「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督が語る
<『菊とギロチン』、この映画には夢がある!>

【ニュース】
瀬々敬久監督の三十年越しの企画として、史実とフィクションが混ざり合ったストーリーの面白さ、熱量の半端なさが注目され、ぴあや Filmarks の初日満足度ランキングで見事第一位を獲得、大ヒット公開中の『菊とギロチン』。大正時代を舞台に、女相撲の力士たちと世界を変えることを夢見るギロチン社の青年たち が出会うという、史実から創造された青春群像劇だ。

上映直後、自然と拍手が沸き起こり静かな熱気に包まれるなか、トークイベントには<女相撲 玉岩興行>の親方・岩木玉三郎役を演じた渋川清彦、<在郷軍人分会会長>として女相撲ともギロチン社とも敵対する飯岡大五郎役を演じた大西信満、監督である瀬々敬久の3名に加え、当日に急遽参加が決まった、ギロチン社と共闘する実在の社会運動家・村木源次郎役を演じた井浦新、女相撲の興行主である坂田勘太郎役を演じた川瀬陽太も加わり、総勢5名が登壇した。他作品でも共演を重ね、気心の知れた間柄の彼らは、自らを「ギロチン中年部」と紹介し、終始リラックスした雰囲気のイベントとなった。

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

まず、本作のイベントに初参加となる井浦は「やっと『菊とギロチン』のイベントに参加することができて嬉しい。この映画をみて、僕は2回目のタイトルが出たときに暗闇のなかでガッツポーズをしました。映画のなかには人の生き死にがあり、底辺で這いつくばって生きる登場人物たちが描かれていますが、その姿が本当に美しい。僕はこの映画のなかで生きていた役者の方たち、もはや演じるというより、役を突き抜けて生きている姿に、勇気をもらいました。とにかく爽快な気分で映画館を出ました」と本編を観た感想を述べた。

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

この日、スクリーンで映画を見直していた渋川は「映画の余韻にまだ浸っている感じ。女相撲の場面は本当にすごかったなと思う。現場でも鳥肌が立ったことを覚えているし、今見ていても鳥肌が立ちました。一体感がすごかったよね」と述懐。撮影期間のほぼ3週間をずっと現場で過ごした渋川は「20年役者をやってきて、あそこまでどっぷり現場にいられたのは初めて。うまく説明はできないけど、俺、その場にいられて幸せだったなと思った」と振り返った。大西は「女力士を束ねる役どころの KEE さん(渋川さん)は芝居上だけじゃなくて、本当にあのとき親方だったと思う。

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

ギロチン社にしろ女力士たちにしろ、若い役者たちを見ていると、まるで昔の自分のように感じられた。生まれようとするパワー、人生を懸けている感じが映画に映っています」と語った。 女力士たちの演技にはほかの二人も大いに感銘を受けたようで、川瀬「若い役者たちの、今しかない感じが捉えられている。彼女たちのドキュメントとしての姿、本当に素晴らしいと思いましたね」、井浦「終盤の女力士たちの場面は、個人的に若松孝二監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』の撮影現場での経験とオーバーラップするものがありました。あの、役を突き抜けた瞬間のことを思い出します。女力士の役者さんたちは、これをやらせてもらえたら幸せだろうなあと思って見ていました」と語った。

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

川瀬「上も下もないところで映画を作りたいと、ある種、瀬々さんのキャスティング自体がそうだったんだろう と思うけど、変な忖度がある人を呼ばないで集まることができた人たちだったからこそ、一丸となれた現場だっ たと思う」と言えば、井浦は「こんな映画を今の時代に作ることができるんだということ、この映画自体が夢の あるものなんじゃないかなと僕は感じています。情熱さえあればこんな映画が作れる。映画を作ることは、こん なにも夢があることなんだなと感じさせるものがある。僕が最初に映画の世界に飛び込んだときの、あの初期衝 動を、この作品には感じることができました。

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

それは作り手のものだけではなくて、きっと皆さんにも届くもの があると思います」と熱く語った。瀬々監督は「場内には今日で映画を観るのが 3 回目というリピーターのお客様もいらっしゃいましたけど、皆さんも映画を気に入ったら、ぜひ広めてください。この映画にはなんといって も同じテアトル新宿で昨年上映されていた『バンコクナイツ』の動員を超えろ!というミッションがあります(笑)。この映画は、制作費などでも一般の方々からの支援を得てできた映画です。そういう意味では、今の世の中でこ の映画が存在できたということがすごく嬉しいことだと思っていますし、こういうことがまたいろんなところに 広まればいいと思っています。ぜひ応援よろしくお願いします!」とトークを締めくくった。イベント終了後も登壇者たちがロビーに出て閉館ギリギリまでお客さん一人一人と語らっていた。

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

【イベント情報】
■ 日時:2018 年 7 月 20 日(金)19:40 の回上映後
■ 場所:テアトル新宿
■ 登壇者:渋川清彦さん、井浦新さん、大西信満さん、川瀬陽太さん、瀬々敬久監督

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

「女相撲」×「ギロチン社」の熱き青春群像劇『菊とギロチン』渋川清彦×井浦新×大西信満×川瀬陽太×瀬々監督トークレポート

【あらすじ】
実在した「女相撲」とアナキスト集団「ギロチン社」
時代に翻弄されながらも<自由>を求めて疾走する若者たちの辿り着く先は——?

大正末期、関東大震災直後の日本。かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」。さまざまな過去を背負い、強くなりたいと願う女力士たちが、少し頼りないが「社会を変えたい」という大きな夢だけは持っている「ギロチン社」の若者たちと運命的に出会う。次第に心を通わせていく彼ら。「自由な世界で生きたい」と同じ夢をみて、それぞれの闘いに挑む——。

■ 『菊とギロチン』予告編動画

【スタッフ】
監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久
出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太
ナレーション:永瀬正敏

2018 年/日本/189 分/カラー/シネスコ/DCP/R15+
配給:トランスフォーマー

■ コピーライト
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎

■ 公式サイト
http://kiku-guillo.com





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  2. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…
  3. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…
  4. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  5. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  6. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  7. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る