映画『その日の夜明け』【感想】#MeTooの時代におけるネルーダ作品の意味合いを再考 第34回東京国際映画祭

その日の夜明け,第34回東京国際映画祭,画像
※この映画はまだ評価がありません。

コンペティション
『その日の夜明け』

チリの詩人で外交官パブロ・ネルーダが1929年にスリランカ大使に赴任した際のエピソードを描くドラマで、監督を務めるのはスリランカ人のアソカ・ハンダガマ。ネルーダといえば20世紀最高の詩人と呼ばれることもあるロマンティックな作風で知られていますが、近年では、自身の回顧録でメイドをレイプしたという記述が問題視されていることをご存知でしょうか。
その日の夜明け,第34回東京国際映画祭,画像
本作は彼の別荘での破天荒な生活、ハウスキーパーとの関係などを通して、彼のパーソナリティーを解き明かしていくとともに、この出来事についてマジック・リアリズム的表現を随所に用い検証していきます。

伝統的な音楽など現地の文化に理解を示す人物でありながら、一方で女性や人種の異なる使用人に対してはぞんざいな対応をしてしまう。映画は彼の多面的なパーソナリティーに迫っていきます。
その日の夜明け,第34回東京国際映画祭,画像
この作品を観ていただければ、彼の詩がどのような背景で生まれたのか、そして#MeTooの時代におけるネルーダの作品の意味合いについて再考することができるのではないでしょうか。

(文:駒井憲嗣)


映画『その日の夜明け』作品情報

The Dawning of the Day[Alborada]

予告動画

キャスト

ルイス・J・ロメロ、アン=ソレンヌ・ハット、リティカ・コディトゥワック

監督

アソカ・ハンダガマ [අශෝක හඳගම]
その日の夜明け,第34回東京国際映画祭,画像

108分カラー英語、スペイン語、タミル語、シンハラ語日本語・英語字幕2021年スリランカ
©Asoka Handagama


第34回東京国際映画祭 開催概要

第34回東京国際映画祭,TIFF2021,画像

■開催期間:2021年10月30日(土)~11月8日(月)
■会場: 日比谷・有楽町・銀座地区
■公式サイト:www.tiff-jp.net

上映スケジュールはこちら

TIFFCOM2021 開催概要
■開催期間:2021年11月1日(月)~3日(水・祝)
■会場:オンライン
■公式サイト:www.tiffcom.jp

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  5. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  6. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る