サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像
※この映画はまだ評価がありません。

土星から降臨した宇宙音楽王、サン・ラーの革新的・暗黒SF!
半世紀を経て突如!日本公開
映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』

それは多重性制御、同位体瞬間移動、トランス分子化、
周波数分極、永遠の闇、暗黒と白い闇の銀河世界、無限大の統合。
アヴァンギャルド・フリー・ジャズの音源を大量に発表、その数があまりにも膨大なため誰も全貌を把握できていない土星からの使者、超現実的宇宙音楽の創造者であり、1993年に地球を去ったサン・ラーが脚本、音楽、主演をつとめた漆黒の革新的SF映画。ミュージカル、SFオペラ、社会評論を組み合わせた、まったく新しい映画体験を提供、クエンティン・タランティーノ等に影響を与えたブラックスプロイテーションの重要な作品と呼ぶ人もいる。それでも本作はジャンルの慣習に準拠しない。むしろ、サン・ラーの鋭い精神状態を視覚的に表したものだ。常に晴れて活気のあるカリフォルニアは、サン・ラーの予言的使命の装置として機能する。ここでは何でも可能であり、社会的ユートピアの夢がスクリーン上に浸透している。音楽は当時の政治的希望、つまり人種的抑圧からの解放を反映した銀河間の兵器。これは映画的で哲学的な若さの源であり、依然として重要な意味を放つ、時代を超えた傑作である。
サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像
オークランドのブラック・ユース・センターで、サン・ラーは聴衆に精神的解放と政治的暴力について説く。
「私は本物ではない。私はあなたと同じだ。あなたはこの社会には存在しない。もし存在するなら、あなたたちは平等な権利を求めていない。あなたは本物ではない。もしそうなら、あなたは世界の国々の間で何らかの地位を持っているだろう。よって私たちは共に神話である。私は現実としてあなたのところに来るのではない。私は神話としてあなたのところに来る、なぜならそれが黒人であるからだ。神話。私は黒人がずっと前に夢見ていた夢から来た。私は実際にはあなたの先祖から送られた存在だ。」(サン・ラー)
サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像
今日、『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』は、プロト・アフロフューチャリズムの代表として祭られている。報復を求める代わりに、サン・ラーは自由意志論者のユートピアを期待して未来に前向きに目を向け、遠く離れた銀河で彼のアーケストラと一緒にこの夢を生きている。そのライフワークと同じように、本作は音楽と芸術の力への賛歌であり、社会的および政治的変化を促進するための媒体だ。今日的な意味がかつてなく高まっているメッセージである。
サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像
この度上映されるのは地球上に残されていた唯一の35mmプリントからスキャン、史上初めてオリジナルの画面サイズであるスタンダードサイズ(1:1.33)で作られたデジタル素材である。オリジナルのフィルムの状態を最大限再現するため、一切レストアはされていない。
サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像

あらすじ・ストーリー

1969年頃に地球から姿を消していた大宇宙議会・銀河間領域の大使サン・ラーは音楽を燃料に大宇宙を航行するなか、遂に地球と異なる理想の惑星を発見した。さっそく地球に戻り、ジャズのソウル・パワーによる同位体瞬間移動で米国にいる黒人のブラザーたちの移送計画を立てるが、その技術を盗もうとアメリカ航空宇宙局(NASA)の魔の手が迫る…。
サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像
サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像

サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス,画像

『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』予告動画

公式HP

sunra.jp

キャスト

サン・ラー
レイ・ジョンソン
クリストファー・ブルックス
バーバラ・デロニー
エリカ・レダー
ジョン・ベイリー
クラレンス・ブリュワー

映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』作品情報

監督:ジョン・コニー
脚本:ジョシュア・スミス、サン・ラー
製作:ジム・ニューマン
撮影:セス・ヒル、パット・ライリー
音楽:サン・ラー
音:ロバート・グレイヴノア、デヴィッド・マクミラン、アーサー・ロチェスター、ケン・ヘラー
編集:バーバラ・ポクラス、フランク・ナメイ
1974年|アメリカ映画|81分|スタンダードサイズ|モノラル|北アメリカ恒星系プロダクション作品
原題:SPACE IS THE PLACE(宇宙こそ我が故郷)
提供:キングレコード
配給:ビーズインターナショナル
(C) A North American Star System Production / Rapid Eye Movies

2021年3月5日(金)よりアップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテ、
シネマート心斎橋、アップリンク京都にて公開!
以降 名古屋シネマテーク、川越スカラ座ほか順次

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  2. ラーヤと龍の王国,画像
    エルサとアナに次ぐ、ディズニーのニューヒロインが誕生! “ひとりぼっち”じゃ、世界は変わらない― …
  3. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  4. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  5. ステージ・マザー,画像
    ごく普通の主婦ジャッキー・ウィーヴァーが “がけっぷち” ドラァグクイーンとゲイバーを再建!? …
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る