画像,声優夫婦の甘くない生活
メディフィット定期の商品概要はこちら
※この映画はまだ評価がありません。

スター洋画声優だった夫婦の第2の人生は、アブない冒険、イケない出会いの連続!?
いつも側にいるあの人が愛しくなる、ビタースイートであたたかい大人の物語。

他人のセリフなら上手く言えるのに、自分の心は伝えられない声優夫婦が辿り着く再スタート
イスラエルから届いた、ユーモラスで心あたたまる人生讃歌

1990年、イスラエルへ移民したヴィクトルとラヤは、かつてソ連に届くハリウッドやヨーロッパ映画の吹き替えで活躍した声優夫婦。しかし、第2の人生の現実は厳しく、声優の需要がない新天地で生活の糧を得なければならない。

ラヤは、夫に内緒で就いたテレフォンセックスの仕事で意外な才能を発揮。一方、ヴィクトルは、違法な海賊版レンタルビデオ店で再び声優の職を得る。ようやく軌道に乗り始めたかに見えた生活。しかし、妻の秘密が発覚したことをきっかけに、長年気付かないふりをしてきたお互いの「本当の声」が噴出し始める!

主人公夫婦と同じロシア系イスラエル人である監督自身の経験をもとに、構想から7年をかけて丁寧に作られたこの小さな珠玉作は、ヨーロッパの映画祭を中心に高く評価され、2019年タリン・ブラックナイト映画祭で脚本賞とNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞した。

「他人のセリフなら上手く言えるのに、自分の心は伝えられない。」そんな長年連れ添った吹き替え声優夫婦が、銀幕を離れて初めて「本当の声」に気付いていく。甘くない世の中で、お互いがかけがえのない理解者であることを思い知る、「愛」という一言だけにはとても収まらないような酸いも甘いも噛み分けた「夫婦の再出発」は、場所や時代を超えて深い共感を呼び起こす。

また、60代にして彼らが経験する、これまでのキャリアが通用しない挫折感、映画を映画館で人々と分かち合う喜び、新しい自分を発見する驚き、久々に味わう恋のときめきなど…、人生、いつ何が起きるか分からない。アキ・カウリスマキを思わせるクラシカルな映像美と、ロシアの国民的歌手アーラ・プガチョワの名曲「百万本のバラ」に彩られ、コミカルかつドラマティックに展開していく物語は、未知なる可能性にあふれた人生の素晴らしさを祝福する人間讃歌だ。

映画館から足を踏み出したときには、きっと、いつも側にいるあの人が愛しくなる。この冬、イスラエルから届いたビタースイートな大人の物語が、あなたの心に火を灯す。

「映画は豊かな世界そのもの。声優はその案内人だ。」
生誕100周年のフェリーニ、往年の名作とすべての映画ファンへ捧ぐ

溢れんばかりの映画愛に包まれた本作は、今年、生誕100周年を迎えるイタリアの名匠フェデリコ・フェリーニに最大のオマージュを捧げている。作中で新作として上映される『ボイス・オブ・ムーン』をはじめ、「映像の魔術師」が映し出す夢と幻想は、厳しい現実社会の中でも映画という豊かな世界を諦めない人々の想いを雄弁に語るようであり、コロナ禍で劇場の風景が失われかけた今年においては尚のこと、胸に沁み入ってくる。さらに、ハリウッドの往年の名作の数々や、夫婦関係の危機を象徴するかのような『クレイマー、クレイマー』などが、声優夫婦が歩んできた人生を垣間見せ、また観客自身の人生も思い起こさせながら、甘美なノスタルジーに誘ってくれる。

監督自身の経験をもとに書き上げた、激動の時代の知られざる一幕

監督を務めたのは、イスラエル国内でドラマや映画を数多く手がけてきた若き才能、エフゲニー・ルーマン。友人である経験豊富な撮影監督ジヴ・ベルコヴィッチと共に、自分たちの子ども時代の経験をもとに脚本を書き上げた。イスラエル史上最大の移民の波である、「鉄のカーテン」崩壊後により良い生活を願って海を渡ったロシア系ユダヤ人たちの歴史の一幕を、軽妙なユーモアと親密な眼差しでスクリーンに描き出している。

