映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

フランスが世界に誇る2代女優 カトリーヌ・ドヌーヴ×カトリーヌ・フロ 豪華初共演
今を強く生きる女性たちの感動の物語

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【イントロダクション】
パリ郊外に住むクレールは、優秀なベテラン助産師として働きながら、女手ひとつで一人息子を育てあげてきた。長年続けてきた助産師の仕事に誇りをもちつつも自分自身の生き方を振り返る時間もなく、気づかぬうちに、心身ともに疲れ果てていた。そんなある日、クレールのもとに1本の電話が入る。電話は、30年前に突如姿を消した、血のつながらない母、ベアトリスからだった。

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

「あなたのお父さんに逢いたい。私が人生で一番愛した人だから」と語るベアトリス。クレールは困惑しながらも、父親は彼女が突如姿を消した事が耐えられず、自殺してしまった事を告げるのだった。子供のように泣きじゃくるベアトリス。ベアトリスはクレールとは真逆の生き方をしてきた女性だ。

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

自由が好きで、お酒が好きで、ギャンブルも好き。クレールは、父親を置いて去った身勝手な彼女への怒りがよみがえりながらも、全てを失って戻ってきたベアトリスの事を放っておけなかった。失われた時間を埋めていく二人。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され、人生の扉を少しずつ開きはじめる。

【ストーリー】
パリ郊外、モント=ラ=ジョリーに住むクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、重要で急を要する知らせがあるので会いたいと言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめる。

■ 予告編

【監督・脚本】
マルタン・プロヴォ
『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』

【出演】
カトリーヌ・ドヌーヴ『シェルブールの雨傘』『しあわせの雨傘』
カトリーヌ・フロ『大統領の料理人』、
オリヴィエ・グルメ『少年と自転車』

2017/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/117分/

日本語字幕:古田由紀子
配給:キノフィルムズ/木下グループ

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

■タイトル
『ルージュの手紙』

■ コピーライト表記 
© CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA

■ 配給
キノフィルムズ

■ 公開情報
12月9日、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

映画『ルージュの手紙』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  2. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  3. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  4. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  5. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  6. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  7. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る