映画『僕のワンダフル・ライフ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

最愛の飼い主に会うために50年で3度も生まれ変わったベイリー
すべての愛犬家の夢を叶える犬と人間の極上のラブストーリー

【イントロダクション】
犬を飼うことのいちばんの幸せ、それは犬たちがくれる無償の愛。“群れ”の立派なボスを務める飼い主から、きちんと世話もできないダメダメな飼い主にまで、犬は文字通り全身全霊で愛情を注いでくれる。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、暑い車の中に閉じ込められて苦しんでいるのを救ってくれた、8歳のイーサン少年だった。それ以来、1人と1匹は喜びも悲しみも分かち合い、固い絆で結ばれていく。だが、犬の寿命は人間よりうんと短い。

映画『僕のワンダフル・ライフ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ついに、旅立つ日がきてしまう──はずが、ベイリーの愛は不死身だった!アメフト選手になる夢を断たれ、初恋の人とも別れてしまったイーサンを心配し、何度も生まれ変わってきたのだ。なぜなら、「イーサンを愛し、幸せにするのが僕の役目」だから!けれども、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。ようやく3度目でイーサンとの再会を果たしたベイリーは、自らに与えられた“重要な使命”に気付くのだが──。

犬をテーマとした映画に関わってきたラッセ・ハルストレム。本作では犬と人間の絆をハッピーに描き切り、自らのドッグシリーズの集大成となった。ベイリーが“使命”を果たした後、イーサンは彼がベイリーだとわかるのか?その答えとなるシーンに心を揺さぶられながら、私たちは気付く。ベイリーとイーサンの絆は、出会う前から約束されていたことに。彼らの関係は観る者すべてに、誰にでもめぐり会うと約束された相手がいるという希望を与えてくれる。

映画『僕のワンダフル・ライフ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

最後にベイリーは、「過去をいつまでも悲しまず、未来を憂いもしない。ただ今を一緒に生きる」という犬の生き方が、実は人間が幸せになれるコツでもあることを教えてくれる。観る者の心に深く刻まれる感動作が誕生した。

【ストーリー】
僕の名前はベイリー
ゴールデン・レトリバーの子犬だ。ある夏の暑い日、車に閉じ込められて苦しんでいたところを、8歳のイーサンと彼の母親に助けられる。感激した僕は、「この子から離れない」と小さな胸に誓った。イーサンのママが渋るパパを説得し、僕は晴れてイーサンの家族の一員に!

それからは、イーサンが学校へ行く以外は、遊ぶ時も寝る時も僕たちはいつも一緒だ。夏休みには、イーサンの祖父母の農場へ泊まりにいき、美しい自然のなか毎日のようにアメフトのボールで遊んだ。特別なフォーメーションで、イーサンが投げたボールを僕がキャッチする、僕たちだけの得意技も開発したのさ!

やがて時が流れ

イーサンは逞しく成長し、高校のアメフト部で将来有望な選手として活躍するようになる。僕とイーサンの友情はますます深まっていたけれど、イーサンの両親の関係は壊れてしまい、パパが家を出て行くことになった。高校生活最後の夏休み、イーサンは遊園地で出会ったハンナに初めての恋をする。いち早く察した僕がきっかけを作って、彼女を僕らの“群れ”に入れてあげたんだ。休みの最後の日、イーサンとハンナは同じ大学に奨学金を申請することを約束するまでの仲になったのさ。

映画『僕のワンダフル・ライフ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

名門大学の奨学金を獲得し、喜びに弾けるイーサン。ところが、嫉妬にかられたダメな同級生が、家の中に花火を投げ込んだ。あっという間に火の手が上がり、ママと僕を先に避難させてくれたイーサンは、逃げ遅れて脚に大けがを負ってしまった。

走ることすらできなくなった失意のイーサンに僕が付き添って、祖父母の農場で療養した。せっかくハンナが見舞いに来てくれたのに、同情に耐えられないイーサンは自ら別れを告げる。何とか僕が引き留めようとしたけれど、ハンナは泣きながら帰ってしまった。やがて回復したイーサンは、農業学校で勉強するために一人暮らしを始めると決めたんだ。イーサンと別れるなんて全く理解できない僕は、全速力で車を追いかけたのに、イーサンは僕を置いて行ってしまった。

数年が経ち、年をとった僕にお迎えが来た。知らせを聞いたイーサンが駆けつけてくれたんだけれど、僕は悲しむイーサンを見て、「イーサンを愛し、幸せにするのが僕の役目なのに」と、心から悔やみながらこの世を去ったんだ。

ところが!

