映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

津端修一さん90歳、英子さん87歳
風と雑木林と建築家夫婦の物語

【イントロダクション】
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てたもの。四季折々、キッチンガーデンで育てられた70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わる。刺繍や編み物から機織りまで、英子さんは何でもこなす。

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

たがいの名を「さん付け」で呼び会う長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に彩られている。「家は、暮らしの宝石箱でなければならない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉だ。

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。当時の日本は、東京オリンピック(64年)、GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

そして1975年、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。プロデューサーは『死刑弁護人』『ヤクザと憲法』などを手がけ、ローカルテレビ局が制作したドキュメンタリーを劇場公開するという新たな流れを牽引する阿武野勝彦。監督は『神宮希林 わたしの神様』の伏原健之。敗戦から高度経済成長期を経て今に至る建築家夫婦の来し方と暮らしが、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの思索の旅へと私たちを誘う。

【あらすじ】
むかし、ある建築家が言った。
ながく生きるほど、人生はより美しくなる。

修一さんは、アントニン・レーモンドの事務所に勤めたのち、1955年に創設された日本住宅公団に入社する。1959年、伊勢湾台風による被害で低地に住んでいた5千人の命が失われた。翌1960年、名古屋の郊外にニュータウンの計画が持ち上がったとき、設計を任されたのは日本住宅公団のエースだった修一さん。

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

当時36歳だったが、それまでに東京で多摩平団地、阿佐ヶ谷住宅など18の団地を手掛けていた。「人間はどこに住んだらいいのかという命題をここでも突きつけられた」と修一さんは言う。高蔵寺計画は、高台移転に挑んだ究極のプロジェクトだった。修一さんが描いたマスタープランは、地形を活かし、街の中に雑木林を残して風の通り道を作る、夢の計画。

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

日本住宅公団の後輩だった土肥博至さん(筑波大学名誉教授)も、「我々もまだひよっこだったけど、これは新しい時代のものだと感じるくらい衝撃的なものだった」と振り返る。しかし時代は経済優先。ニュータウン計画は2万2千戸に8万人が住むという大規模化に向かい、山は削られ谷は埋められた。そうして完成したのは、修一さんが思い描いたものとは程遠い、かまぼこを並べたような無機質な街だった。

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

■ 津端修一さん(つばた・しゅういち)
1925年1月3日生まれ。1951年東京大学第一工学部を卒業後、前川国男の推薦で建築家アントニン・レーモンド建築事務所に所属。その後、坂倉準三の建築設計事務所を経て、1955年に日本住宅公団入社。青戸第一団地、原宿団地、多摩平団地、高根台団地、阿佐ヶ谷住宅、赤羽台団地など多くの宅地造成に携わる。1969年、高蔵寺ニュータウン計画で日本都市計画学会石川賞を受賞。

広島大学キャンパス、賀茂学園都市の計画設計を手掛けるため広島大学に教授として赴任。名城大学教授、三重大学客員教授などを歴任。高蔵寺ニュータウン内にキッチンガーデンと雑木林に囲まれた小さな平家を建て、自給自足の暮らしを始めるかたわら、「自由時間評論家」として活動する。趣味はヨット。お金に余裕がない時も、ヨットにだけは費やしてきた。ジャガイモ料理が大好物。2015年6月2日、永眠。享年90歳。

■ 津端英子さん(つばた・ひでこ)
1928年1月18日生まれ。愛知県半田市の老舗の造り酒屋で育ち、1955年に修一さんと結婚。常に夫を立て、支えてきた。これまで一度も夫婦げんかをしたことがないという。畑、料理、編み物や機織り、刺繍など手間のかかる手仕事が大好き。やれることからコツコツと。ていねいな暮らしを実践中。唯一苦手な食べ物は、ジャガイモ。

■ 予告編



プロデューサー:阿武野勝彦
音楽:村井秀清
音楽プロデューサー:岡田こずえ
撮影:村田敦崇
音声:伊藤紀明
オーサリング:山口幹生
TK:須田麻記子
音響効果:久保田吉根
編集:奥田繁
協力:日本映画専門チャンネル
監督:伏原健之
製作・配給:東海テレビ放送
配給協力:東風

2016年/91分/HD/16:9/日本/ドキュメンタリー

■ コピーライト
©東海テレビ放送

■ ナレーション
樹木希林

■ 公式ホームページ
life-is-fruity.com






※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・川越スカラ座でアンコール上映やっていたので観てきました。
津端修一さん英子さんご夫妻の、できそうでまねのできないスローライフな生活を、丁寧に追った素敵なドキュメンタリー映画です。
樹木希林さんの落ち着いた温かみのあるナレーションが心地良い。
修一さんがアドバイザーになって建設を進めていた、里山の自然が病んだ心を癒してくれる病院施設。
修一さんに完成を見せてあげたかったです。
エンドロールの後に出てきた補修された水盤に胸が熱くなりました。

・アンコール上映ということと高蔵寺ということに縁を感じて鑑賞。
ともに生きる人がいる安心感とはこんな感じなのかなと思いました。
生涯建築家をして生きたご主人とそれを支えた奥様。
非常に素敵でした。
なんと言っても、シルバニアファミリーのお家がすごかった!

・ミニシアターで話題になっていたというだけで鑑賞。
2人の考えには色々考えさせられましたが、全体的に相性がいまいちでした。

・どこにでも居そうで、どこにもなかなか居そうにない、平凡なようで、実は只者ではない主人公老夫婦。夫は建築家として、某N市近郊のニュータウン建設に携わり、引退後、そこで土地を手に入れ、理想の住みかを実現し、老妻と伴に穏やかに暮らしている。庭にささやかながらも雑木林を再現して、家庭菜園では、様々な果物、野菜を育てる日々。老妻は、日々の暮らしを豊かにすべく、地道な努力を重ねている。いわば、老後に向けた長期的ヴィジョンを持った戦略家の夫、それを土台に日々の生活を切り盛りする戦術家の妻。そんな印象。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『人生フルーツ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

関連記事

コメントは利用できません。

『子どもが教えてくれたこと』

注目映画

  1. スリー・ビルボード 映画予告動画あらすじとストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 第74回ヴェネチア映画祭脚本賞&トロント映画祭観客賞受賞!アカデミー賞受賞監督が、オ…
  2. 映画『レディ・プレイヤー1』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 誰もが知る大人気シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ジュラシック・パーク』『…
  3. 映画『ダンガル きっと、つよくなる』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    「神がかって面白い!」「オールタイムBEST1!」「嗚咽がとまらない!」 インド映画の世界興収№1…
  4. ■ ストーリー 錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「ゼニガタ」…
  5. 映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    アカデミー賞最有力! ゴールデン・グローブ賞主演男優賞<ゲイリー・オールドマン>ノミネート! …
  6. 映画『モリのいる場所』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    文化勲章を断ってしまった! 30年、ほとんど自宅から出ず、庭を愛した! 蟻は左の2本目の足から歩…
  7. 映画『グレイテスト・ショーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る映画史上最高にロマンティッ…

予告編 夜間もやってる保育園

予告篇 ワンダーウーマン

予告編 あしたは最高のはじまり

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る