映画『聲の形』 ※この映画はまだ評価がありません。

Pocket
LINEで送る

■作品紹介
伝えたい“こえ”がある。聞きたい“こえ”がある。
「週刊少年マガジン」に連載され、数々の賞に輝いた、大今良時の漫画「聲の形」。
このベストセラーコミックが、日本アカデミー賞 優秀賞を獲得した『映画 けいおん!』(11年)など、多くの作品を輩出し続けている京都アニメーションにより新たにアニメーション映画として生まれ変わります。
監督はTVアニメ「けいおん!」で初監督を務め、『たまこラブストーリー』(14年)にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した、京都アニメーションに所属する山田尚子。
脚本には「ガールズ&パンツァー」など大ヒットシリーズを手掛ける吉田玲子を迎え、『映画 けいおん!』『たまこラブストーリー』以来のコラボレーションが実現。
キャラクターデザインを務めるのは、「氷菓」(12年)、TVシリーズ「Free!」(13年、14年)、『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』(15年)を手掛けた京都アニメーション所属の、西屋太志。
痛みから温かさが生まれ、心に刺さる感動を、美麗な映像と共にお届けします。

■予告動画

■スタッフ
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会
配給:松竹

■公開情報
2016年9月17日

■公式サイト
http://koenokatachi-movie.com

■コピーライト
(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  2. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  3. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  4. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  5. この世界の片隅に
    ■ストーリー 18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、…
  6. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  7. ■イントロダクション 監督:大友啓史×原作:川村元気お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る