イーサンの未来が心配な僕の想いが通じたのか、僕はエリーという女の子のシェパードに生まれ変わった。強面だけど寂しがり屋の相棒のカルロスと最強のコンビを組み、警察犬としての立派な“犬生”を全うした。その次にもコーギーのティノに生まれ変わった僕は、マヤという孤独な女性が、結婚して幸せな家族を作るまでを見届けた。

そして、4度目の犬生で飼い主に捨てられた僕は、ついにイーサンと再会した! 僕の心もしっぽも喜びではちきれそうなのに、もちろんイーサンは僕だとわからない。その時、僕は気付いた。なぜ何度も生まれ変わったのか、僕の真の使命は何なのかに──。

■ 予告編

■ 監督
ラッセ・ハルストレム

■ 脚本
W・ブルース・キャメロン
オードリー・ウェルズ
マヤ・フォーブス
ウォーリー・ウォロダースキー

■ 原作
W・ブルース・キャメロン

■ 出演者
ブリット・ロバートソン
K・J・アパ
ジョン・オーティス
デニス・クエイド
ペギー・リプトン
ジョシュ・ギャッド
ジュリエット・ライランス
ルーク・カービー
プーチ・ホール
ローガン・ミラー
キャロライン・ケイヴ
ガブリエル・ローズ
ニコール・ラプラカ
マイケル・ボフシェヴァー
カービー・ハウウェル・バプティスト

■ 公式ホームページ
http://boku-wonderful.jp/

■ コピーライト
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・ベタな邦題に鑑賞を躊躇していたのですが、思い切ってレンタル鑑賞です^o^
冒頭のイヌのベイリーとイーサン一家との出会いから、イヌはきっとこうんな風に思ってるんやろなぁ〜とか、イヌらしいあるあるの連発で観入ってしまいました^^;
内容を確認してなかったので、イーサン一家との別れがあまりにも早過ぎて!?この先どうなるの?と思ったのですが…今までに観たことのない展開で物語が進み一安心でした。

・なめてました。
なめてた分、感動が大きかった。
猫をかわいそがるベリーがおかしかしい。
途中、展開が読めるんだけど、そのわかってる展開を待ち遠しく思って見てた。

・感動すると聞いたけど、あまりストーリーは知らずに映画館へ。
始まるといきなり、ワンちゃん死ぬし。
そして、リスタート、というか生まれ変わる。
今度はストーリーが進む。
イーサンとの出会い、家族とのふれあい、そしてお別れ。

・皆さんのレビューを見てると見たくなってきました!

・とても感動モノですが……声優をもう少し何とかできなかっただろうか。。
犬は病気や怪我で痛みがあっても野生本能で隠す癖があるから、気持ちも読みづらいですよね。実際は映画で言ったようなこと考えてるのかな?

・字幕か吹き替えかで迷ったけど吹き替えで鑑賞
動物がしゃべるっていうのは好きじゃないんだけど…
本当にわんちゃんってこういう思考なのかな?

・動物が頑張る映画は泣けるとわかってるものの、終始泣きっぱなしだった。
自分が飼ってる柴犬とリンクさせて観てしまい、最初に息を引き取るシーンは嗚咽してしまった。
一生懸命に生きてるベイリーが結果イーサンを幸せに導いてくれていて、ベイリーもイーサンも幸せなのが素敵な映画。

・「ショコラ」の監督作ということで、期待して鑑賞。
犬が飼いたくなります。

・少し前から、ワンちゃんやネコちゃんを飼いたいナ~と思っていて
何となく鑑賞。。。
ベイリーの纏わり方がほんとに、イーサンだいすき!ってかわいかった。
最後に、気付いてもらってよかったね~

・予想外にイーサン青年期が重い重い
最初の転生前にすでに涙腺が危ない
なかなか波乱万丈な犬生で中盤も楽しめました

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『僕のワンダフル・ライフ』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  3. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  4. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  5. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  6. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…
  7. ■イントロダクション 監督:大友啓史×原作:川村元気お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る