奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー
Pocket
LINEで送る

【作品紹介】
人気コラムニスト・渋谷直角のレジェンドコミックを、「モテキ」の大根仁監督が映画化!

“力まないカッコいい大人”=奥田民生、に憧れる雑誌編集者が、男を狂わすファッションプレスの女に一目ぼれ!!

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー

恋の喜びや絶望を味わい、もがき苦しむ抱腹絶倒のラブコメディ!
主人公【コーロキ】役には、数々の映画賞を受賞し、幅広い役柄を変幻自在に演じる当代随一の俳優、妻夫木聡。「僕はそもそも奥田民生になりたいボーイなんです。」と公言するファンであり、映画化を熱望!うだつが上がらない編集者をコミカルに演じる。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー

超絶美人なファッションプレス【あかり】役には、ファッションアイコンとして絶大な支持を得るトップモデルで、話題の映画やドラマにも立て続けに出演する人気女優、水原希子。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー

最強(最恐!最狂!)にキュートでセクシーな【あかり】が、観る者すべてを狂わせる!
また、編集長【木下】役に松尾スズキ。先輩【ヨシズミ】役に新井浩文。人気コラムニスト【美上ゆう】役に安藤サクラ。アパレルブランドの女社長【江藤】役に天海祐希。

フリーライター【倖田シュウ】役にリリー・フランキー。一癖も二癖もある登場人物たちを、邦画界を代表する豪華俳優陣が演じる。

奥田民生の珠玉のナンバーにのせて、最後の青春が走り出す!!
最狂にポップで、かつてない恋愛エンターテインメント!!
乞うご期待!

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー
【ストーリー】
奥田民生を崇拝する35歳、コーロキ。

おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動になったコーロキは、慣れない高度な会話に四苦八苦しながらも次第におしゃれピープルに馴染み奥田民生みたいな編集者になると決意する!そんな時、仕事で出会ったファッションプレスの美女天海あかりにひとめぼれ。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー

その出会いがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった…。
あかりに釣り合う男になろうと仕事に力を入れ、嫌われないようにデートにも必死になるが常に空回り。あかりの自由奔放な言動にいつも振り回され、いつしか身も心もズタボロに…。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー

コーロキはいつになったら奥田民生みたいな「力まないカッコいい大人」になれるのか!?
そしてもがく先にあかりとの未来はあるのか!?

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 映画予告動画やあらすじストーリー

【予告編】

【キャスト・スタッフ】
妻夫木聡
水原希子
新井浩文
安藤サクラ
江口のりこ
天海祐希
リリー・フランキー
松尾スズキ

原作:渋谷直角「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」(扶桑社刊)
監督・脚本:大根仁
■ コピーライト
(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会
■ 公開日
2017年9月16日
■ 公開情報
全国東宝系にてロードショー
■ 公式サイト
https://www.toho.co.jp/movie/lineup/tamioboy.html





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…
  2. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…
  3. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  4. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  5. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  6. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  7. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る