画像,ニューヨーク 親切なロシア料理店
※この映画はまだ評価がありません。

第69回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門・オープニング作品
『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』
ロネ・シェルフィグ監督最新作

困難な時代を生きる今こそ大切なこと―。
自分らしい生き方と幸せを見つけていく人々を
優しい眼差しで描く希望の物語

ニューヨークの片隅の古びたロシア料理店
自慢のキャビアに、そっと添えられるのは〈優しさと赦し〉
見知らぬ人々が出逢い見つける新たな人生とは?

ニューヨークのマンハッタンで、創立100年を超える伝統を誇るロシア料理店〈ウィンター・パレス〉。だが、現在のオーナーは商売下手で、かつての栄華は過去の栄光となり果て、今では経営も傾いていた。店を立て直すためにマネージャーがスカウトされるが、マークというその男は刑務所を出所したばかりの謎だらけの人物。店を支える常連の一人である看護師のアリスも、恋人に裏切られて以来、救急病棟の激務に加え〈赦しの会〉というセラピーを開き、他人のためだけに生きる変わり者だ。そのアリスを、絶望的な不器用さから次々と仕事をクビになったジェフら、ワケありの過去を抱えた者たちが慕っていた。

そんな〈ウィンター・パレス〉に、まだ幼い二人の息子を連れて、事情を抱えて夫から逃げてきたクララが飛び込んでくる。無一文で寝る場所もないクララに、アリスとマークにジェフ、そしてオーナーも救いの手を差しのべる。しかし、下の息子が入院したことから、夫に居所を知られるのも時間の問題に。追い詰められたクララは、皆から受け取った優しさを力に変えて、現実に立ち向かう。そして迎えた〈ウィンター・パレス〉の再出発の日、それぞれが見つけた新たな人生とは──?

本当の幸せを探し求める人々にエールを贈り続ける
『幸せになるためのイタリア語講座』『17歳の肖像』
ロネ・シェルフィグ監督最新作

監督・脚本・製作総指揮を務め、本作を自らのキャリアの集大成として完成させたのは、デンマークを代表する女性監督ロネ・シェルフィグ。2000年の『幸せになるためのイタリア語講座』で、第51回ベルリン国際映画祭銀熊賞を始め数々の賞を受賞し、日本でもスマッシュヒットを記録した。その後も、2009年の『17歳の肖像』でサンダンス映画祭観客賞を受賞し、アカデミー賞🄬3部門、英国アカデミー賞8部門ノミネートという快挙を成し遂げる。2011年にはハリウッドに進出し、『ワン・デイ 23年のラブストーリー』で切ない恋の行方を描き、世界中の女性たちの涙を誘った。

青春、恋愛、結婚、仕事、子育て、介護など、女性の一生における大切なシーンと、彼女たちに関わる男性たちをも追いかけてきたロネ・シェルフィグ監督。最新作では、主婦として子供と家庭を守ってきたクララと、独り身で仕事がすべてのアリスという対照的な生き方の二人を物語の主軸とした。クララはアリスの援助で生命の窮地から脱するが、クララと関わることによって、アリスもまた自分を見つめ直し、魂の窮地から脱出する。本当に大切なものは何かに気づき、自分らしい生き方と幸せを見つけていく二人の姿にこめられた、監督から現代社会を生き抜く私たちへの愛情のこもったエールに胸が熱くなる。

憧れの街ニューヨークを舞台に
国際色豊かな一流キャストで贈る
人と人の絆を取り戻す感動作

クララには、『ルビー・スパークス』で注目されたゾーイ・カザン。心は少女のままだった女性が、一人の人間として自らの足で立つまでを鮮やかに演じきった。アリスには、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアンドレア・ライズボロー。仕事やボランティアで活躍する女性が、「私は誰の1番でもない」と嘆く姿は、働く女性たちから深い共感を得るだろう。

二人を取り巻く男たちにも、個性派キャストが顔をそろえた。寡黙かつ無骨な態度の奥に、細やかな思いやりを隠し持つマークには、『預言者』でセザール賞の主演男優賞と有望若手男優賞の二冠を獲得したタハール・ラヒム。もはや天才的な世渡り下手が笑いを誘うジェフには、『スリー・ビルボード』のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。さらに、怪しいロシア訛りを操る以外には全くやる気のない〈ウィンター・パレス〉のオーナーに、製作総指揮にも名を連ねる英国映画界の至宝、ビル・ナイ。

撮影は今では気軽に行けなくなったニューヨークで敢行されエンパイヤ・ステート・ビル、NY公共図書館、クイーンズボロ橋などの名所や、有名なロシアン・ティールームをモデルとしたロシア料理店などが、観る者を永遠の憧れの街へと誘う。

