モルエラニの霧の中,画像
4/5 (2)

霧の街の小さな自画像 ~七つの記憶の物語~

“モルエラニ”とは、北海道の先住民族であるアイヌ民族の言葉で「小さな坂道をおりた所」という意味で、“室蘭”の語源のひとつと言われる。

実話を元に、その場所で、時にはエピソードに登場する本人も出演しながら撮影された<街の自画像>のような 映画。
移り変わる時代の中、地方都市に生きる人々の姿が、優しく慈しむような眼差しで紡がれていく。
「ここに生きる人々の息づかいを映画に残したい。そして、この街を知ってほしい」との監督の強い願いに、街の人たちが結集して映画が製作された。
モルエラニの霧の中,画像
監督・脚本・音楽を務めたのは、2011年に東京から北海道室蘭市へ移住した映画作家、坪川拓史。
街で出会った人々から聞いたエピソードを元に“7話連作形式”の脚本を執筆。2014年、市民有志が映画製作応援団を結成し、資金を集め始める。そして同年、クランクインし、度重なる撮影中断を乗り越え、2018年10月に全編の撮影が終了した。映画製作には全くの素人の街の人々(のべ1000人)が協力し、5年の年月を経て純度100%の室蘭発の映画として完成を果たした。

メインキャストには、2018年に急逝した大杉漣、香川京子、小松政夫、大塚寧々、水橋研二、菜 葉 菜、中島広稀、草野康太、久保田紗友、そして独演劇が国内外で高い評価を得る坂本長利など、演技派で多彩な俳優陣が出演。
モルエラニの霧の中,画像
その他、キャストの半数がオーディションで選ばれたり、街で監督にスカウトされた演技経験の全く無い人々が演じている。
春夏秋冬の美しい風景、ノスタルジックな映像、子どもたちの歌声、消えゆく建物・・・この七つの章に描かれる物語に心ゆくまで浸ってほしい。

あらすじ・ストーリー

[第1話]冬の章/水族館のはなし「青いロウソクと人魚」
モルエラニの霧の中,画像
モルエラニの霧の中,画像
冬期休館中の水族館。クラゲ担当職員の岩内裕樹(中島広稀)は、珍しいクラゲを探して毎日海辺を歩き回っている。ある日、港で手紙入りの瓶を海に流す女を見かけるが、声をかけそびれる。
水族館の近所に引っ越して来た少年、武藤霧が館内に忍び込み、クラゲを盗みだす事件が起きる。
少年は、盗んだクラゲを殺して海に捨ててしまった。飼育員から、「クラゲは死んだら綺麗な水になる」と聞いたことがきっかけらしい。謝りに訪れた少年の母親は、港で瓶を流していた女、武藤映子(大塚寧々)だった。この母子が、また引っ越すことを知った岩内は、二人にある贈り物を用意する。

[第2話]春の章/写真館のはなし「名残りの花」
モルエラニの霧の中,画像
モルエラニの霧の中,画像

老舗写真館の主人、小林幹夫(大杉漣)が病に倒れ、離婚した妻の元で育った息子、真太(河合龍之介)が久しぶりに帰郷する。真太は、倉庫で未受け取りの写真を見つけるが、写真館の一室でキャンドルショップを営む、武藤映子に言われるがまま、持ち主を探すことになる。
そんなある日、謎めいた老婦人、蕗子(香川京子)が写真館に現れる。蕗子に誘われて訪れた草原で、真太は幼いころから記憶の奥で響き続けていた“歌声”の秘密と、父の気持ちを知る。

[第3話]夏の章/港のはなし「しずかな空」
モルエラニの霧の中,画像
モルエラニの霧の中,画像

町の港に豪華客船の寄港が決まる。
町内会は歓迎式典の出し物を児童合唱団か、和太鼓の会かで悩んでいた。児童合唱団は、お茶屋を営む水野圭一(水橋研二)が指導している。合唱団の前任で、圭一の恩師の野崎美津子は病に倒れて以降、意思疎通のできない状態にあり、夫の野崎芳郎(小松政夫)が介護している。芳郎は、美津子を車椅子に乗せて港を散歩するのが日課だった。
ある日、芳郎は圭一に、美津子が作った歌を合唱団で演奏するよう依頼する。

