わたしはダフネ,画像
※この映画はまだ評価がありません。

ある朝、母が突然逝った。
残ったのは悲観論者の父と、
日々の暮らしを愛する娘
この悲しみ、
きっと二人なら乗り越えられる

本作は、長編デビュー作『Mar Nero』(08)が第 61 回ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、最優秀女優賞をはじめとした 3 部門を受賞して新鋭監督として注目されたフェデリコ・ボンディ監督待望の最新作。

最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけがえのない旅へと歩みだす姿を描き、2019 年に行われた第 69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞。またイタリアの批評家が選ぶ国内主要映画賞の第 73 回ナストロ・ダルジェント賞では特別賞を受賞し、さらには今後の活躍が期待される若手監督の作品や意欲作を上映することで有名な、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 2019 のアナザービュー部門にも正式出品された。

主演をつとめるのは、自身もダウン症であり普段はスーパーマーケットで働きながらも自伝本を 2 冊上梓するなど活発的に創作活動をしていた、カロリーナ・ラスパンティ。監督自らFacebook 上で見出し、演技未経験ながらも主役に抜擢された。ボンディ監督はカロリーナの存在そのものが脚本や撮影に大きな影響を与えたと語り、実際にベルリン国際映画祭での上映後にカロリーナ本人が舞台上に登壇した際には、彼女のチャーミングさとシニカルさを併せ持った自然体の演技に割れんばかりの満場の拍手が送られた。共演には、『サスペリア』(77)で主人公の友人サラ役を演じ、昨今は脚本家・監督としても活躍するステファニア・カッシーニが母親役として名を連ねている。

わたしはダフネ,画像

エグゼクティブ・プロデューサーは、『幸福なラザロ』(18)やマッテオ・ガローネ監督の『ドッグマン』(19)、「Pinocchio」(19)など昨今の良質なイタリア映画に数多く参加してきたアレッシオ・ラザレスキー。ささやかな日常にこそ真実があり、与え合い赦し合うことが幸せへの道であることを教えてくれる、新たなる珠玉のイタリア映画が誕生した。

コメント

真実を見ることを恐れないまなざし。今たくさんの人が求めている力かもしれない。
ダフネの正直すぎる生き方に、固くなった心がほぐれていく。
作品の持つ圧倒的な明るさに救われた。
―石橋静河(女優)

これは障害者の苦難とそれを乗り越える感動を描く、ハートフルストーリーではない。
家族とは、愛でつながり、もがきながらも背中を任せ合うチームであると気づかせられる、サバイバルストーリーだ。
―岸田奈美(作家)

あらすじ

ダフネは快活で明るいダウン症の女性。スーパーで働きながら、母マリア、父ルイジと平穏に暮らしていた。しかしマリアに突然の死が訪れ生活が一変。年老いたルイジは自分が死んだら娘が独り残されてしまう、と不安に苛まれてふさぎ込んでしまう。ある日、ダフネは、母の生まれた村を訪れてみようと父に提案。その旅は、愛する人の死を乗り越え、お互いを理解し合うための、かけがえのないものになっていく…。

わたしはダフネ,画像 わたしはダフネ,画像 わたしはダフネ,画像 わたしはダフネ,画像

『わたしはダフネ』予告編映像

公式HP

zaziefilms.com

キャスト

カロリーナ・ラスパンティ
アントニオ・ピオヴァネッリ
ステファニア・カッシーニ
アンジェラ・マグニ
ガブリエレ・スピネッリ
フランチェスカ・ラビ

作品情報

監督・脚本:フェデリコ・ボンディ
原案:フェデリコ・ボンディ、シモーナ・バルダンジ
エグゼクティブ・プロデューサー:アレッシオ・ラザレスキー
プロデューサー:マルタ・ドンゼリ、グレゴリオ・パオネッサ
撮影:ピエロ・バッソ 編集:ステファノ・クラヴェロ
音楽:サヴェリオ・ランツァ 衣装:マッシモ・カンティーニ・パリーニ
2019年/イタリア/イタリア語/94分/カラー/シネマスコープ
原題:DAFNE 字幕翻訳:関口英子 配給:ザジフィルムズ 後援:公益財団法人日本ダウン症協会
(c) 2019, Vivo film – tutti i diritti riservati

7月3日(土)より、岩波ホールほか全国順次ロードショー

わたしはダフネ,画像

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  4. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  5. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  6. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
東出昌大さん草の響き』【メッセージ】
ページ上部へ戻る