Pocket
LINEで送る

JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞🄬に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組む最新作『タリーと私の秘密の時間』(配給:キノフィルムズ)が、8月17日(金)より TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショーになります。

本作は、仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきた”人に頼れない”3人の子供の母親マーロと、彼女の元に現れた夜だけのベビーシッター・タリーの不思議な絆を描く。タリーとの絆を深めていくうちに輝きを取り戻していくマーロ役は、オスカー女優にして今やハリウッドのトップスターであるシャーリーズ・セロン。映画『モンスター』(03)で約13キロの増量で話題となった彼女が美貌を再び封印!?し、今度は体重を18キロ増やしてマーロを熱く演じ、頑張りすぎる女性たちの魂の声を届ける。また、『ブレードランナー 2049』に娼婦のマリエッタ役で出演し、「ターミネーター」シリーズ最新作のヒロインにも選ばれたマッケンジー・デイヴィスが、タメグチのイマドキ女子なのに仕事は完璧、マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれるが、何があっても夜明け前に姿を消し、自分のことは絶対に語らない自由奔放な若きスーパーベビーシッター・タリー役でフレッシュな魅力を放つ!

本日解禁された特別映像は、子供の誕生日会に参加したマーロのメイクアップ中の横顔から始まります。次にマーロの娘サラ(リア・フランクランド)がカーリー・レイ・ジェプセンの”Call Me Maybe”をカラオケで歌っている姿が映し出される。

少し恥ずかしそうに歌う娘の姿を優しい眼差しで見つめるマーロ。そして娘の元に歩み寄り一緒に歌い出す。サラも嬉しそうな笑顔を浮かべ、歌う声も大きくなり、2人で熱唱を始める。久しぶりに妻の生き生き姿を見た旦那のドリュー(ロン・リヴィングストン)は、子守を雇って良かったと笑顔を見せる。シャーリーズ・セロンの貴重なカラオケシーンの解禁となります!

本作について主演のシャーリーズ・セロンは「子供を持つ親に限ったことではないけど“私は1人じゃない”と感じることはとても大事よ」とコメントしており、子を持つ親だけではなく、全ての人に送る物語であると語っている。

仕事に、家事に、育児にと多忙な日々を過ごしながら誰にも頼ることもできず、かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、間違いなく目の覚 めるサプライズを贈る!観る者の心もケアしてくれる!ミステリアスなヒューマン・ドラマ『タリーと私の秘密の時間』は8月17日(金) TOHOシネマズシャンテほか、全国ロードショーです。

■特別映像

『マイレージ、マイライフ』の監督との再タッグが実現!
かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー!

監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ディアブロ・コディ
出演:シャーリーズ・セロン、マッケージ・デイヴィス

2018年/アメリカ/英語/カラー/ヴィスタサイズ/1時間35分/

日本語字幕:中沢志乃
原題:Tully
レイティング:G
配給:キノフィルムズ

■ 公式ホームページ
Tully.JP

■ コピーライト
© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『タリーと私の秘密の時間(Tully)』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…
  2. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  3. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  4. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。…
  5. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  6. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…
  7. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る