映画『ウインド・リバー』雪深い閑寂の地、未解決事件の多さに戦慄 ※この映画はまだ評価がありません。

映画『ウインド・リバー』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

雪深い閑寂の地、未解決事件の多さに戦慄。
ジェレミー・レナー&エリザベス・オルセン共演!!
張りつめる緊張感、『ウインド・リバー』

【イントロダクション】
ひとりの少女が夜の雪原を何かから逃げるように走り、悲痛な叫びをあげるショッキングな映像から始まる――アメリカのワイオミング州ウインド・リバーの雪山で、ひとりの少女の凍死体が発見された。地元のハンター・コリー(ジェレミー・レナー)と新人女性FBI捜査官ジェーン(エリザベス・オルセン)は共に事件解決に乗り出すが、町の人々は皆多くを語らず、「この町は全てを奪う」という何かを諦め哀しみに満ちた様子で胸中を吐露する。

映画『ウインド・リバー』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

極め付けは、コリーの「ここには運など無い」という意味深な台詞。ネイティブアメリカンの保留地・ウインド・リバーで一体何が起きているのか――コリーとジェーンはこの地に根づく闇に切り込むことができるのか。

【ストーリー】
厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で見つかった少女の凍死体―。遺体の第一発見者であり地元のベテランハンターのコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は案内役として、単身派遣された新人FBI捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)の捜査に協力することに。ジェーンは慣れない雪山の不安定な気候や隔離されたこの地で多くが未解決事件となる現状を思い知るも、不審な死の糸口を掴んだコリーと共に捜査を続行する・・・・。

■ 予告編

■ 監督・脚本
テイラー・シェリダン
(『ボーダーライン』『最後の追跡』脚本)

■ 出演
ジェレミー・レナー(『ハート・ロッカー』『メッセージ』『アベンジャーズ』シリーズ)
エリザベス・オルセン(『アベンジャーズ』
シリーズ『マーサ、あるいはマーシー・メイ』)
ジョン・バーンサル(『ボーダーライン』「ウォーキング・デッド」シリーズ)

■ 音楽
ニック・ケイヴ(『欲望のバージニア』『最後の追跡』)
ウォーレン・エリス(『裸足の季節』『最後の追跡』)

原題:Wind River
製作国:アメリカ
107分/カラー

■ コピーライト
© 2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

提供:ハピネット、KADOKAWA
配給:KADOKAWA




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『ウインド・リバー』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  2. この世界の片隅に
    ■ストーリー 18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、…
  3. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  4. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  5. ■イントロダクション 監督:大友啓史×原作:川村元気お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観…
  6. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  7. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る