ハニーレモンソーダ,画像
※この映画はまだ評価がありません。

女子高生の好き&実写化してほしい少女マンガNo.1!
累計発行部数700万部突破の大人気少女コミック

原作は2020年9月号の雑誌「セブンティーン」(集英社)で、“読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位”を獲得、全国のティーン女子の胸をキュンキュンさせている、今いちばん勢いのある大人気少女コミックです。 髪をレモン色の金髪に染め、基本的には塩対応だが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”の主人公・三浦界(みうら・かい)を演じるのは、人気絶頂のアイドルグループSnow Manのラウール。2020年1月にリリースしたデビューシングルがミリオンを達成するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのスーパーアイドルですが、今回が映画単独初主演となります。身長187cm、股下96cmという驚異のスタイルと、ダイナミックなダンスパフォーマンスから17歳の現役高校生とは思えない色気とカリスマ性を持ちながら、そのビジュアルに反した人懐っこさのギャップでファンを虜にしている彼は、まさにカリスマ性と優しさを持った界役にぴったり!

また、いじめられていた過去があるが、界に出会って少しずつ積極的に変わっていくヒロイン・石森羽花(いしもり・うか)を演じるのは吉川愛。子役からキャリアを積み、 TVドラマ「恋はつづくよどこまでも」(20/TBS)、映画『虹色デイズ』(18)、 『十二人の死にたい子どもたち』(19)、『のぼる小寺さん』(20)等、様々な作品で活躍、2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」の出演も決定している実力派でありながら、instagramのフォロワーも56万人を超え、憧れ女子としてティーン女子からの支持も熱い、今最注目の若手女優です。

ハニーレモンソーダ,画像

さらに、界、羽花の同級生たちを演じる、学校で話題の美少女で、実は界の元カノであり羽花のライバル…?の菅野芹奈(かんの・せりな)役に、TVドラマ「危険なビーナス」(20/TBS)出演や、公開を控える『ライアー×ライアー』(21)他、数々の話題作に出演する傍ら、ゼクシィ13代目CMガールも務めるなど、幅広く活躍する堀田真由。界のよき理解者であり、ミステリアスな魅力の高嶺友哉(たかみね・ともや)役に、子役として大河ドラマ「龍馬伝」(10/NHK)、「怪物くん」(10/NTV)などで活躍、二十歳となった現在も映画、舞台、ドラマ、バラエティと多方面で活躍中、『ブレイブ-群青戦記-』(21)の公開も控える濱田龍臣。少年のようなキャラクターでみんなの盛り上げ役の瀬戸悟(せと・さとる)役に『弱虫ペダル』(20)といったマンガ原作作品から昨年のヴェネツィア映画祭で銀獅子賞を受賞した『スパイの妻』(20)まで幅広い作品に出演、現在TVドラマ「夢中さ、きみに。」(MBS/21)に出演中の坂東龍汰。明るく活発で羽花の親友になる遠藤あゆみ(えんどう・あゆみ)役に「non-no」専属モデルとして活躍する傍ら、バラエティ番組の出演やコント番組での振り切った演技も話題、『映画 賭ケグルイ』(21)の公開を控える岡本夏美。人気実力ともに兼ね備えた若手俳優たちが集結し、原作で人気のキャラクターたちがスクリーンでも輝きます!

監督には『ピーチガール』(17)、『honey』(18)など、高校生の青春ラブストーリーに定評のある神徳幸治。『PとJK』(17)、『私がモテてどうすんだ』(20)を手掛ける脚本家の吉川菜美との強力タッグで、胸キュンだけにとどまらない、青春の甘酸っぱさや葛藤も感じられる、さわやかな作品を仕掛けていきます。2021年、あなたにも一歩踏み出す勇気を与えてくれる、共感度100%のさわやか青春ラブストーリーが誕生します!

あらすじ

髪はレモン、性格はソーダな男の子。あなたに出会い、世界が変わる
本当の私が、羽ばたきはじめる――
中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川愛)。
そこで出会ったのはレモン色の髪をした三浦界(ラウール)。実は彼こそが、その高校を選んだ理由だった。
みんなの人気者で、自由奔放で、何を考えているかわからない塩対応の界だが、なぜか自らを「石森係」と呼び、世話を焼いてくれるという不思議な関係に。
そんな界にどんどん惹かれていく羽花。
そして、界もまた羽花のひたむきさに、初めての感情が芽生えていた。二人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があり…。恋や友情に悩みながらも少しずつ変わっていく界、羽花、そして大切な友人たちの青春が羽ばたきはじめる!

『ハニーレモンソーダ』予告編映像

公式HP

honeylemon-eiga

キャスト

ラウール(Snow Man) 吉川愛
堀田真由 濱田龍臣 坂東龍汰 岡本夏美

作品情報

原作:「ハニーレモンソーダ」村田真優(集英社「りぼん」連載)
2016年2月号~連載開始/既刊16巻(連載中)

監督:神徳幸治
脚本:吉川菜美
企画・配給:松竹
制作:オフィスクレッシェンド
(c) 2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社

7月9日(金)全国にて絶賛上映中

ハニーレモンソーダ,画像

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

1
コメント

avatar
1 コメント数
0 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
1 コメント者数
クリスタル 最近のコメント
新しい順 古い順
クリスタル
クリスタル

虐めの過去をもつ石森羽花は、さそかし辛かったんだなと思った。私も学生時代苛めをうけてきたからよくわかる。誰も助けてくれなかった。
石森羽花が高校に進学してよかったと感じた。毎日が夢のよう。友達百人できるかなと歌いながら毎日をすごした。友達百人なんてすごいノルマだなと感じた。実際学生で百人友達がいる人なんていないと思う。石森は、今までと違って相談相手は、近くにいるし恋愛もできなくない。恋愛をするとこが私もそんなことあったらいいなと感じた。

ハロームービーでたまにレモンソーダをのむところを言ってくれる。毎日をスッキリ説明してくれる。映画を見ている人が俳優さんがきれいよといったことに私は、笑顔になった。ハロームービーのおかげでいろいろな楽しい恋愛の動作を説明してくれる。動作は、秘密だ。いったいどんなことをするのだろうか?入っていきたいな。

キスをしながら恋のゴールへと近づいていく。デコボコでもうれしそうだと思った。酒が飲めないのが残念に思えた。酒があれば最高の気分かなと思った。ハニーレモンソーダっていうのは甘い恋愛のあじのことだと思う。子供の恋愛は、レモンソーダで大人の恋愛がワインなんだなと思った。
実写版でもよくできている。ドラマとかわらないと思った。踊りだしそうな音楽ばかりだった。エンドロールの時にハロームービーでカイと石森の話が聴ける。スタッフがキビキビした動作でハロームービーがよくついてこれたなと思った。羨ましいラブストーリーの映画だった。

注目映画

  1. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  2. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  5. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  6. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  7. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る