家族や仕事、恋愛にトラブルを抱える孤独な人々が、「困っている人を助けたい」というシンプルな〈優しさ〉に触れることで、他者への信頼を回復していく。やがてその〈優しさ〉で自分をも〈赦す〉ことができた時、再び人生を取り戻していく。経済的格差による貧困、差別、様々なハラスメント、分断された人と人との絆──SNSにアクセスするたびに、飛び込んでくるニュースに押しつぶされそうになる私たちの心に、希望の明かりを灯す感動の物語。

『ニューヨーク 親切なロシア料理店』予告編映像

あらすじ

今日も、ニューヨークの人々に、それぞれの朝が来た。

暗いうちから車を飛ばし、憧れのマンハッタンに到着した、主婦のクララ(ゾーイ・カザン)。まだ幼い長男のアンソニー(ジャック・フルトン)と次男のジュード(フィンレイ・ヴォイタク・ヒソン)を、「旅に行こう」と連れ出したが、本当は夫のリチャード(エスベン・スメド)から逃げるためだった。

画像,ニューヨーク 親切なロシア料理店

クララたちが都会の風景に圧倒されているうちに、あっという間に夜になる。その頃、創業100年を超えるロシア料理店〈ウィンター・パレス〉では、いつも一人で来る常連のアリス(アンドレア・ライズボロー)が食事を終えたところだ。病院の救急病棟に勤める看護師で、ハードなシフトをこなす毎日を送っている。別のテーブルでは、刑務所から出所したマーク(タハール・ラヒム)が、弁護士で友人のジョン・ピーター(ジェイ・バルチェル)と、ささやかな祝いの杯をあげていた。かつてレストランを経営していたマークは、商売下手のオーナーのティモフェイ(ビル・ナイ)を心配して集まっていた相談役たちに、この店を立て直すマネージャーとしてスカウトされる。

画像,ニューヨーク 親切なロシア料理店

画像,ニューヨーク 親切なロシア料理店

翌日、クレジット・カードも現金も夫に管理されていたクララは、夫の父親を訪ねるが、何の援助もしてもらえない。優秀な警察官は表の顔で、裏では長男を殴るのだと訴えるが、義父は聞く耳ももたなかった。ちょうどその頃、近くの教会でアリスが〈赦しの会〉というセラピーを開いていた。メンバーのジョン・ピーターと、彼に誘われたマークの姿もある。恋人に裏切られて以来、自分の幸せは諦めて人助けに身を捧げるアリスの元には、ワケありの人々が集まってくる。手先も人付き合いも壊滅的に不器用で、次々と仕事をクビになったジェフ(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)もその一人だ。

画像,ニューヨーク 親切なロシア料理店

お腹をすかした息子たちのために、〈ウィンター・パレス〉に忍び込んだクララは、パーティーのオードブルを持ち帰ろうとするが、マークから話しかけられ、嘘をつくのもすぐに限界となり、逃げるように立ち去る。いかにもあやしげなクララを、むしろ心配そうに見送るマーク。ドラッグに溺れた弟の罪をかぶって逮捕され、人間不信に陥った苦労人のマークは、同じ匂いのするクララに心を動かされたのだ。

画像,ニューヨーク 親切なロシア料理店

翌日、クララと息子たちに最大の危機が降りかかる。駐車場所から車をレッカーで運ばれ、警察仲間の連絡を受けた夫に見つかってしまったのだ。アンソニーの機転で何とか逃げ切ったが、寝る場所も失くしてしまった。容赦ない寒波が街を襲う中、教会で暖を取ろうと訪れたクララたちにベッドを貸してやり、自分は病院の夜勤へと出かけるアリス。しかし、夜中にジュードが外へ出て、雪の中で眠ってしまう。アリスを訪ねて来たジェフが通報し、ジュードは救急車でアリスの病院へと搬送される。もはや夫に居所を知られるのは時間の問題だ。絶望の淵に立つクララに、アリスとマークが再び救いの手を差しのべる。アリスがこっそりとジュードを退院させ、マークが〈ウィンター・パレス〉の最上階にある自分の部屋に母子を匿ったのだ。

そんな中、アンソニーがクララに驚きの事実を告白し、遂にクララは毅然と立ち上がる。クララの決意に触れて、アリスとマーク、ジェフさえも自分を見つめ直す。果たして、〈ウィンター・パレス〉と共に、彼らの人生も再生することができるのか──?

作品情報

公式サイト:http://www.cetera.co.jp/NY/
監督・脚本・製作総指揮:ロネ・シェルフィグ

出演:ゾーイ・カザン『ルビー・スパークス』、アンドレア・ライズボロー『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ『スリー・ビルボード』、タハール・ラヒム『預言者』、ジェイ・バルチェル『ミリオンダラー・ベイビー』、ビル・ナイ『ラブ・アクチュアリー』ほか

原題:The Kindness of Strangers/2019年/115分/英語/デンマーク、カナダ、スウェーデン、フランス、ドイツ/日本語字幕:石田泰子

配給:セテラ・インターナショナル

© 2019 CREATIVE ALLIANCE L IVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

12月11日(金)より シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開

 

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  5. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る