映画『死霊館のシスター』悪霊がそこに!新場面写真解禁!
Pocket
LINEで送る

『死霊館』、『アナベル』の恐怖はここから始まった―。
全世界興行収入1,350億円超えの大ヒット!ジェームズ・ワンが贈る『死霊館』シリーズ最新作

映画『死霊館のシスター』悪霊がそこに!新場面写真解禁!

映画『死霊館のシスター』悪霊がそこに!新場面写真解禁!

【ニュース】
「ドラキュラの故郷として有名なトランシルバニアで映画を製作するというのは本当に素晴らしい機会でした。まずブカレストにあるスタジオにセットを組み立てましたが、それだけにとどまらず、私たちはトランシルバニアの山脈や、フニャド城、シギショアラ、ルーマニアの田舎にある村々まで足を伸ばしました。それらが私の望むリアリティをもたらしてくれたのです。古びた修道院、貯氷庫、城の中やその周辺での撮影によって、私が考える数々のホラー演出を実現することができたのです。」と作品の出来映えにも自信をのぞかせている。

映画『死霊館のシスター』悪霊がそこに!新場面写真解禁!

さらに新たに解禁された場面写真も、監督の言葉を裏付ける不気味なものばかり。アイリーンやバーク神父の表情からは、ここに写ってはいない“何か”の存在がヒシヒシと伝わってくる。彼らの辿りつく先では一体何が待っているのか―。2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。以降、『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』と、累計1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている『死霊館』シリーズ最新作となる『死霊館のシスター』はシリーズすべての恐怖の始まりを描く。

映画『死霊館のシスター』悪霊がそこに!新場面写真解禁!

映画『死霊館のシスター』悪霊がそこに!新場面写真解禁!

主演のアイリーンを『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを演じたヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガが務め、バーク神父を『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチルが演じる。製作は『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『アナベル』シリーズを担当したゲイリー・ドーベルマンが脚本を務める。

映画『死霊館のシスター』悪霊がそこに!新場面写真解禁!

【ストーリー】
1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこの事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。バーク神父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる―。

■ 『死霊館のシスター』予告動画

監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン
出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ&ポイント・セット

コピーライト:©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:The Nun





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  2. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  3. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  4. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  5. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  6. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  7. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る