映画『かごの中の瞳』予告編&ポスタービジュアル解禁!衝撃的な“愛の結末”とは

映画『かごの中の瞳』予告編&ポスタービジュアル解禁!衝撃的な“愛の結末”とは
Pocket
LINEで送る

失った視力を手術で取り戻した妻。美しく変わっていく彼女に疑いと嫉妬を抱く夫。
そんな二人が犯した裏切りが引き起こす、衝撃的な“愛の結末”とは―

【ニュース】
主演は大ヒットTVシリーズ「ゴシップガール」で大ブレイクを果たし、近年ではアクションやサスペンスから、大人の女性のラブストーリーまで、広く深く演じられる女優へと進化を遂げたブレイク・ライヴリー。再び光を失う恐怖と闘いながら、自身に降りかかる謎に立ち向かい、人生を取り戻そうとする主人公ジーナの心情を繊細かつ力強く演じ、間違いなく彼女の代表作となった。 夫のジェームズには、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラーク。内気で清楚だった妻が、大輪の薔薇のように美しく官能的に咲き誇る姿に魅惑されながらも、ジェラシーをたぎらす複雑な男性の心理をリアルに演じた。監督は、オスカー主演女優賞を受賞した『チョコレート』やゴールデン・グローブ賞にノミネートされた『ネバーランド』、さらには最新作の“くまのプーさん”実写版『プーと大人になった僕』まで、多彩な才能を発揮してやまないマーク・フォースター。

今回解禁となった予告編では、最初は夫に依存しきっているジーナが、視力を取り戻すことによって、二人の関係が変化。ジーナは好奇心が芽生えてどんどん美しく、大胆になっていく一方、自分の手を離れていく妻に疑いと嫉妬の目をむけるようになる夫との間に不穏な雰囲気が忍び寄る…。本作脚本について「初めて読んだ時、本当に興奮したわ。目の見えるジーナと目の見えないジーナを行き来する表現が素晴らしかった」と語り、この難役を快諾したブレイク・ライヴリー。 夫に「私の世話にウンザリしない?」と聞くほど、自分に自信がなかった主人公が、光を持つことによって心身ともに開放されていく様を、繊細かつ大胆に、エロティックな雰囲気も漂わせ演じきった彼女に観客は目を奪われるに違いない。

さらに色とりどりの花であふれ異国情緒の漂うバンコクとプーケットと、バルセロナの大人の歓楽街で撮影を慣行した独特な世界観や、ジーナの視点も取り込まれたスタイリッシュな映像が相まって、印象的な予告編映像となっている。また、あわせて解禁となったポスタービジュアルに配された「あなたの愛に、私は閉じ込められる―」という言葉が意味するものとは?瞳と引き換えに見失ってしまった、残酷な愛の真実をぜひ劇場で。

【ストーリー】
ジーナは保険会社に勤める夫のジェームズと、彼の赴任先のタイ・バンコクで幸せな結婚生活を送っていた。子供の頃の交通事故で失明してしまったジーナだが、ジェームズの献身的な支えで、何の不自由もなく暮らしている。そんな二人の悩みと言えば、なかなか子供ができないことぐらいだった。ある日、医師のすすめで角膜移植にチャレンジしたジーナは、片目の視力を取り戻す。喜びに震えるジーナの瞳が捉えたのは、想像していたナイトのように頼もしい素敵な夫ではなく、地味で平凡な中年男の姿だった。心の奥底に眠っていた好奇心や冒険心が目を覚ましたジーナは、髪を染め流行のファッションで着飾り、外の世界へと飛び出していく。一方のジェームズは、徐々に嫉妬と疑念の思いを抱き始めていた。ところが突然、ジーナが再び視力を失い始める―。

■ 『かごの中の瞳』予告編動画

【スタッフ】
監督・脚本:マーク・フォースター
出演:ブレイク・ライヴリー、ジェイソン・クラーク、ダニー・ヒューストン

2016年/アメリカ/英語/

上映時間:109分
配給:キノフィルムズ/木下グループ

■ コピーライト
© 2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。…
  2. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  3. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…
  4. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…
  5. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…
  6. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  7. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る