ストレイ・ドッグ
メディフィット定期の商品概要はこちら
※この映画はまだ評価がありません。

復讐か、贖罪か―。善悪の境界線上で身を焦がす女刑事の激情と哀切を描く、衝撃のネオ・ノワール

オスカー女優ニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦し、ゴールデングローブ賞主演女優賞ノミネートを果たした最新作『ストレイ・ドッグ』が10月23日(金)より TOHO シネマズ シャンテ他にて全国順次公開。
ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ
本作の主人公、刑事エリン役のニコール・キッドマンは、特殊メイクを施して顔かたちを変え、激しい暴力シーンや銃撃戦にも臆せず、かつてない汚れ役に挑戦。キャラクターに複雑な陰影を与えたその演技は、全米マスコミから大きな注目を集め、「こんなキッドマンは見たことがない」と絶賛を呼び、2019年ゴールデングローブ賞・主演女優賞にノミネート。そのチャレンジ精神と演技力は高く評価された。

メガホンをとったのは日系女性監督カリン・クサマ。脚本を読んで役を熱望したニコールと四つに組み、強烈かつ緊張感みなぎる演出でドラマを牽引。同じくロサンゼルスを舞台にした『L.A.大捜査線/狼たちの街』『ヒート』『ドライヴ』などの傑作に連なるLAノワールの世界を強烈なタッチで描き上げた。
ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ
ニコール・キッドマンは、脚本を読んで「最初は“私にできるの?”と悩んでしまったけれど、いつもと違う役だからこそ挑戦したいと思った。私のほうから連絡したの。“クサマ監督はこの役に私を想定してないと思うけれど、ぜひ使ってもらえないかしら”とね。私にとっては、新たな出発だといえるわ。これほど体を張った演技は初めての経験だし、外見も行動も普段の私の役とは大違いよ」と自身が熱望した役だと語る。
ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ
「今回は初挑戦が多かったけど、クサマ監督だから安心できた。私は女性監督の力になりたいと思っていて、いつも積極的に女性監督との仕事を探してる」と話し、「女性が主役の犯罪映画なんて、私が子供の頃には存在しなかった。多分、私は心の奥底で犯罪スリラーに出ることを、ずっと願っていたんだと思うわ」と目を輝かせる。
「初めてこの映画の話を聞いた時には驚いたわ。昔なら男性が演じる役が女性として書かれてたからよ」と、監督を称賛し、本作への大きな自信をのぞかせた。
ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ

映画『ストレイ・ドッグ』予告映像

映画『ストレイ・ドッグ』特別映像

映画『ストレイ・ドッグ』「ニコール・キッドマン」インタビュー映像

あらすじ

LA 市警の女性刑事エリン・ベル。若き日の美しさはすでに遠い過去のものとなり、今は酒に溺れ、同僚や別れた夫、16 才の娘からも疎まれる孤独な人生を送っている。ある日、エリンの元に差出人不明の封筒が届く。17 年前、FBI 捜査官クリスとともに砂漠地帯に巣食う犯罪組織への潜入捜査を命じられたエリンは、そこで取り返しのつかない過ちを犯し、捜査は失敗。その罪悪感が今なお彼女の心を蝕み続けていた―。封筒の中身は紫色に染まった 1 枚のドル紙幣。それは行方をくらました事件の主犯からの挑戦状だった。過去に決着をつけるため、犯人を追う野良犬(ストレイ・ドッグ)と化したエリンは、灼熱の荒野へと車を走らせるが―。

キャスト

ニコール・キッドマン
トビー・ケベル
タチアナ・マズラニー
セバスチャン・スタン

監督

カリン・クサマ

配給:キノフィルムズ
公式サイト:www.destroyer.jp
© 2018 30WEST Destroyer, LLC.

10 月 23 日(金) TOHO シネマズ シャンテ他全国順次ロードショー

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』綾野剛&北川景子
    その医師を、追ってはいけない。 130人を安楽死させた実在の医師描く 映画『ドクター・デスの遺産…
  2. アンダードッグ,画像
    「全裸監督」の武正晴監督が、『百円の恋』製作チームと 再びタッグを組んだ新たな感動の物語! 映画…
  3. 彼女はひとり,画像
    彼女の孤独が復習を始める 映画『彼女はひとり』 『そのまま死んじゃえばよかったのに』 本作品は…
  4. タイトル、拒絶,画像
    新進気鋭の山田佳奈監督による、 女たちの本音に寄り添った先鋭的なオリジナル作品。 映画『タイトル…
  5. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  6. 『家なき子 希望の歌声』画像
    3 度のアニメ化で愛されてきた児童⽂学の⾦字塔が感動の映画化︕ どんな困難にもまけず進み続ける少年…
  7. PLAY 25年分のラストシーン,画像
    過ぎた日の輝きと影。 今一度、自分の人生を「再生」する。 膨大な映像からやっと見つけた 〈本当…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る