Pocket
LINEで送る

岩田剛典主演 美しくも切ない<純愛サスペンス>

映像化不可能と言われた芥川賞作家・中村文則による最高傑作に挑む!
映像化不可能と言われた芥川賞作家・中村文則による、美しき傑作サスペンス「去年の冬、きみと別れ」。中村文則が 初めて挑んだキャリア最高傑作との呼び声高いこのサスペンス小説は、1 ページ、1 ページと、予断を許さないストーリー が猛スピードで展開。随所に仕掛けられたトリックが、ラストにすべてが明らかになるそのセンセーショナルな体験に、全 国から絶大な支持を集め、「2014 年本屋大賞」にノミネート、数々のメディアでも注目を集めた話題作です。 物語の主人公は、新進気鋭のルポライター耶雲恭介(やくもきょうすけ)。婚約者・松田百合子(まつだゆりこ)との結婚 を間近に控え、本の出版を目指す彼が目を付けたのは・・・不可解な謎が残る、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、 その事件の容疑者である天才写真家・木原坂雄大(きはらざかゆうだい)。しかしその真相に近づくにつれ、彼は抜ける ことのできない深みにはまっていきます。

主人公の耶雲恭介(やくもきょうすけ)役は、EXILE、三代目 J Soul Brothers のメンバーであり、14 年『クローズEXPLODE』で俳優デビューし、16 年に公開され興行収入 22 億円の大ヒットを記録した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、『HiGH&LOW』シリーズなど、俳優としても精力的に活動する岩田剛典。盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライターを演じ、その真相を追ううちに、いつの間にか抜けることの出来ない深みにのみ込まれていく役柄で初の本格派サスペンス映画に挑ました。 そして耶雲の婚約者である松田百合子(まつだゆりこ)役に山本美月、耶雲が事件の取材ルポタージュの提案をする 週刊誌・編集者の小林良樹(こばやしよしき)役に北村一輝、そして耶雲の取材対象者であり、事件の被告である世界的 フォトグラファー木原坂雄大(きはらざかゆうだい)役に斎藤工、さらには木原坂雄大の姉で弟を事件からかばう木原坂 朱里(きはらざかあかり)役に浅見れいなと、日本を代表する豪華キャストが共演。

あらすじ

最愛の女性との結婚を控えた新進気鋭のルポライター、耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、女性焼死事件の元容疑者、天才フ ォトグラファーの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)にま で及ぼうとしていた――。

予告

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  2. この世界の片隅に
    ■ストーリー 18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、…
  3. ■イントロダクション 監督:大友啓史×原作:川村元気お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観…
  4. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  5. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  6. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…
  7. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る