■ あらすじ
事業に失敗し妻にも捨てられ、死に場所を求めて迷い込んだ場末の町。矢代光敏は、そこで出会ったソープ嬢のヒナに拾われる。危ういほどに純真で無防備なヒナの明るさと、その肉体に溺れるうち、矢代はいつしか生きる希望を見出してゆく。事業を再開し、なんとか今の生活から抜け出そうと決意する矢代だったが、その先には思いもよらない落とし穴が待ち受けていた・・・どうしようもない男と女が七転八倒の末にたどり着く愛の結末とは・・・。

■ 『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!
http://tokushu.eiga-log.com/new/9914.html

【キャスト】
カトウシンスケ (『サニー/32』『Mr Long/ミスター・ロン』)
藤崎里菜
間宮夕貴 (『サイモン&タダタカシ』『ビジランテ』『甘い鞭』)
髙橋里恩 (『名前のない女たち うそつき女』『デメキン』)
佐々木心音 (『娼年』『愛の病』『最低。』)
石川均 (『LAST LOVE 愛人』)
大高洋子
榊英雄 (『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』『blank13』『生きる街』)





【スタッフ】
原作:草凪優(祥伝社文庫)
エグゼクティブプロデューサー:藤本款
監督:西海謙一郎 (『チェリーボーイズ』)
プロデューサー:木村俊樹
脚本:龍一朗・石川均
撮影:工藤哲也
照明:大庭郭基
録音:長島慎介
美術:石毛朗
編集:小林由加子
音楽:神尾憲一
助監督:木ノ本豪
製作担当:中村元
制作:ステアウェイ
製作:クロックワークス

2018年/日本/カラー/ビスタ/デジタル上映/ドルビーSRD/96分/

レイティング:R18+
配給:クロックワークス

■ 公式サイト
http://klockworx-v.com/koinouta/

■ コピーライト
© 2018 クロックワークス 草凪優/祥伝社

2018年8月4日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてレイトショー

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

注目映画

  1. 6月15日公開 映画『さよなら、退屈なレオニー』 ■作品紹介 2018年カナダでスマッシュヒット…
  2. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  3. 6月1日公開 映画『メモリーズ・オブ・サマー』 ■作品紹介 それは、ぼくが子どもでいられた最…
  4. 映画『暁闇(ぎょうあん)』
    失くしたものをこんなに愛せると思わなかった。 映画『暁闇(ぎょうあん)』 7月20日(土)公開 …
  5. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  6. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  7. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る