偽りなき者,画像
※この映画はまだ評価がありません。

キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念
フェスティバル上映4作品決定!
映画『偽りなき者』

本年木下グループ傘下の映画配給会社キノフィルムズが発足 10 周年、更に映画館キノシネマが3周年を迎えることを記念しまして、過去作品のリバイバル上映を実施することになりました。 8月16日(月)から募集しました、キノフィルムズおよびキノシネマ配給の合計 185 作品へ約 4 万のリクエスト投票結果から今回選ばれました 4 作品中の1つ『偽りなき者』。
離婚と失業の試練を乗り越え、ようやく穏やかな日常を取り戻したルーカス。しかし、親友の娘の作り話が元で変質者の烙印を押された彼は、町中の人々から白眼視され、仕事も親友も、そして信用も全てを失ってしまう。そんな理不尽な目にあいながらも、無実の人間の誇りを失うまいと必死に踏ん張るルーカス。彼が体験する世間からじわじわと迫害される恐怖と、自らの尊厳を賭けた孤独な戦いの行方を、北欧の真冬の空気のように張りつめたタッチで描いた本作は、デンマーク映画界を牽引するトマス・ヴィンターベア監督の最高傑作と讃えられた話題作。2012年のカンヌ国際映画祭で絶賛の拍手を浴び、主演男優賞、エキュメニカル審査員賞、ヴァルカン賞の3冠に輝いた、魂を揺さぶる衝撃の社会派ヒューマンドラマだ。

あらすじ・ストーリー

ルーカスは42歳。森と湖の景観が美しい長閑な故郷の町で、愛犬のファニーと共に暮らしている。妻とは最近離婚し、隔週の週末しかひとり息子のマルクスと会えない。さらに、教師として勤めていた小学校が閉鎖されたことで失業も経験した。公私ともに辛い試練に見舞われたルーカスだが、幼稚園教師の職を得てどうにか生活が安定。11月の狩猟シーズンを迎えた今は、仲間たちと共に鹿狩りを楽しむ心の余裕もできた。中でもテオは家族ぐるみのつきあいを続けている唯一無二の親友で、何かとルーカスとマルクスの関係を気にかけてくれている。ようやく取り戻した穏やかな日常。だがそれを木端微塵に破壊される事件が起こる。
事件の種を蒔いたのは、テオの娘で幼稚園に通うクララだった。不仲な両親に代わり優しく面倒を見てくれるルーカスに好意を寄せる彼女は、その気持ちをキスとプレゼントに託して伝えるが、ルーカスはやんわりと拒絶する。思いもよらない拒絶に傷ついたクララは、勢いでつい、あたかもルーカスにいたずらされたかのような作り話を園長のグレーテに話してしまう。事態を重く見たグレーテは、ルーカスに休暇を命じると、外部から人を呼んで調査を開始する。その調査員の誘導的な質問に、流されるままうなずいてしまうクララ。結果、ルーカスの“犯行” を確信したグレーテは、警察へ通報するべくテオ夫妻を呼んで事情を説明する。さらに、園内で不祥事が起きたことを父兄会で報告し、他の子供たちにも被害がおよんでいないかと問いかけた。
その瞬間から、複数の園児に被害を与えた“犯人” となったルーカスは、周囲の非難の的になった。あるのは幼いクララの証言のみ。無実を証明できる手立ては何もない。グレーテや他の父兄たちはおろか、親友だと信じて疑わなかったテオまでもが、クララや他の子供たちの言葉を信じ込み、身の潔白を説明しようとするルーカスの声に耳を貸そうとしない。噂はあっという間に町中に広がり、味方だと思っていた恋人のナディアにも疑惑の目を向けられたルーカスは、怒りにまかせて彼女を家から追い出してしまう。真実がまたたく間に深い闇の奥に葬られようとする中、小さい町で孤立してしまうルーカス。
12月。幼稚園を解雇されたルーカスのもとをマルクスが訪ねてきた。涙をこらえきれない彼の様子を目の当たりにしたルーカスは、自分のせいで息子までが辛い目にあっていると感じ、胸を痛める。実際、ルーカスの代わりにスーパーへ買い物に行ったマルクスは、店長から「店に来るな」と言い渡され、ショックを受ける。ルーカスが警察に逮捕されたのは、その直後のことだった。行き場をなくしたマルクスは、テオ宅を訪ね、「なぜ嘘をつく?」とクララに詰め寄るが、その場にいた大人たちに殴られ、外へ放り出されてしまう。身も心も深く傷ついた彼は、ルーカスの友人の中でただひとり無実の証明に動いているブルーンの家に身を寄せ、一夜を過ごす。翌日、保釈されたルーカスは、マルクスと共に家に戻った。久々に父子で過ごす平穏な時間。しかし、それも長くは続かなかった。何者かがキッチンの窓に投石。続いて玄関先にファニーの死体が投げ込まれた。怒りに震えるマルクスのかたわらで、ルーカスは、なすすべなく唇を噛み締める。
クリスマス・イブがやってきた。ルーカスに対する町の人々の憎悪と敵意はさらにエスカレートし、食料の調達さえままならない日々が続いていた。それでも、無実の人間の誇りと尊厳を失うまいと必死に踏ん張るルーカスは、よそ行きのスーツに身を包み、テオ夫妻やグレテをはじめとした町中の人々が集う教会に出かけていく。軽蔑と恐怖が入り混じった人々の視線を一身に集めながらルーカスは礼拝堂へと入っていった―

キャスト

マッツ・ミケルセン
トマス・ボー・ラーセン
アニカ・ビタコプ
ラセ・フォーゲルストラム
スーセ・ウォルド
ラース・ランゼ

映画『偽りなき者』作品情報

監督:トマス・ヴィンターベア
脚本:トマス・ビンターベア トビアス・リンホルム
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
原題:THE HUN
c 2012 Zentropa Entertainments19 ApS and Zentropa International Sweden.

10 月 1 日~7 日迄 kino cinema
横浜みなとみらい/立川/天神にて特別上映決定!

偽りなき者,画像

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  3. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  4. カンヌ開幕中!日本映画で唯一のコンペ部門出品作『ドライブ・マイ・カー』90秒予告初公開!
    家福(西島秀俊)の辿る運命から目を逸らせない― 主演に西島秀俊を迎え、村上春樹の短編を映画化した濱…
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  7. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る