『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K&5.1chデジタルリマスター版)リバイバル公開決定&ティザービジュアル解禁
Pocket
LINEで送る

日本公開インド映画史上最大NO.1ヒット作!すべてはここからはじまった。
最強にパワーアップした伝説の“見る極楽浄土”。世界初4K&ステレオ化!

【ニュース】
豪華絢爛なミュージカル! 痛快無比な笑いとアクション! “スーパースター”ラジニカーントの圧倒的魅力と存在感! 人気女優ミーナの奇跡の美貌!今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミを呼び、老若男女を巻き込んで空前のインド映画ブームを起こした奇跡の極楽ムービー『ムトゥ 踊るマハラジャ』。日本で公開されたインド映画史上最大のヒット作として、今なおインド映画の代名詞となっている伝説の映画が、4K&5.1chデジタルリマスターによる極上の映像と音でスクリーンに蘇ります!

1998年6月13日に渋谷のシネマライズ単館でスタートした本作は、同館で23週におよぶロングラン上映となり、興収2億800万円を稼ぎ出し、同年のミニシアター興行成績第1位を記録、その後全国100箇所以上の劇場で上映され動員約25万人、総興収4億円を突破。さらにVHS、レザーディスク、DVDといったビデオソフトも総販売本数6万本(枚)を超え、その後、TVではBS、CSだけでなく地上波(NHK教育)でも放映されるなど空前の大ヒットとなりました。また、映画公開後には、インドへの観光客が倍増、合同酒精の「Hi-Boy」など本作にインスパイアされたCMが数多く制作された他、東ハトの「ガラムマサラ」等数多くのタイアップ商品も誕生、それまで日本には数少なかった南インド料理店が激増するなど、本作は、映画ファンを魅了しただけでなく、日本の文化に多大なる影響を与えました。

この度、日本での公開から20周年を記念し、インドでオリジナル・ネガから4Kスキャンと修復作業を行い、『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞作曲賞を受賞するなど国際的な活躍も目覚しい本作の音楽監督A.R.ラフマーンのスタジオに保管されていた6チャンネルのオリジナル・ステレオ音源をもとに、ラフマーン氏の監修を得て5.1chデジタル・リミックスを実施。驚くほど新しく、もっと凄く! もっと楽しい!『ムトゥ 踊るマハラジャ』が帰ってきます!!

【物語】
大地主ラージャーの屋敷で働くムトゥは、ラージャーに仕え、専属の執事兼馬車の御者兼ボディーガードとして、常に行動を共にしていた。ひょんなことから彼は旅回り一座の女優ランガと恋に落ちるが、彼が命より大切なラージャーもランガを好きになってしまったからサァ大変。そんな中、ラージャーの伯父による屋敷の乗っ取り計画が進んでいた。やがて、誤解と陰謀によってムトゥはラージャーに屋敷を追い出されそうになるが、ラージャーの母シヴァガーミがムトゥの驚くべき出生の秘密を明らかにする…。

■ 『ムトゥ 踊るマハラジャ』予告編動画

【スタッフ】
出演:“スーパースター”ラジニカーント、ミーナ、サラット・バーブ、センディル、ヴァデイヴェール
監督・脚本:K.S.ラヴィクマール
音楽:A.R.ラフマーン
撮影:アショークラージャン

<1995インド映画/タミル語/カラー/シネスコ/5.1chステレオ/166分/

日本語版字幕:松岡環
日本語字幕監修:山下博司>MUTHU
製作:カヴィターラヤー・プロダクション+エデン
提供:ポニーキャニオン+エデン
配給:エデン

■ コピーライト
©1995/2018 KAVITHALAYAA PRODUCTIONS PVT LTD. & EDEN ENTERTAINMENT INC.

■ 公式HP
www.muthu4k.com




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  2. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  3. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  4. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  5. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  6. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  7. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る