……。ソッコーで「女優になる!」と決め、岬先輩のことで頭がいっぱいのももか。あれ、ひょっとしてこれが恋ってやつ!?青春ってやつ!?しかし!映画のヒロイン決めはオーディションだった!はたして、ももかは、鬼バレせずにヒロインになれるのか?ももかの恋は、青春は、いったいどうなる!?

キャスト

井頭愛海
板垣瑞生 上村海成 桜田ひより 吉田美月喜 曽野舜太
深尾あむ 末次寿樹
テイ龍進 六平直政
山口智充

監督

瀧川元気

原作

中村航「鬼ガール!! ツノは出るけど女優めざしますっ!」(角川つばさ文庫)

脚本

中村航

配給:SDP
公式サイト:https://onigirl.jp
©2020映画「鬼ガール!!」製作委員会

2020年10月9日(金)大阪先行公開中
2020年10月16日(金)東京ほか全国順次公開

鬼ガール!!

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,ウェン・ムーイエ(文牧野),ニン・ハオ(寧浩),シュー・ジェン(徐崢),ワン・チュエンジュン(王伝君),ジョウ・イーウェイ (周一囲),薬の神じゃない!,映画,中国,金馬奨,主演男優賞
    中国で500億円もの記録的大ヒットを記録! 金馬奨・主演男優賞等の映画賞を受賞! 映画『薬の神じ…
  2. 画像,本気のしるし,森崎ウィン,土村芳
    その女、出会ったことが事故だった-- 深田晃司監督が描く、弱く不器用な男女の転落劇 映画『…
  3. リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜
    ハチャメチャで可笑しくて、最高に懐かしい 「名古屋発・笑って泣ける最強の青春ドラマ」が遂に映画化!…
  4. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  5. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  6. 映画『アイヌモシリ』
    ―この世界を、生きる。生きていく 現代を生きる「アイヌ」を映し出した、新しい日本映画が誕生 近年…
  7. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る