Pocket
LINEで送る

■作品紹介
失った視力を手術で取り戻したジーナ、美しく変わっていく彼女に疑いと嫉妬を抱く夫。そんなある日、ジーナの視界が再び閉ざされていく──。
主演は大ヒットTVシリーズ「ゴシップガール」で大ブレイクを果たし、近年ではアクションやサスペンスから、大人の女性のラブストーリーまで、広く深く演じられる女優へと進化を遂げたブレイク・ライヴリー。
再び光を失う恐怖と闘いながら、自身に降りかかる謎に立ち向かい、人生を取り戻そうとする主人公ジーナの心情を繊細かつ力強く演じ、間違いなく彼女の代表作となった。
夫のジェームズには、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラーク。内気で清楚だった妻が、大輪の薔薇のように美しく官能的に咲き誇る姿に魅惑されながらも、ジェラシーをたぎらす複雑な男性の心理をリアルに演じた。
監督は、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた心温まる感動作『ネバーランド』から、ほろ苦い人間ドラマ『チョコレート』、そしてアクション超大作『007/慰めの報酬』、『ワールド・ウォーZ』、最新作の「くまのプーさん」実写版『プーと大人になった僕』まで、多彩な才能を発揮してやまないマーク・フォースター。
本作を「見えていることと見えていないこと、真実と真実でないことについての映画」と語り、ライヴリーが「かつて一度も読んだことのない物語」だと惚れ込んで出演を決めた脚本も自ら手掛けている。
撮影は色とりどりの花であふれ異国情緒の漂うバンコクとプーケットと、バルセロナの大人の歓楽街で敢行。非日常的な舞台と、ジーナの視点も取り込まれたスタイリッシュな映像が、観る者に初めての不思議な視覚体験を与える。
仲睦まじい女と男の姿から幕を開けるが、これはラブストーリーではない。直面した問題を夫婦で乗り越える人間ドラマでもない。愛していたはずの相手のことを、実は何も知らなかったことに気付いた二人が、予想もしなかった全く違う人生の扉を開いてしまう。私の隣にいるのは、本当に私が愛している人?──観る者をそんな恐れと疑問に突き落とす、スリリングな極上のサスペンスが完成した。

■予告動画

■キャスト
ブレイク・ライヴリー (『カフェ・ソサエティ』『ロスト・バケーション』『アデライン、100年目の恋』)
ジェイソン・クラーク (『ターミネーター 新起動/ジェニシス』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』)
ダニー・ヒューストン
ヴェス・チャサム
アナ・オライリー

■スタッフ

監督・脚本:マーク・フォースター (『ワールド・ウォー Z』『007 慰めの報酬』)

■関連ニュース

・『かごの中の瞳』公開記念イベントに話題のカップル“はあちゅう×しみけん”が登場!
・夫婦に起きた衝撃サスペンス『かごの中の瞳』、茂木健一郎、村山由佳ら絶賛コメント到着!

■音楽
映画の重要なシーンで流れる「Double Dutch」も収録。オリジナルサウンドトラックをチェック!

■公開情報
2018年9月 TOHOシネマズ シャンテにて全国公開

■公式サイト
http://www.kagonaka.jp

■映画祭
第41回トロント国際映画祭 正式出品

■コピーライト
© 2016 SC INTERNATIONAL PICTURES.LTD




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 3.0点 (2018年10月8日更新)
視力を取り戻すということはいいことなのにそれを機に自身を見失っていく夫婦。何年もの間、自身の範疇で見守り続けていた妻の独立が不安な夫。世界が広がる美しい妻。
夫の不可解な行動によって、彼女の生活を奪っていく何とも言えないかなしいとはまた違う余韻が残る内容だった。
タイトル忘れたけど、似たような映画を鑑賞したことがあり思い出したりした。。。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  2. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  3. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  4. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  5. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  6. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  7. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る