『この世界の片隅に』新規バージョンのタイトルは『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に決定!

待ちに待ったこの日がついに訪れました。
2016年11月12日の公開以来、この日まで休むことなくロングランを続けているアニメーション映画『この世界の片隅に』の新規バージョンが『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のタイトルで、今年2018年の12月に公開されることが発表されました。
映画が大きな話題となり、長尺版の制作が正式に発表されてから数カ月。ついに今日この日を迎えました。原作者こうの史代さん、片渕須直監督、スタッフ&キャストの皆さんおめでとうございます。そしてありがとうございます。
新しくオープンされたティザーサイトには、予告編も登場。冒頭に描き出されたのはすずさんの右手、そして流れるコトリンゴさんの音楽。もうこの映像だけで涙したファンも多いのではないでしょうか。今年4月に行った単独取材で語って下さった”すずさんの右手”に関する監督の想い。『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の中で、わたしたちはどんなすずさんに出会うことができるのでしょうか。12月の公開を楽しみにしています。

―『この世界の片隅に』片渕須直監督インタビュー【後編】より抜粋―

Q.すずさんの右手について「この?みぎて”の存在が、日常の物語に意外性と緊張感、重層的厚みと芸術的きらめきを与えることに成功している(spikeさん)」とコメントしている方がいらっしゃいます。この右手の存在を監督はどのように表現されますか?

すずさんの心の中には、すずさん本人も気づかないようなものがたくさん詰まってるはず、とまず思いました。それを“心の床下”と言っていたのですが、すずさんには“心の床下”にあるものを言葉にして表すことは出来ないんですよ。でもそれが、右手が絵にする時に表現されてくるんですね。右手で絵を書いた時に、すずさんが普段思っていなかったような面白い絵とか面白い物語が込められた絵とかを描いていたりして。つまり、すずさんの心の中に本来あるものなんだけど、すずさん自身もそんなのあるのかな、って思っていたのを外側に引っ張り出してくれる役目が、それを人の前に現してくれる役目が、彼女の右手だったのではないかと思うんですね。
だからこそ、すずさんは普段は難しいことをしゃべったりすることもなく暮らしてこれた。だけど、右手を失った彼女はその先どうすればいいんでしょう? “心の床下”には出してくれといっているモノがいっぱい詰まっているのでしょうし、自分で床板を引き剥がしてでも確かめなければいけないモノもあるはずなんです。それは、今までは右手が全部代弁してくれていたんだけど、その右手がなくなったときに、彼女が次にやらなくちゃならないのは、自分の口で言葉にして表現して他人に伝えることなんではないかと思いました。
右手がなくなったことは不幸なのですが、それは同時に、すずさんが自分の気持ちを人に伝えるために、言葉を使うことを促していくことにもなります。ですから、映画の終わりの方のすずさんは、最初の頃のすずさんとは違うようなことをしゃべり始めているんではないかなと思います。
のんちゃんもラストシーン近くを演じながら、すずさんってこういう事を言う人でしたっけ? ということを言っていました。僕の方からは「すずさん自身が変わっていくんだから、今までのすずさんとは違うすずさんとして、この台詞とは向かいあってもらいたい」というようなことを言っていました。

■片渕須直監督コメント
戦争しおってもセミは鳴く。ちょうちょも飛ぶ。
そして、人には人生がある。それが戦争中であっても。
明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが
自分以外の「世界の片隅」と巡り合うとき、
すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。
すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください。

■予告編

■公式サイト
http://ikutsumono-katasumini.jp/

© 2018こうの史代・双葉社 /「この世界の片隅に」製作委員会


■片渕須直監督インタビュー 【前編】 【後編

この世界の片隅に


■関連商品
Amazon prime videoで片渕監督作品をチェック!

 

 友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  5. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  6. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  7. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る