『タリーと私の秘密の時間』育児あるある満載の ママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像&場面写真

『タリーと私の秘密の時間』育児あるある満載の ママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像&場面写真
Pocket
LINEで送る

【ニュース】
本作は、仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきた”人に頼れない”3人の子供の母親マーロと、彼女の元に現れた夜だけのベビーシッター・タリーの不思議な絆を描く。タリーとの絆を深めていくうちに輝きを取り戻していくマーロ役は、オスカー女優にして今やハリウッドのトップスターであるシャーリーズ・セロン。映画『モンスター』(03)で約13キロの増量で話題となった彼女が美貌を再び封印!?し、今度は体重を18キロ増やしてマーロを熱く演じ、頑張りすぎる女性たちの魂の声を届ける。

『タリーと私の秘密の時間』育児あるある満載の ママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像&場面写真

また、『ブレードランナー 2049』に娼婦のマリエッタ役で出演し、「ターミネーター」シリーズ最新作のヒロインにも選ばれたマッケンジー・デイヴィスが、タメグチのイマドキ女子なのに仕事は完璧、マーロの悩みも聞き、見事に解決してくれるが、何があっても夜明け前に姿を消し、自分のことは絶対に語らない自由奔放な若きスーパーベビーシッター・タリー役でフレッシュな魅力を放つ!

『タリーと私の秘密の時間』育児あるある満載の ママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像&場面写真

シャーリーズ・セロンは、作品を振り返り「こんな親の役目について描いたものは、観たことも読んだこともないし、感情的にとてもむき出しの経験だった!」と語る。また、シャーリーズ・セロンは典型的な描写が全くないことに驚いたと指摘。「この映画は、親になった人が経験することだけど、必ずしも気軽に口に出せないことについて、とても素直に描いている。

『タリーと私の秘密の時間』育児あるある満載の ママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像&場面写真

そこがとても気に入ったわ。マーロに共感できたし、彼女に夢中になった!」と今まで映画で描かれる事の無かった育児の実態を、実際の2人子供の母として強く共感したと絶賛する待望の新作!育児の大変さと同時に、喜びや幸せを感じる瞬間の両面を描いた本作は、見た人がホロリと泣いてクスリと笑える爽快リフレッシュムービーとなっております!併せてマーロの未公開育児場面写真も一挙公開!赤ちゃんをあやしている内に寝落ちしてしまう姿や、夜泣き後寝かしつけている姿、オムツを替えたり、爪を切ってあげる姿、ベビーベットであやしける姿と育児に奮闘するマーロの姿が覗ける場面写真解禁です。

『タリーと私の秘密の時間』育児あるある満載の ママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像&場面写真

仕事に、家事に、育児にと多忙な日々を過ごしながら誰にも頼ることもできず、かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、間違いなく目の覚 めるサプライズを贈る!観る者の心もケアしてくれる!ミステリアスなヒューマン・ドラマ『タリーと私の秘密の時間』を是非!ご期待ください!

■ 『タリーと私の秘密の時間(Tully)』育児あるある満載のママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像

■ 本編情報はこちらから
http://tokushu.eiga-log.com/movie/7608.html

監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ディアブロ・コディ
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス 他

2018年/アメリカ/英語/カラー/ヴィスタサイズ/1時間35分

日本語字幕:中沢志乃
原題:Tully
レイティング:G
配給:キノフィルムズ
公式HP:Tully.JP

■ コピーライト
© 2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

『タリーと私の秘密の時間』育児あるある満載の ママであれば誰しも共感間違いない!!特別映像&場面写真

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  3. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  4. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  5. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  6. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  7. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る