[第4話]晩夏の章/「Via Dolorosa」
モルエラニの霧の中,画像
モルエラニの霧の中,画像

夏の終わりの雨の日。
粗大ゴミ回収業の岸田亮介(草野康太)は引き取りの依頼を受けて、とある場所へと赴く。訪れた先は、激しく雨漏りのする古びた地下駐車場。そこで、依頼主の女から、「ピアノを海に捨ててほしい」と頼まれる。
最初は断っていた岸田だったが、「捨てる場所には目印があるから」と引き下がらない女の様子に困惑しながらも、その意味深なピアノに興味を持つ。

[第5話]秋の章/科学館のはなし「名前のない小さな木」
モルエラニの霧の中,画像
モルエラニの霧の中,画像

7 年前に父を亡くした中学 3 年生の久保桃子(久保田紗友)。今は、老人介護施設で働く母、久保七海と二人で暮らしている。母の再婚を機に町を離れることになった桃子は、亡き父との思い出の残る町の科学館へと向かい、かつて父が仕掛けたイタズラの答えを見つけようと中庭を探す。

[第6話]晩秋の章/蒸気機関車のはなし「煙の追憶」
モルエラニの霧の中,画像
モルエラニの霧の中,画像

科学館の中庭に展示されている蒸気機関車を毎日整備しているのは、元国鉄職員で、かつてはこの車両の乗務員だった老人、吉井武治(坂本長利)。科学館の改築にともない、機関車が解体されることを知った吉井は、解体業者の男と揉み合いになって職員に怪我をさせてしまい退職する。
ある夜、やけ酒に酔った吉井が科学館に忍び込むと……。

[第7話]初冬の章/樹木医のはなし「冬の虫と夏の草」
モルエラニの霧の中,画像
モルエラニの霧の中,画像

季節の変わり目になると老人施設を抜け出す元樹木医の入所者、河村作次。彼を担当する介護士の久保七海(橋本麻依)は、再婚を機に退職する日が迫っていたが、常々、河村が施設を抜け出す理由を知りたいと考えていた。
河村は、ある桜の老木の世話をしていた。七海が町を離れる日、河村は再び施設を抜け出して、彼女にあるメッセージを伝える。

『モルエラニの霧の中』予告動画

公式HP

moruerani.com

キャスト

大杉漣 大塚寧々 水橋研二 菜葉菜

河合龍之介 中島広稀 咲坂実杏

菅田俊 草野康太 久保田紗友 小松政夫 坂本長利 香川京子

映画『モルエラニの霧の中』作品情報

脚本・監督・音楽:坪川拓史
音楽:ペコデルボ=オルケストロ(坪川拓史/窪田健策)
撮影:新宮英生(冬、夏、晩夏の章) 与那覇政之(春、秋、晩秋、初冬の章)
照明:新保健次 男澤克幸(春、秋、晩秋の章)
美術:新貝伸二 松山亮太 吉田繁
録音:藤川貴広
監督補:日暮謙
助監督:塩入秀吾 熊野桂太
衣装:宮本まさ江(春の章) 橋場綾子 大城弥寿子
メイク:三本雅章 諸橋みゆき
スチル:原田直樹 関浩勝
編集:坪川拓史 木下隼
制作:奥村あゆ 宮嶋総士
ラインプロデューサー:波多野ゆかり
プロデューサー:松永英樹 浅野博貴 坪川拓史
製作:NPO 室蘭映画製作応援団
配給:ティー・アーティスト
配給協力:アークエンタテインメント

2021 年 2 月 6 日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. 決戦は日曜日
    事なかれ主義の議員秘書と政界に無知な熱意空回り候補者が 日本を変えるため、選挙落選を目指す!? 新…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  6. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  7. 護られなかった者たちへ,画像,佐藤健
    日本中を衝撃と感動で包み込む ヒューマン・ミステリー 「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る