夫のヴィクトル役には、監督が当て書きしたというイスラエルのベテラン俳優、ウラジミール・フリードマン。声優という誇り高い仕事に情熱を注ぎながら、夫婦関係には不器用な夫を、切実ながらもどこかとぼけた愛嬌で演じる。

また、妻のラヤ役には、これが本格的な長編映画初主演となるイスラエルの女優、マリア・ベルキン。実際に声優としても活躍する彼女は、60代にして訪れた一風変わったロマンスを、大人の円熟味と少女のような初々しさの融合で見事に演じ、イタリアのバーリ国際映画祭で特別賞(女優部門)を受賞した。

映画『声優夫婦の甘くない生活』予告映像

ストーリー

1990年9月。「鉄のカーテン」が崩壊したソ連を後にして、大勢の移民たちとともにイスラエルの空港に降り立ったヴィクトル(ウラジミール・フリードマン)とラヤ(マリア・ベルキン)。

画像,声優夫婦の甘くない生活

2人はかつてソ連に届くハリウッドやヨーロッパ映画の吹き替えで活躍するスター声優夫婦だった。念願の聖地で第2の人生をスタートさせた彼らだが、待っていたのは厳しい現実。友人を頼って職の斡旋を頼んでみるも、イスラエルにはロシア語声優の需要がなく、ヘブライ語を学びながら仕事を探さなくてはならない。

画像,声優夫婦の甘くない生活

画像,声優夫婦の甘くない生活

妻のラヤは、なんとか生活費を得ようと、夫には「電話で香水を売る」と嘘をつき、ためらいながらもテレフォンセックスの職につく。しかし思いがけないことに、様々な声色を使いこなすラヤは、男性たちの好みに合わせ変幻自在の「マルガリータ」として秘めたる才能を開花させ、売れっ子となっていく。

画像,声優夫婦の甘くない生活

一方、一日中ビラ貼りをして歩く仕事に疲れ、苛立っていたヴィクトルが街で見つけたのは、ロシア語吹き替えの海賊版レンタルビデオ店。祖国ではスター声優だった彼を店主はすぐに雇い入れる。「これは犯罪よ」とラヤは反対するが、せっかくありついた声優の職を手放したくないヴィクトルは、待遇の悪さに辟易しながらも違法な仕事に励み、映画館でスクリーンを盗撮中に、とうとう警察に取り押さえられてしまう。

画像,声優夫婦の甘くない生活

ところが、ヴィクトルの存在に気づいていた映画館主が彼を助け、なんとロシア系移民のために新作映画を上映する仕事を持ちかける。願ってもない幸運。『ホーム・アローン』を考えていた映画館主をよそに、彼が最初の作品に選んだのは、フェデリコ・フェリーニ監督の最新作『ボイス・オブ・ムーン』だった。

画像,声優夫婦の甘くない生活

喜び勇んで帰宅したヴィクトルは、「マルガリータがあなたの妄想を叶えます」という新聞広告を目にし、秘密のご褒美のつもりで電話をかける。しかし、相手の女性の第一声を聴いた瞬間に凍りつく。それは耳によく馴染んだ妻の声。帰宅したラヤに「俺の恋した声は、今や売女の声」と怒りをぶつけたヴィクトルは、思い出の作品のビデオテープをハンマーで叩き壊す。深く傷つき涙を流すラヤ。

ビデオテープを差し押さえられていく違法レンタルビデオ店で、ヴィクトルはフェリーニ監督と夫婦で撮った宝物の記念写真を見つめていた。若き日のモスクワ映画祭で、自身が文科省を説得して上映を叶え、夫婦一緒に吹き替えを務めた『8 1/2』が見事グランプリを受賞したことは、輝かしい思い出だった。しかし、彼が帰宅すると、ラヤは荷物をまとめて家を出て行っていた。職場のボスのデヴォラ(エヴェリン・ハゴエル)の家に居候させてもらうことにしたのだ。

画像,声優夫婦の甘くない生活

画像,声優夫婦の甘くない生活

ラヤは恋をしていた。毎日話すようになった客のゲラ(アレキサンダー・センドロヴィッチ)と懇意になり、「妻にバレてもう電話できないから」とついにデートに誘われ、遠目に彼を一目でも見たいと、待ち合わせしたバットヤムの海岸へ出かける。バラの花束を持って現れたゲラを少し離れたレストランから見つめるラヤ。すると、偶然のいたずらで2人は他人として遭遇してしまい、ここでも意気投合。高鳴る胸。しかし、車で職場まで送ってくれたゲラが別れ際に放ったのは甘い期待を裏切る一言だった。この日、ラヤの声を聴き続けても、ゲラは目の前の女性がマルガリータだと気付くことはなく、想いを拒まれ打ちのめされたラヤは真実を告げて立ち去る。

画像,声優夫婦の甘くない生活

フセインの化学兵器の脅威に国内の緊張感が高まる中、ヴィクトルは政府から配布されたガスマスクを届けることを口実に、ラヤの職場を訪れる。しかしラヤは、「映画は豊かな世界そのもの。吹き替えはその入り口だ」と胸を張るヴィクトルに「私の人生も豊かにしたかった。私はただのエキストラの声」と、夫の意見ばかり優先して子供を持つことも諦めた人生の虚しさを初めて告げ、マスクの受け取りを拒む。ヴィクトルは、夫婦の幸せだと思っていたことが自己満足でしかなかったと知り、戸惑いながらも、また妻を責める言葉を返してしまう。修復不可能なほど亀裂が入ってしまった2人の関係。

迎えた『ボイス・オブ・ムーン』の上映日。ヴィクトルは映写室から観客を見守っていた。すると突如、イラクからのミサイル攻撃を知らせる警報が鳴り響き、劇場はパニックに。ラヤの身を案じたヴィクトルは、無我夢中で彼女の職場へと走り出す。借り物のベンツで駆けつけて扉をぶち破ると、ラヤはいない。なんと、今日は休みで映画を観に行ったという。再び映画館へ戻ると、客席に彼女の姿が。「なぜ映画館へ来た?」「フェリーニのためよ、あなたじゃない」ガスマスクになおも抵抗しながらそう言うラヤに、ヴィクトルは突然の熱い口づけをする。驚きもがくラヤだったが、次第にその切実な想いを感じ、受け入れるのだった。

画像,声優夫婦の甘くない生活

ハンマー騒ぎのせいで家を出なければならなくなった2人は、声の仕事を辞めて引っ越すことを決める。行き先は、ラヤの夢だった海辺の家に。

作品情報

監督: エフゲニー・ルーマン
出演:ウラジミール・フリードマン、マリア・ベルキン
2019年/イスラエル/ロシア語、ヘブライ語/88分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Golden Voices/日本語字幕:石田泰子
後援:イスラエル大使館 配給:ロングライド
https://longride.jp/seiyu-fufu/

12月18日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

画像,声優夫婦の甘くない生活

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ディズニープラス『ワンダヴィジョン』,画像
    『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く、 マーベル・スタジオ初の オリジナルドラマシリー…
  2. 画像,天外者(てんがらもん)
    時代を超え、志は未来に生き続ける― 日本の未来を切り開いた“五代友厚”の物語を映画化! 三浦春馬…
  3. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. この世界に残されて,画像
    2020年米アカデミー賞® 国際長編映画賞ショートリスト選出! ハンガリー映画批評家賞3部門受賞…
  6. 聖なる犯罪者,画像
    聖人か?それとも悪人か? 過去を偽り聖職者として生きる男 ポーランドで実際に起こった 事件を基…
  7. 陶王子 2万年の旅,画像
    2 万年の人類が、大丈夫だよ、と呼びかけてくる ~ 土と炎とその色と―これは一杯の「器」の向こうに…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る